ここから本文です

書庫全体表示

5月30日

震災で又新しい「建屋」という言葉がでてきた。

「建物」ではいけないのか。

放射能の単位も耳慣れない。

「原発」の機械の絵ばかりでても、「建屋」の大きさが分からない。

「内部」はどのくらいの大きさで、こうなってる、と、見せてくれなければいつも同じ絵ばかりでは飽きて、ジャーナリストはなんでもよく知っていますが、ホンマにわかって喋っているのか、と思うのです。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事