松江ゴスペルチャーチ Matsue Gospel Church

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 松江ゴスペルチャーチのブログへようこそ。

全体表示

[ リスト ]

使徒11章

今日は使徒11章です。

「そして、固い決意をもって主から離れることがないようにと、皆に勧めた。」(11:23)

ステファノ殉教の事件をきっかけに迫害を受けて方々へ散らされたクリスチャンのうち、アンティオキアへ行って福音を宣べ伝えた者たちがいました。この出来事が福音宣教の新しい展開を見ることとなったのです。

このことは既成のものにとらわれないごく一部の少数の者たちによって始まりました。その背後に神の導きと助けがあったことは言うまでもありませんが、このために決断をし、多くのエネルギーを費やして福音のために立ち上がったその信仰には大いに学ばせられます。

アンティオキアのうわさを聞いたエルサレム教会はバルナバをその地へ遣わします。バルナバはそこで神の恵みが異邦人の上にも注がれたことを知って喜ぶのです。

救いは神の恵みによります。信じるとは神の恵みを受け入れ、その恵みに応答することです。そして大切なことは能動的に信じ続けることです。

ところで、親猫は子猫の首もとを加えて移動します。しかし猿の場合は違います。子猿は親猿のお腹をしっかりとつかんでいなければ下へ落ちてしまうのです。私たちも丁度この子猿のように、神から離れないようにその手をしっかりと掴んでいなければなりません。

神の手に握られ、また神の手をこちらからも握りしめて、その手のぬくもりを直に感じながらクリスチャンとしての人生を日々歩んでいきましょう。

God bless you!
MGC

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事