本庶佑教授がノーベル賞。がん患者の福音になるか

 がん免疫療法を飛躍的に発展させた スウェーデンのカロリンスカ研究所・ノーベル委員会は、2018年のノーベル生理学・医学賞を本庶佑・京都大学特別教授とアメリカ・カリフォルニア大学バークレー校→テキサス大のジェームス・ P ・アリソン教授に授 本庶佑博士がノーベル賞。がん患者の福音になるか。 与すると発表した。二人は独立にがんの免疫療法を飛躍的に発展させたことが評価された。自分の組織とは異なる物質、例えば細菌やウイルスなどの病原体を攻撃して体を守るのが免疫で、がん細胞・組織も自分の体から発生したものだが、正常組織とは異なるもの(異物)だから、免疫力が排除するはず、というのが『がん免疫療法』の基本的な考え。20世紀の時代から大きな期待をかけられ、科学的な根拠はないが、多くの信奉者を集めた丸山ワクチンもその一つだすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事