ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

7月27日

上げ足とりになりますが、俳優が韓流ドラマばかりのテレビ局は見ないと言ってますが、日本のテレビで見られる番組がありますか。

この俳優が政府のエネルギー政策を批判したら、芸能人らしからぬと書いていますが、芸能人は政策を批判してはいけないのでしょうか。

それよりも何にでも顔を出してる有識人というのはホントウに必要なのでしょうか。

視聴者に向かって解説するのではなく、スタジオ内だけで話をしているように思えます。

「日本の伝統番組」というのはどんなものなのでしょう。



7月25日

見るテレビがないので[巨人・阪神戦]を見ていた。

選手は全員天才なのだと思いました。

天賦の素質を練習で磨きあげてプロと言われるのです。

投球の未熟なピッチヤー、打撃の未熟な内外野の選手などは存在しません。

芝居の未熟な歌舞伎役者は舞台にたてないでしょう。

その点で落語家というのは楽な稼業ですね。

未熟で通るのですから。

しかし未熟はいつまでも通用しません。

いつか若い人に追い抜かれて敗残の身を高座にさらすことになるでしょう。

「芸は一生勉強です」思いつきで出来るものではありません。



7月19日

なぁんや菅総理の「脱原発」発言も、解散後のことを考えての発言だった。

今、現在、「原発被害の問題が片付いていないで、選挙のことを考えているというのは政治とは違うでしょう。

「脚下照顧」という言葉がありますが、足元を見ないで、自分が職を失わないかとそればっかり考えての行動なんですね。

政治屋のみなさん。

国民が政治に関心がなくなったらどうしますか。

総理はそれだけ魅力のある職業なんですね。



7月17日

こんどは牛の餌が汚染されていたのが「想定外」です。

この世界は「無常」です。

いつ何が起こるか想定できるものではありません。

「想定外」を「想定」しておくのが「想定」だと思います。

菅総理の粘り腰も「想定外」ではあませんか。

アッ、私の高齢も想定外でした。



7月16日

高島政伸の嫁が「夫婦関係の修復」を願っていると、なにかセメントで修理するように言ってますが、夫婦というのはそれでいいのです。

別居なんかするから「夫婦関係」が冷めてしまうのです。

若い夫婦はいつも燃え上がっていなくてはいけません。

特に夜は。

「火の用心さっしゃりましょう」チョンチョン。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事