歴史徒然:History Tsurezure

至福は浦和レッズレディースの応援&歴史ブログUP・ラフレでの温泉入浴&さいたま新都心花木散策・コックン寄道・昭和歌謡等を聞くこと

全体表示

[ リスト ]

『浦和レッズレディース』http://www.urawa-reds.co.jp/ladies/
『猶本光サポーターズサイト』http://hikaru-naomoto.net/

≪海外の日本史家の著書目録≫
 ※出典:加治木義博
     大学院講義録09:15

 こうしたことを痛烈に批判した
  現代のアメリカの言語史家・
  <アンドレー・ミラー>の
 それについては本講冒頭でお話ししたが、
  ここでは
  明治初年の海外の日本研究者の著書を挙げて、
 欧米人の日本人観が
  明治維新直後から
  どんなふうに形成されてきたか、
 その形成に我が国の国史学者が、
  どんな罪を犯したかお考えいただき、
 ご自分のお眼でお確かめいただければと
  ご期待申し上げる。

 私たちの言語復原史学が日本人、
  ことにグローバル化が進行する
  未来の日本人にとって、
 いかに重大な役割を担っているか、
  ご痛感いただけると思うからである。

 著者          書名                             出版地 出版年

 Charles Delprat Le Japon et la question japonaise       Paris   1868  明治元年

 Walter Dickson  Japan being a Sketch of the History,…  London  1869  明治 2年

 Aime'Humbert    Le Japon illustret' par Aime’Humbert… Paris   1870  明治 3年

 A.B.F.Mitford   Tales of Old Japan                      London  1871  明治 4年

 Charles Lanman  The Japanese America,           London  1872  明治 5年

 W.Heine         Japan.Beitrage zur Kenntniss des -…    Berlin  1873 明治 6年

 Fransis O.Adams The History of Japan from the Earlist   London  1874  明治 7年

 M.K記

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事