歴史徒然:History Tsurezure

至福は浦和レッズレディースの応援&歴史ブログUP・ラフレでの温泉入浴&さいたま新都心花木散策・コックン寄道・昭和歌謡を聞くこと

生涯学習(history)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


 歴史学講座『創世』さいたま塾
 日時:2017/05/11(木)
 場所:With You さいたま 
    ホテルブリランテ武蔵野:4階セミナー室4
      午後1時30分から4時30分まで
 主催者:歴史研究家「小嶋 秋彦」
  ※『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代
http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56576795.html
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881160206

  講師:歴史研究家 小嶋秋彦
 課題:日本産業発展と産霊神信仰
    ―天地に初めて成れる神々と
     日本人の思考―

 1.『記・紀』の「天地に初めて成れる神々」
   :高産巣日神(高皇産霊尊)と
    神産巣日神(神皇産霊尊)

 2.宮中御巫祭神八座の神

 3.佐藤信淵の「産霊」信仰
   
 4.三河国と挙母神社〔高皇産霊尊を祀る神社〕

 5.トヨタ自動車工業発展の地域的背景
   〔豊田佐吉及びトヨタ生産方式〕
 6.多神教の日本の神々
   ―基幹企業とグループ企業
    (商品供給・下請企業)―
 7.日本的経営の海外進出は社会改革をもたらす

 8.日本的思考は21世紀世界の社会的基礎思想
 9.日本的経営は人々に
   富と安定をもたらす普遍的原理

 日本の古代史には謎が多く秘められています。

 特に5世紀以前の歴史にはそれが顕著です。

 当講座は
 そのような不明のままになっている謎を
 日本の『古事記』『日本書紀』などの
  古代史料は元より、
 神社の由緒、神名また地名
 さらに中国・インド・メソポタミア・ギリシア
  などの古代資料をも参照しつつ
 解明すべく挑戦しております。

 よって当講座は古代の秘密のヴェールを切り裂く
 独特の研究成果となっています。

 当講座の内容がそれらと大分違っているからこそ
 お話申し上げる価値があるのだと考えております。
 
 当講座は今年に入っても 
 日本各地に奉祭されている
 神社及び神々を紹介してまいりました。

 今回は
 『記・紀』に「天地に初めて成れる神々」として
 知られるムスビ(産霊)神を主題として
 ご説明申し上げます。

 ムスビ神は「物を生み出す」神でありますが、
 それらの神を奉祀してきた三河国(愛知県)に
 今や世界第一位の販売台数を上げようとしている
 トヨタ自動車工業が育ってきました。

 その「トヨタ生産方式」は日本的生産方式の
 代名詞となてきています。

 ムスビ神と三河そしてトヨタ自動車とは
 どのような関連があるのでしようか。

 「トヨタ生産方式」はなぜ日本的産業構成の
 象徴なのでしようか。

 私は同社の性格の根源には
 日本の多信教的風土があったと考えております。

 そして、さらに21世紀の世界において
 日本的経営による産業発展が
 世界の治国安民の戦略として
 大変重要であることをご説明申し上げます。

  M.K記
 

この記事に

開く コメント(1)[NEW]


 歴史学講座『創世』さいたま再成塾

 日時:2017/4/21(金)

 場所:With You さいたま 
    ホテルブリランテ武蔵野:4階セミナー室4
      午後1時30分から4時30分まで

 主催者:歴史研究家「小嶋 秋彦」
  ※『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代
 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56576795.html
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881160206

  講師:歴史研究家 小嶋 秋彦
 課題:21世紀は日本思想の国際的具現化の時
    ―十字架に架けれれた
     大東亜会議共同宣言の再評価と
     現実化―

 1.1970年代の日貨排斥運動〔田中首相時代〕

 2.福田赳夫首相のASEAN拡大首脳会議出席
   〔1977年8月〕

 3.福田首相の東南アジア外交三原則
   〔マニラ宣言:1977年8月18日〕:
   〔福田ドクトリン〕

  (1)日本は平和に徹し、軍事大国とはならず
    東南アジア、ひいては
    世界の平和と繁栄に貢献する
 
  (2)東南アジア諸国と政治・經濟・
    社会・文化など広範な分野で、
    真の友人として
    心と心の触れ合う関係を築く

  (3)日本は対等の協力者の立場から、
    ASEAN加盟国の連帯と強化の
    自主的努力に協力し、
    またインドシナ諸国との相互理解に
    基づく関係の醸成、東南アジア全域の
    平和と繁栄に寄与する

 4.日中平和友好条約締結〔1978年8月12日〕
   ※華国鋒主席は園田外相に
    「中国は永遠に覇とならぬ。
     経済大国になっても
     覇を唱えるつもりはない」と約束した  
  
  日本は平成となって29年目を迎えました。
 20世紀も17年前に終わりました。

 第二次世界大戦〔日本とっては大東亜戦争〕が
 終わってから70数年となります。

 さらに明治維新からはすでに
 150年を迎えようとしています。

 この間19世紀20世紀の日本の諸外国との
 政治・外交の歴史は事により未だ不透明な
 霧に覆われたままで史的評価も曖昧なままです。

 当講座はその曖昧な解釈しかされていない
 事々について史料に基づき
 その実際と意義を
 再構成し直そうとするものです。

 さらにそれは
 当時の当事者の考え方や心情をも
 再生するものです。

  当講座はかなり前に日本思想を基礎とした
 欧州共同体の来歴を紹介しました。

 片や第二次世界大戦後の日本外交も
 東南アジア諸国また中国との間に古来からの
 日本特有の「萬邦共栄」思想、
 つまり「博愛主義」による
 相互関係の基本方針を鮮明にしたのです。

 諸宣言などに訴われている内容は正に
 和人〔倭人〕の社会習性に依拠した「書経」、
 『日本書紀』の「八紘爲宇」、
 江戸時代の太宰春台の「聖学問答」の思想、
 西郷隆盛遺訓の「文明と野蛮」、
 大東亜共同宣言の五か条(五原則)を
 踏襲するものです。

 東南アジアの人々は
 敗戦に情気こんでいた日本に
 “戦争に敗れたとはいえ、
  アジアの我々と日本は
  崇高な宣言を公告したではないか。
  まさか忘れてしまったのではないでしょうね”
 とあの大東亜共同宣言の有効であることを
 告知したのです。

 そこで日本は政治家、民間〔企業〕総上げで、
 東南アジア諸国との共存共栄の方針を
 構築したのでした。

 M.K記

この記事に

開く コメント(0)


 歴史学講座『創世』さいたま塾
 日時:2017/04/06(木)
 場所:With You さいたま 
    ホテルブリランテ武蔵野:4階セミナー室4
      午後1時30分から4時30分まで
 主催者:歴史研究家「小嶋 秋彦」
  ※『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代
  http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56576795.html
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881160206

  講師:歴史研究家 小嶋秋彦
 課題:中臣〔姫〕氏の遠祖由来と
     春日大社への系統
    ―「ナカトミ」「ヒメ」
     「フジワラ(藤原)」の語義―

 1.獅子(ライオン)を従者とする女神
    〔メソポタミアの
     イナンナ(イシュタル)神〕
 2.西王母〔シナ、紀元前3500年頃より〕は
    獅子(虎)を従えている
 3.四川省・雲南省の少数民族
    〔彝族・哈尼族〕の信仰
  (1)巫師:ペーマ及びヒメ〔姫〕
  (2)甲骨文字の「姫」
  (3)棟持高床式建物と祠    
 4.ライオンと虎及び鹿
    <シュメル語・倭語・漢語>
 5.姫社郷・物部郷・宮處郷
    〔肥前国/和名抄〕と
    姫古曽神社・姫社神社・大中臣神社 
 6.京都郡・中臣郷(中津郡)
    〔豊前国/和名抄〕
 7.讃岐国〔香川県〕の「姫(中臣)」
    及びライオン
 8.河内〔大阪府〕の「姫神」〔枚岡神社〕
    及びライオン
 9.大和〔奈良県北葛城郡広陵町〕の
    讃岐神社と「姫神」及びライオン
 10.中臣氏と藤原氏名〔橿原市藤原京〕:
    「鹿の肩骨を焼く占い師」
 11.『古事記』・『日本書紀』の中臣氏と「巫」
    (忌部氏と並立した祝師/祝詞"中臣祝")
 12.伊勢神宮〔三重県〕の中臣氏と
   「神明造(棟持神殿)」
 13.鹿島神宮〔茨城県〕の中臣氏
 14.春日大社の創始伝承と四祭神の遷座伝承
  ○「鹿」の由来
  ○ご祭神「姫神」の実像
  ○「水神」信仰の由来〔水源地春日山〕
 15.多くの神社本殿前に居る「
    駒犬」及び「鳥居」の由来

  中臣氏は古代からの雄族で6世紀以前に
 九州から近畿地方へと勢力を伸長させた
 部族の一つです。

 大化改新(乙巳の変):645年によって政治的な
 権力も掌中にしましたが、
 それまでは「巫師(祝)」として天皇の近くに
 使えていました。

 21世紀の今日までのその祖先については
 ほとんど公に知られていませんでした。

 当講座はその遠祖を見事に解明し、ご説明
 申し上げることができます。

 春日大社の概況についても
 明白にすることができるのです。

  M.K記
 

この記事に

開く コメント(0)


 歴史学講座『創世』さいたま再成塾
 日時:2017/03/17(金)
 場所:With You さいたま 
    ホテルブリランテ武蔵野:4階セミナー室
      午後1時30分から4時30分まで
 主催者:歴史研究家「小嶋 秋彦」
  ※『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代
 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56576795.html
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881160206

  講師:歴史研究家 小嶋 秋彦
 課題:「三国志演義」は本実の歴史ではない
            〔南京事件〕
    ―国民党に潜入した中国共産党員が
     編集公表した反日宣伝本―

 1.「三国志演義」は小説にして
  フィクションであり、本実の歴史ではない
 2.「外国人の見た日本軍暴行」(日本語翻本)
   What war means:the Japanese terror
      in China :a documentary record,
      compiled by H.J. Timperley,London,1938
 3.中国政府〔国民党〕の宣伝工作と「南京」
  (1)全国軍宣伝組織
  (2)国民政府軍事委員会政治部と
    国民党中央宣伝部国際宣伝処
  (3)軍事委員会政治部製作
    「日寇暴行実録」写真集
  (4)国民党中央宣伝部国際宣伝処の
    対外国〔欧米〕宣伝
 4.日本政府は中国(政府)の「デマ宣伝」を
   止めるよう繰り返し要請した
 5.「南京大虐殺事件」を捏造した
   国民党政府と潜入共産党員
   ※東京裁判で「伝聞証拠」として
    偽証が流された:
    終戦まで「大事件」はなかった
 6.「南京」を反日宣伝に利用し続ける
   中国共産党政府
 7.日本人は「南京演義」に
   騙されてはいけない
 8.中国人〔漢人〕の古来からの性格を
   認識すべきだ
 9.日本(文明人)は彼等が「文明人」と
   なるまでは信用は控えめにする方がよい

  「南京事件」は日中関係の壁として
 21世紀に入った今日に至っても
 高く聳えています。

 そのような壁を作ったのは誰でしようか。

 日本軍が乱暴すぎたからでしようか。

 多少はそうだったかもしれません。

 なにしろ日本人を200名以上も虐殺した
 「通州事件」直後ですから。

 日本軍は大陸において常に秩序を求め
 行動していたにもかかわらず、
 中国側の悪質なテロによって
 大陸の古来から変わらない泥沼に
 引きずりこまれてしまったのです。
 
 その泥沼の最たる仕掛けが
 「南京大虐殺」という宣伝です。
 中国側〔共産党だろうがそれに替る別の違う〕
 政府がその「戯作」を認めない限り
 日中の意を強くしている双方の人々に
 害を及ぼし続けるでしよう。

 M.K記

この記事に

開く コメント(0)


 歴史学講座『創世』さいたま塾
 日時:2017/03/09(木)
 場所:With You さいたま 
    ホテルブリランテ武蔵野:4階セミナー室4
      午後1時30分から4時30分まで
 主催者:歴史研究家「小嶋 秋彦」
  ※『日本創世紀』:倭人の来歴と邪馬台国の時代
 http://blogs.yahoo.co.jp/matmkanehara/56576795.html
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881160206

  講師:歴史研究家 小嶋 秋彦
 課題:古代に揚子江方面から稲作を伝えた農民の国
    「魏志倭人伝の不呼(ふこ)国」
 ー「フコ」は稲穀の「種」で、浮羽〔福岡県〕が当該地ー
 Ⅰ シナ〔tshj-ni〕における水稲発祥地方
  1.楚〔ソ〕の語源
   〔湖北省江陵:古代楚国の首都郢(エイ)〕
  2.揚子江の語源〔ye(e)-ci〕
  3.河姆渡遺跡
   〔浙江省宇波:紀元前6000〜5000年〕
    <「中国考古学」による>
    良渚遺跡〔浙江省杭州市〕
  4.四川省・雲南省少数民族の農業(稲穀)用語
  5.江蘇省の「蘇州」「徐州」
   6.山東省の「徐家屯」:徐福(秦の始皇帝時代の人)

 Ⅱ 日本における稲作民の遺産
  1.魏志倭人伝の倭国の「不呼国」
   〔邪馬台国の傍国の一つ〕
   〇「フコ」の語源〔hu-gu〕
   〇不呼国の当該地〔福岡県うきは市<旧浮羽郡>〕
  2.対馬市厳原の「豆酸」:
    「スズ」の語源及び多久頭神社
  3.九州の「素盞鳴神社」の背景
    <うきは市吉井町・古川>:「スサ」の語源
  4.浮羽と長野〔うきは市〕:「浮羽」〔フハ〕と
   「不呼」〔フコ〕は同根語
  5.羽高神社〔直方市頓野羽高〕
   6.土佐と長曾我部〔高知県〕
   7.鈴木氏〔和歌山県海南市日方と藤白の藤白神社〕
    及び穂積氏(愛知県三河)
   8.塩田平〔長野県上田市〕の武高国神社と
    塩野の泥宮大社(十人:じゅうにん)
   9.長野市箱清水の「長野」「箱」・深田神社
   10.福島市の「方木田」「八木田」
   11.毛長神社〔草加市〕と伊興・古千谷〔足立区〕 
    また曽根〔八潮市など〕 
   12.その他、金毘羅〔香川県〕、加古川〔兵庫県〕、
    池上〔大阪府泉大津市〕、熊襲(くまそ)〔南九州〕
   13.串間市〔宮崎県〕の「険刀城」及び(項羽の)壁」
    また福島川・諸縣郡
   14.〔コメ〔米〕〕の語義、「イネ〔稲〕」の語源
   15.邪馬台国の所在地は北部九州

 M.K記


 

この記事に

開く コメント(0)

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事