全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今年2月にお知らせをしましたこのプロジェクト

準備がなかなかできず、今となってしまいました。

今後、計画の発端から建物竣工そして入居開始と順を追ってお話していきたい

と思います。

まずは、計画概要から・・・

自社所有地(遊休地)の有効活用

イメージ 1右奥に見えるのが当社

土地所在地:杉並区松ノ木2丁目

敷地面積 :約85坪

建物用途 :共同住宅

建築制限等:建ぺい率50% 容積率100% 高さ制限10m

         第二種風致地区などなど

位置的には地下鉄丸の内線「新高円寺」駅から徒歩15分程度

         京王井の頭線「永福町」 駅から徒歩20分程度

と、立地的にも恵まれているとはいえない場所に計画ということで

相当な工夫をしてライバルとの差別化を図らないといけませんでした。



計画の発端は、当社の目と鼻の先にあった土地を所有したことから

この話は始まります。

当社のある杉並区松ノ木周辺は駅から離れていることもあり、閑静な住宅地

で近くには善福寺川も流れており、非常に住環境としては良いところです。

イメージ 2付近の善福寺川

休日などは散歩やジョギングする人が数多く川沿いや当社の前を通りますので

平日より休日のほうが賑わっているようなところです。(この日は雨で人はいませんでしたが・・・)

緑も多く、川沿いは東京都の公園用地として指定されていて、災害時の避難場所

としても整備が進められている場所でもあります。

そんな場所ですので、環境は良いのですが買い物や通勤・通学には少々不便で、

共同住宅(アパート・マンション)を建てるとしたらどのようなニーズが

あるのだろうか。というところから計画は始まりました。

寒くなりましたね。

当社の向かい側には小さな公園があり、

そこにユリノキ(百合の木)という大きな木があります。

5月の下旬ころにはチューリップのような花が咲くので、

英名でチューリップツリーというのだそうです。

イメージ 1

春から夏にかけてたくさん生い繁っていた葉は秋にはばさばさと落ちるので、

毎日落ち葉掃除が大変です。

イメージ 2夏のころ

イメージ 3今日

ここ2〜3日風が強かったので、

少しばかり残っていた葉はほとんど落ちてしまいました。

これから葉はすべて落ちて、春になるまで少しさびしい感じです。

ご紹介した手前・・・

先日、ご紹介した銀のさらキャンペーンの”本気。マグロ祭り”ですが・・・

ご紹介した手前、遅ればせながら食べてみました!!

イメージ 1

味は・・・手前味噌ですが、おいしかったです。

普段、銀のさらに注文するときは”ばらちらし”が多いのですが、

イメージ 2 これも充分おいしいのですが、

やはりお寿司といえば、握りですよね。


ぜひ一度、味わっていただきたいです。



詳しいメニュー・ご注文はこちらです。↓↓

イメージ 1

食欲の秋がやってきました!

ただいま 12月15日(火)までの期間限定でキャンペーンを行っております。

前回の大トロ祭りに続く、天然本マグロのマグロ祭りです!!

値段も1人前1,380円と前回より100円お安くご提供です。

先日のニュースでもやっていましたが、全世界のマグロ消費量の三分の一は日本が消費しているそう

です。漁獲高は年々減少傾向にあり、漁獲を制限しようという動きも活発になっているそうで、私を

含むマグロ好きな日本人にとっては非常に悩ましいことです。

食べたいからといって獲り尽してしまっては本も子もありません。今後もおいしいマグロが食べ続け

られるようみんなで考えてゆきたいですね。


詳しいメニュー・ご注文はこちらです。↓↓

http://www.ginsara.jp/menu/menu_s01.htm

竣工しました!

先日、当社が世田谷区松原で施工中の建物が竣工しました。

イメージ 1


竣工した建物は単身者用の賃貸マンションですが、お施主様のコンセプトでちょっと特殊なつくりになっ

ています。間取りもさることながら、玄関間口が大変広くとってあり、なんと!自転車やバイクが玄関内

におけるようになっているのです。

イメージ 2


バイクや自転車は駐輪場もしくは駐車場に置く、という考え方が一般的ですが、最近のバイクや自転車は

趣味的な要素が非常に高いものもあり、いろいろな部品を自分なりの好みに変えることでオリジナリティ

を出す方が多くなっているそうです。そうなると各部品などにも高価なものがあり、駐輪場に置いておく

と盗難やいたずらなどの心配が絶えずあるそうで、それならいっそのこと室内に入れてしまったらどうだ

ろうとなったそうです。

おかげで駐輪場を作る必要もなくなり、その分建物面積も大きくすることができました。



 また、この建物の所在地は住宅密集地で駅からも近く、すぐそばに京王線の踏み切りもあるため音の問

題を考慮し、外部に面した部分にはあまり大きな窓はありません。

ただ、窓がないと外部から光を取り入れられないため建築基準法では通風や採光のため窓の大きさの基準

が設けられており、その基準を満たさなければ住居としては認められないため設計をされた建築家の先生

は今回このような設計で基準をクリアしています。(天井と内壁の境目に細長くガラスがはめ込まれてお

り光が差し込んでいます。写真では少し暗めですが、実際はかなり明るいです。)と言うのは簡単ですが

実際の施工はかなり苦労しましたとのこと。(担当談)

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


室内もモダンな仕様になっていますので、若い方には支持されると思います。

また、工事を担当した入社4年目の萩澤君は大変苦労しながらも建物を完成させてくれました。あとは最

終的な手直し工事を終え、お引渡しです。ご苦労様でした。(N)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事