歴史徒然:History Tsurezure

至福は浦和レッズレディースの応援&歴史ブログUP・ラフレでの温泉入浴&さいたま新都心花木散策・コックン寄道・昭和歌謡を聞くこと

通信講座(言語復原史学)

すべて表示

現実的な名乗りばかりだった「神名=戒名」の実態

『浦和レッズレディース』http://www.urawa-reds.co.jp/ladies/
『猶本光サポーターズサイト』http://hikaru-naomoto.net/

 《現実的な名乗りばかりだった「神名=戒名」の実態》

 ※出典:加治木義博
     大学院講義録10:27

 第5は

  天之吹男神。

  <フクオ>の次に、
  助詞の<ノ>と同じ「ガ=賀」を挟むと
  天の福岡の神になり。

  宇佐の神と同格の福岡王を意味する。

 第6は

  大屋毘古神。

  大屋という地名も各地にあるが、
  <ウヤ>=親神=最高神がここで
  生まれたという意味である可能性もある。

 第7は
   
  風木津別之忍男神。

  風は<フ>、
  木は<コ>、

  不呼国の<日子>で大隅の王だ。

 第8は

  海の神である大綿津見神。

  これはワタツミではなく、
  <綿>は<メン>だが沖縄発音では<ミン>。
  津見は<祇>で<キ>、
  <大ミンキ>とは
  <大海の王(ウミンキ)>のことだから
  現実には海人族の首長のこと。
  沖縄語だと<ウミンチ>で、
  今も海で暮らす人たちを
  <ウミンチュ>と呼ぶから、
  この<ウミンキ>は大隅語なのである。

 第9は

  水戸(みなと)の神で
  海運や海産物取り引きを管理する「港の支配者」。

  その名が書いてあって速秋津日子神という。

  速は隼人で巴利国。

  <秋>は<安芸>で
  <アゲイ>すなわち<上井>=ウワイ=倭。

  全国の港は倭国王が管理していたという
  ことになる。

 M.K記(責) 

その他の最新記事

すべて表示

『至福の時』 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56770049.html 『浦和レッズレディース』 http://www.urawa-reds.co.jp/ladies/ 『猶本光サポ ...すべて表示すべて表示

『至福の時』 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56770049.html 『浦和レッズレディース』 http://www.urawa-reds.co.jp/ladies/ 『猶本光サポ ...すべて表示すべて表示

『至福の時』 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56770049.html 『浦和レッズレディース』 http://www.urawa-reds.co.jp/ladies/ 『猶本光サポ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事