今日も左官日和です!

三重県四日市市より〜自然素材を大切に〜

全体表示

[ リスト ]

大津磨き

大津磨きとは、左官の伝統工法で土と藁すさと石灰を混ぜ合わせ塗りつけ仕上げます。朝の掛かりから気の抜けない時間が過ぎていき、午後2時ぐらいになると、鏝を措く時間帯となります。ここからは、色艶を揃えるために、ビロードを使い磨き仕上げてゆきます。職人一人の施工目安は一坪であります。真壁は一人で施工しますが、大壁や竈は手の合った仲間に助けてもらって仕上げます。一人一坪という面積は、大津磨きを目指す職人の目標となる大きさで、材料や施工方法の研究が必要となり、現在では少人数の職人しか施工することができません。
イメージ 1
玄関正面壁藍色の大津磨きと豊田黄土切り返し仕舞
イメージ 2
                外部真壁での黒大津磨き
イメージ 3
           大壁での施工には手の揃った仲間が必要です。
イメージ 4
             午後2時ごろ鏝からビロードへ道具が変わります。
イメージ 5
              黒大津磨き、窓内側より一気に仕上げました。
イメージ 6
                写りこむぐらい、磨きそろえます。
イメージ 7
          黒磨きの竈です。使用されると更に味わい深く。 
                 イメージ 8  
                  店舗に設置した竈、毎日使われています。
 
 
 
 
土はすごい。
               
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

お疲れ様です。
松木親方をはじめ、蒼築舎の皆さんの御活躍には「すごい」の言葉しか出てきません。
そんな皆さんの元気を少し分けてもらいつつ、日々精進していきたいと思います。

2010/6/30(水) 午後 4:15 HIRO***sakan 返信する

顔アイコン

HIROさん、みんなで一緒に渡りましょう。もちろん青信号を。
それにしても仕事は奥深い、やってもやっても頂上が見えてきません。私たちも日々、精進し続けたいと思います。

2010/6/30(水) 午後 4:24 マツケン 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事