手術から2年半経過

がんからの生還へ、復路スタート  確かな科学的根拠があるとは思えないが、長い間、がん治療から5年を経過したかどうか、つまり5年生存が、がん克服の一つの目標とされてきた。その点からすれば、私はその目標に向かって今ちょうど中間点の2年半を通過したところだ。当初、リンパ節への転移が見られたことから、早期に再発・転移が起こるかどうか、担当医も確信が持てない様子だった。それこそ出たとこ勝負。多くの著名人たちがこの病気で命を落としたというニュースに接するたびに、背後に忍び寄る影を意識せざるを得なかった。  幸いなことに、本日の検査では、再発の指標とされるマーカーに異常はなかったし、超音波による画像診断でも、肝臓その他へ転移した様子は見られなかった。手術で失った体の働きを薬で補いながら、いましばらくは平穏な日々を送れるのではすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事