松江ゴスペルチャーチ Matsue Gospel Church

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 松江ゴスペルチャーチのブログへようこそ。

全体表示

[ リスト ]

使徒6章

明けましておめでとうございます。今年も神様の祝福が豊かにありますように!
今日は使徒6章です。

「あなたがたの中から、霊と知恵に満ちた評判の良い人を七人選びなさい。」(6:3)

教会が拡大するにつれて様々な問題も出てきました。前回はアナニアとサフィラの事件がありましたが、今回は日々の配給の件でギリシャ語を話すユダヤ人(ヘレ二スト)とヘブライ語を話すユダヤ人(ヘブライスト)との間で争いが生じます。当時教会に捧げられた資金の中から貧しいやもめに食事の配給がされていたのです。ところがそのやもめたちはヘブライストから不公平な扱いを受けているとヘレ二ストが苦情を申し立てたのです。

そこで教会の実際的な問題にあたる人を七人選んだのです。その選出基準は何だったのでしょうか。

聖書によると第一に「聖霊に満ちた」人でありました。教会が聖霊によって誕生し、聖霊によって福音が宣べ伝えられていくのですから、それに満ちた人でなければならないことは明白です。

さらに「知恵に満ちた」人でした。人々の中にあって実際的な問題の解決をするのですから、知恵がなければ教会の信仰と徳を高めることは難しいでしょう。また人間的な知恵ではなく、神の知恵を求める人であることは言うまでもありません。

最後に「評判の良い」人でした。「評判の良い」と訳されている言葉は「良く証されている」という意味だそうです。その人の信仰と人格が社会的に認められている人が選ばれたのです。

こうしてそれぞれの賜物が教会の中で生かされ、教会がより堅固になり、また福音がますます宣べ伝えられていったのです。これは現代の教会にも言えることですが、教会が様々な問題を解決することに終始してしまって、肝心な福音が宣べ伝えられていないとするなら初代教会の姿を学び直す必要があるでしょう。教会は内に向かうものではなく、外に向かう時に成長していくのです。

God bless you!
MGC

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

女って本気で逝く寸前、おマ○コぶるぶる震えんのな!Ww
汁が顔にかかったから、すげぇ怒鳴ってやったんよ?
じゃあ泣きながら4万くれたよwww
http://pene69.net/g-enkou_h/qoooure/ 削除

2009/1/2(金) 午後 3:21 [ 秋月律夫 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事