松本整が語る越和宏の「Road to Torino」

スケルトン日本代表トレーナー、松本整がつづる越選手の挑戦記

著者紹介

すべて表示

松本整(元競輪選手)

 こんにちは松本整です。競輪選手として24年間、常に勝ち負けを競う世界にいた経験を基に、トリノ五輪に挑むスケルトンの日本代表コンディショニングトレーナーという視点から、スケルトンの世界や選手たちの挑戦する姿を伝えていきます。

■プロフィール
 1959年5月20日、京都市生まれ。80年4月に門司競輪場でデビュー。通算1804走で415勝。2004年6月、第55回高松宮記念杯競輪で優勝し、G1最高齢優勝記録を更新、その直後に引退を発表した。現役時代から「中年の星」として、多くのメディアに紹介される。現在は、トッププロやオリンピック選手から高齢者まで、多くの人たちの競技力、身体能力の向上や健康増進の運動などを指導する傍ら、講演や執筆活動など多方面で活動中。

松本整のコラム「鉄人疾走」
http://www.tetsujin.tv/tetsujin/index.php

■越選手との出会い
 02年、TV番組での対談がきっかけとなり、03年より越選手に対し、トレーニング指導、スポンサー活動を行う。

トリノを目指す注目選手「越和宏」プロフィール
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/torino/pre/data/players/koshi.html

その他の最新記事

すべて表示

最終回 閉幕

2006/3/6(月) 午後 2:24

 スタディオ・オリンピコを埋め尽くした観客の一人一人が持つ小さなペンライトが、星空のような光の世界を作り上げていた。閉会式の華やかで幻想的な演出、そして参加した選手のさまざまな思いを包み込んで、聖火は消え、トリノ五輪はその幕を閉じた。 ...すべて表示すべて表示

第18回 出発

2006/2/2(木) 午後 9:40

 トリノ五輪への出発まで、あとわずか数日となり、選手たちは準備や、壮行会や関係機関へのあいさつ回りに追われる日々を過ごしているようだ。俺のところにも、スケルトンの村田監督から、出発に際してのスケジュールと携行品の準備についてメールが来ていた ...すべて表示すべて表示

第17回 限られた時間

2006/1/30(月) 午後 11:15

 アルテンベルグ(ドイツ)でのワールドカップ(W杯)最終戦は、男子は稲田選手が17位、東條選手が22位、越選手が24位、羽入田選手が28位、女子は仲選手が14位、中山選手が16位という成績だった。  越選手からは、今回のレース結果 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事