松江ゴスペルチャーチ Matsue Gospel Church

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 松江ゴスペルチャーチのブログへようこそ。

全体表示

[ リスト ]

使徒9章

今日は使徒9章です。

「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」(9:15)

この章はパウロ(サウロ)の回心が記されています。彼はクリスチャンを迫害し捕らえるためにダマスコに向かっていました。ところがその途上で天からの光に打たれ倒れてしまうのです。私たちがどんなに自分自身の力を誇っても、神の前には全く無力であることを知ります。パウロはイエス様の圧倒的な力の前に何もすることが出来なかったのです。

このダマスコ途上の経験がパウロの信仰の原点となって、彼の伝道者としての生涯に大きな証となるのです。参)使徒22:6〜、26:12〜

さて大伝道者パウロが誕生するためには、もう一人の重要な人物がいたことを忘れてはいけません。その人はアナニアです。主はアナニアに幻の中で語られたのです。その内容は、パウロの所へ行って彼のために祈りなさい、というものでした。アナニアは当然パウロのことを良く知っていたので、その言葉に動揺したのです。しかし自分の思いよりも神のご計画に身をゆだね従いました。このように、大伝道者誕生の背景にはアナニアの大きな決断と行動があったのです。

一人の人が救われるためには、誰かが神に選ばれ、用いられています。そして誰かが神の声を聞き、祈り、決断して、あなたに福音を宣べ伝えたのです。あなたもまた神に選ばれた器として福音が託されています。私たちが先に救われた意味はここにあるのではないでしょうか。

God bless you!
MGC


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事