ここから本文です
SR500のカスタムブログ<SPIRIT OF MUNRO>
バイク暦20年以上30年未満の熟年ライダーです。現在3代目となるSR500のカスタムにはまっています。

書庫トップページ

記事検索
検索

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

フロントフォーク交換

すでに、あちこちで告知されておりますが

イメージ 1
SRミーティング&サーキットを気軽に走行できるダブルのお楽しみ!

多くのSRライダーに楽しみを与えてくれたボアエースが、満を持して主催してくれるイベント!満員御礼間違いなし!



話かわって
バイクではなく車のこと・・・


以前何度か、次期車選びの記事を書いてきましたが


2か月ほど前に、このキャッチコピーに惹かれて試乗したところ
イメージ 2
なんじゃこりゃ!エレキパワーの衝撃を浴びる

燃費うんぬんもあるけど、とにかく楽しい!!

で・・・日産の思惑に見事はまり


めでたく大安吉日に納車〜安全祈願
イメージ 3
年甲斐もなく、派手なスポーツチューンド カーをセレクト

最後の車になるかも・・・



もひとつ

先日、フロントフォークをオーバーホールした際判明したフロントフォークの微妙な曲がり

微修正してもらったが 気になる

CEOのアドバイスもあり

慣れのせいか、乗っていて特に違和を感じなかったフロントフォークだが
イメージ 4
モヤモヤするならフロントフォークを交換しよう!



しかし、自分でやりだすといろいろめんどくさいし、汚い・・・
イメージ 5
作業画像はこれのみ




完成!

フォークアウターを黒に塗ろうかと思ったが、せっかくの新品、とりあえずそのままで行ってみよう
イメージ 6
これはこれで意外といける

しかし、ここで気づいた

ストロークセンサー付けるの忘れてる

ホースの取り回し、ボルト類の締め忘れ等慎重にしたつもりが

所詮素人仕事です・・・

変更後、さっそくプチ試乗

おおっ  なんかフォークがしっかりしてフロントタイヤの接地感が増した感じがする

しかし、運転するにつれて動きがやや硬いかな・・・

う〜ん

フォーク交換の結論はしばらく慣らしてからやな


雨で当分乗れそうもない・・・













この記事に

最近、裏の田んぼにカモがやってきた
イメージ 1
毎日癒されてマス



ボアエースに行くと
イメージ 2
試作中のリアキャリア!

めっちゃ頑丈そう!!

楽しみ!!


このグローブ、某オクで落札した
イメージ 3
知らなかったが、商品が来てから気づいた

とてもよくできたパチモン

情けない・・・



梅雨に突入したが、貴重な晴れの日

事故後の膝の痛みはあるが、行くしかない!
イメージ 4
四国ツー依頼のプチ遠出・・・ひゃ〜〜気持ちいい!



フルーツロードはいつ来ても楽しい
イメージ 5
不規則にアップダウンしながら大小のカーブが連続する



黒滝着
イメージ 6
今日は串こんにゃくではなく



気になっていた「いのししフライ弁当」
イメージ 7



ボリューミーで豊富な総菜の弁当
イメージ 8
美味しくて満腹になったが、「いのししフライ」は豚の串カツとの違いが判らなかった・・・・


パチモングローブ、もやもやした気持ちで使ってみたが、意外に普通に・・・いや手の甲にあるプロテクターがハンドル操作しやすく良かった・・・

パチモンではあるが、これなら本物は間違いなく良いことを教えてくれた

次は本物を買おう!



この記事に

前回の記事読んで、笑った人が複数いると思う、多分・・・

例えば・・・頭に「C」が付く人、次に「E」が付く人、次に「O」が付く人

イマイチ続きを書く気がしない・・・


で・・・
表題に関係ないですが
この「七味」、めっちゃ辛くて、めっちゃ旨い! 
それに七味の香りが最高!やみつきです
イメージ 8
もんだいじさん、ありがとうございます〜


さて、気分を変えたところで続きの始まり



うわ!こんな所に・・・
イメージ 1
国道からそれて静かな山あいに、念願の場所「海洋堂」があった

長浜の「海洋堂」に行ってからすっかりフィギアにはまってしまった

わくわく・・・

入館してすぐ、リアルすぎるシンゴジラがお出迎え
イメージ 2
くう〜〜
映画であまりに複雑で緻密なシンゴジラをを観た時、これを精密に再現するのは無理やろと思ったが「海洋堂」を侮っていた

すごい・・・

いきなり度肝を抜かれた


一部を紹介

「芸術は爆発だあ」
イメージ 3


実物大「ティラノサウルスの足」
イメージ 4



実物大「トリケラトプス」
イメージ 5
 


これらは、ジュラシックパークの撮影に使われたものだそうです
イメージ 6




シュワッチ!
イメージ 7
この立ち姿に「一目ぼれ」して、我慢できずポチっ(値段はとても言えない・・・)
我が家にひっそりたたずみ、眺めて楽しんでいます


また刺激を受けてしまった・・・帰ってからポチりそう・・・



雨中走行を十分すぎるほど楽しみ、到着した本日のお宿
イメージ 10
「黒潮本陣」


平日でも人気の宿らしく、本館には泊まれずコテージ泊
イメージ 11
二人だけど、8人くらい寝れそうな贅沢スペース


絶景レストランでコース料理
イメージ 12
中年男二人で・・・


どれもマジ旨かったが、主役はやはり「初ガツオの藁焼き」
イメージ 13
たまらん!!



好天なら、温泉、コテージ、どこから見ても太平洋を望む絶景だが・・・これもいい

また絶対に来ようと、楽しみが先延ばしされる



翌日
も雨・・・の中を出発
イメージ 14


この日もナカショーさんについて行く(スミマセン)


「シャコタンブギ」の舞台らしい(読んでない)横波スカイラインを走る
イメージ 9
ウェットでも楽しいワイディングだが、やはり晴れた日がいい!また来るぞ!


でも、ここに
いきなり現れた「武市半平太」銅像
イメージ 15
めちゃくちゃテンションUP!


土佐には偉人が多いがこんなにいたとは
イメージ 16



そして、この日のメインイベント
イメージ 17
皆さまご存知「坂本竜馬」!!



昔訪れた時は、家族に却下されて見ることが出来なかった



こんなに立派な銅像やったんや・・・13メートルあるそう


で、素晴らしいサプライズが

坂本龍馬記念館はリニューアルのため休館していたが、この銅像の横に櫓が組まれていて、特別に顔の高さまで登れるという



普段なら絶対に上らないが、この機会を逃すまい、気合一発!決死の覚悟で上る
イメージ 18
一歩一歩上がるにつれて足の力がなくなり鼓動が早くなる

しかし登り切った!!
イメージ 19
坂本龍馬を同じ目線で太平洋を望む

ナカショーさん、櫓揺れまくってるよ・・・怖くないのか・・・


完全に腰が抜けつつ、火事場の馬鹿力で必死で写真を撮った



人生楽しむぜよ
イメージ 20




この後、最後の訪問地「高知城でようやく晴れた」
イメージ 21



予定していた四国カルスト、室戸岬は予定変更で行けなかったが、ナカショーさんのおかげで、最後に幕末維新の名残を十分に楽しめた




晴れるに越したことはないが、雨のツーリングもなかなかのもんぜよ!
イメージ 22








この記事に

今年はどうやら・・・凶の巡りかも・・・

淡路ミーティングに参加できず

お誘いいただいたSRツーリング

職場のバイクツーリング

事ごとく参加できず

そんな中、ふとした会話で突如盛り上がり、急きょ実現した四国ツーリング

しかし・・・まさかの事故でバイクが入院、体は通院・・・

も〜〜 今回はなんとしても行くぞ!
 
モトスタイロのフージーさんに無理を言って、ギリ走れる状態にしていただいた

感謝!

体もぶっつけ本番だが、走れるまでに快復

行くぜ〜〜

ズドド〜 久しぶりのSR   ビミョ〜に違和感  すぐ慣れるやろ
イメージ 1
大阪は、ずっと好天続きで一抹の不安があったが、
天気予報は微妙に下り坂だが二日間ともに曇り・・・との予報
とりあえず雨さえ降らなければええわ


おととしの九州は三日間とも好天

昨年の信州も三日間とも好天

この流れで今回も雨は降んやろ!!


「オレンジフェリー7」乗船待ち
イメージ 2
大阪南港から夜に出航〜四国東予に早朝到着




船旅は酒の楽しみがあるので最高 
イメージ 4


部屋に荷物を置くと、まずは何はともあれ夕食


レストランで「焼肉定食」を注文
意外に安くて期待してなかったが、美味しかった(失礼)
イメージ 3
ビール飲んでも、ごはんが食べたい派 満腹まんぞく〜




「チームKoDo」の三名で行く予定であったが、アラモさんが四国に行ったばかりで今回はキャンセル

ナカショ−さんと二人なので、今回は奮発して特等船室
イメージ 5
ビジネスホテルよりも良い部屋やん!でテンションUP!


早めに寝て、早朝出発に備えようと思ってたのに、居心地の良い部屋でグビグビわけのわからん事しゃべってベロベロ・・・0時すぎ慌てて就寝

ぐう・・・二日酔い気味で船内放送で起こされる・・・

「おはようございます・・・まもなく到着です・・・東予は雨・・・」

えっ

どよよんとした虚ろな意識の中で考える・・・雨って・・・げえ、まじか・・・

窓から外を見る
イメージ 6
わお・・・これぞ「青天のへきれき」

今日の予定は、山道うねうねの四国カルスト・・・

雨で行けるか・・・

絶対行きたい場所・・・

頭の中は真っ白

下船時間は待ってくれない

あ〜〜「凶」のまだ底があったか・・・「大凶」

予定してないカッパを着るため、急いで準備を始める

ナカショーさんも「どうしたらええんや」と同じく混乱してる様子

とにもかくにも、あたふた準備する・・・

こんな時でも、車ならそこまで慌てないだろうがバイクだけに追い込まれる・・・


下船して、とりあえず雨の中で見知らぬ道を走る・・・

整理できない気持ちの中、コンビニ発見!

これほどコンビニがありがたいと思ったことがない

落ち着いて考えられる

イートインで朝食を摂りつつ、今日のルートを検討

この天気で四国カルストは厳しい(強行しても楽しくない)

サンドイッチを食べつつ思案の末、ナカショーさんの城めぐりルート変更案に賛同(ていうか丸投げ

てなわけで松山城に向かう、が・・・
イメージ 7
四国をなめていた・・・松山市内で、大阪よりもひどい朝の通勤渋滞にはまり、我がSRの油温計は115度に達した、ここまで上がるのは初めての経験・・・変速ギアが極端に渋くなり脇道にそれてクールダウン

油温が下がって無事松山城に到着
イメージ 8
カッパを着たまま、長い登り坂&階段の末たどり着いたお城、最上階からの景色・・・昨年、家族でここを訪れたが景色が違う・・・テンション下がるなあ・・・



松山から宇和島へ向かい、お目当ての「鯛めし」を食べる
イメージ 9
イメージしていた「鯛めし」と違う

卵かけごはんに鯛の刺身が乗ってるよう・・・これがめちゃ旨!

この日、初めてテンションUP!


昼食後、相変わらず雨降る中、宇和島城からの景観
イメージ 10
景色はイマイチだが、珍しく癒される感じの城で良かった

宇和島〜また来たい〜



宇和島を後に、雨の中ひた走り、本日のメインに到着
イメージ 11
国道から脇道にそれて、人気のない場所に突然現れた

こんな場所にあるなんて!(失礼)


続きます

























この記事に

GT601皮むき

SR淡路ミーティング・・・

今年こそ行こう・・・

行けるはずであった・・・しかし、春の想定外、大量の人事異動により

出勤日が勝手に
変更・・・なんでその日に出勤なん!


せいやんさんからの、せめてものボンビーステッカーが慰め・・・

せいやんさん、ありがとう!!




で、先日

信頼するモトスタイロでリアタイヤを交換
イメージ 1

今回、リアをもう少し高くしたくて、120/80-18から1サイスズ太い130/80-18に変更

カタログ数値以上に、タイヤの外径が少し大きく10mm以上高さがUP!

プチ嬉しい誤算

しかし、速度レンジがHからVになり、タイヤ幅が太くなったせいか予想以上にタイヤが重い

やっちまったかな・・・少し心配になってきた



タイヤチェンジャーはすごい!
イメージ 2
あっという間に交換完了


おおっ、思った以上に太く迫力が増した
イメージ 3
今回の組み合わせを調べるとフロント100/90-18 リア130-80-18は、
のCB750Fと同サイズ  
当時、最大排気量の750のタイヤサイズを軽量スリムなSRに・・・
マッチするのかな


で・・・後日皮むき
イメージ 4
走り出しは、タイヤの重さを感じる・・・軽やかでダッと飛び出す加速感がマイルドで、結果アクセルをその分多く開ける・・・すぐ慣れるかな


春爛漫  熊野川のエメラルドグリーンに見惚れる
イメージ 5



ポジションは思った通り、いや、めっちゃいい!
イメージ 6
乗り心地はヒラヒラ軽快だったのが、少しどっしりして柔らかい感じに 
ライントレースしやすい




山藤の季節
イメージ 7


GT601は、新品だからと言って慎重にしなくても、しっかりグリップしてくれるので皮むきが楽に楽しくできる


で、お気に入りの店でハンバーガー&ホットドックを食べて、腹パンパン
イメージ 8


食べ終えたら即座に走り出す


あ〜一杯走りたい〜〜〜
イメージ 9
バイク天国和歌山のうねうねをガンガン走る

イメージ 10



イメージ 11


一日、久しぶりにガンガン山道を走って。。。最高〜〜〜
イメージ 12


あ〜〜気持ちいい!!!


バイクで走るには、1年で一番良い季節、これから更にツーリングが続く日々・・・

のはずが・・・

続く・・・



この記事に

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事