松江ゴスペルチャーチ Matsue Gospel Church

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 松江ゴスペルチャーチのブログへようこそ。

全体表示

[ リスト ]

使徒10章

今日は使徒10章を読みましょう。

「神は人を分け隔てなさらないことが、よく分かりました。」(10:34)

イスラエルの人々は異邦人を忌み嫌っていました。異邦人に触れたり、また会話することも拒んでいたのです。そうして自分たちの純潔を守ろうとしていました。

コルネリウスはイスラエルの人々から見れば異邦人でした。ところが彼もまた家族そろって信仰心あつく、神を畏れていたのです。神は彼の祈りに耳を傾けられ、ペトロを彼のもとへ遣わされたのです。もちろん福音を聞かせるためでした。

ペトロもまたこのために大きなチャレンジが必要でした。神は幻を通して、「神はどんな民族にも等しく恵みをお与えになる」ことを教えられました。

イエス様の十字架と復活がこれまでの宗教的固定概念を全く覆し、神の救いのご計画がイスラエルの人々だけでなく全世界の人々に及ぶことが明らかにされたのです。そして今やどの国のどんな民族も福音を信じることによって救いを体験しているのです。ハレルヤ!

参)「 実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。」(エフェソ2:14〜16)

God bless you!
MGC

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事