がん手術後4年目に突入

不幸中の救い 星野元監督死去の突然の悲報が、駆け巡った。プロ野球選手として鍛え上げられたであろう体力の持ち主の命を奪ったのは膵臓がんだったという。元横綱千代の富士も同じ病気で倒れている。本当に難しい病気なのだ。部位は違うが、女優の川島なお美が命を落とした肝内胆管がんも含め、この周辺のがんは、生存率が極めて低い。そんな中にあって、私がかかったファータ乳頭部がんは、特別といってよいほど、生還の可能性が高いと聞いた。胆汁と膵液が十二指腸に出てくる場所に当たるため、早期発見につながるのではないか。 私の場合、3年と少し前、ちょうどクリスマスイブの日に、突然、尿が紅茶色になった。びっくりして近くの公立病院の泌尿器科を受診。黄疸が原因と診断され、消化器内科に転科した。その日のうちに入院し、翌日、胃カメラ検査を受けて、出口にすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事