ここから本文です
美声学ブログ(松尾篤興のブログ)
http://matsuoatsuoki0024.sitemix.jp/Sites/Site%20Folder/

書庫全体表示

イメージ 1

次期衆議院選挙のための有権者心得(電力マフィアとの決別)

野田内閣が発足しましたね。
野党だけではなく身内からも辞めろコールを浴びた菅内閣が総辞職をしたので、小沢、反小沢入り乱れての代表選はまるでお祭り騒ぎと云おうか百花繚乱と云おうか適任者不在と云おうか、とにかく賑やかなものでした。
見事、選出の栄誉を獲得した野田佳彦はノーサイドを宣言し、小沢派に気配りした竹に木を繋いだような当たり障りのない、泥鰌内閣を立ち上げ、平身低頭の船出を果たしましたが、いくら腰が低いとは云え、表敬訪問の経団連米倉会長にまで挨拶をするとは夢にも思いませんでした。まさか法人税増税(実は実質2%の減税)のシナリオの打ち合わせのためではなかったのでしょうね。
増税と云えば財務省時代からの増税論者で通っている野田佳彦の独壇場ですが、所信表明ではやはり初めに復興増税ありきでした。想定外、未曾有(官僚の好きな言葉ですが)の国難に対する国民の理解を求めたつもりでしょうが、増税というのは政策でも何でもない、金が足りないから金をくれ、と云うのは小学生でも出来る発想なのです。
災害にあった地方を復興させるためには、何が必要で何をしなければならないかを説くのが政策というものでしょう。予算がないから税金を徴収すれば、一時はそれで賄えるかもしれない、しかし増税すれば世の中の景気は冷え込みかねないし、そうなれば後々税金を徴収しようにも思うように金は集まらなくなるのは子供でも解る理屈ではありませんか。
地域の復興は増税して得た金をばらまくだけではなく、それ以前に農業、医学、電力など参入の難しい産業に対する規制緩和が施されてこそ、経済活性化の見通しが立つのではないでしょうか。とりわけ問題になるのが電力事業に対する各界の癒着振りで、原発事故以降、規制緩和の目玉である発送電分離は一つの流行語になってしまいましたが、単に掛け声ばかりで一向にその具体的な法案が提出されないのは理解に苦しむばかりです。
従来、日本の政治改革の槍玉に上がったのが公務員制度改革でした。民主党が掲げたマニフェストは見事、国民の賛同を呼び政権交代を果たしたのは記憶に新しい事でしょう。しかし残念な事にこれらの改革は日の目を見ずに終息を迎えようとしています。公務員制度改革の本丸である天下りの問題などが未だに横行している陰には官僚と電力会社の癒着があるからに他なりません。そして天下りを断ち切れないのは政治家にも電力会社との癒着が数多く見受けられるからでしょう。自民党の先生がたは財界経由で、民主党の方達は労連を通して、選挙の票を確かなものにするにはどうしても電力会社の力が必要なのです。
政官だけではありません、電力なしには商売が出来ぬ財界、財界と大のお友達である金融業界、東大を初めとする御用学者、電力会社が独占企業であるにもかかわらず高額な広告費を懐に入れているテレビ業界、果ては福島原発のような大事故を起こしても捜査をしようとしない検察。すべてが電力会社との金まみれの癒着の構造のせいなのです。
こう考えてくると日本という国は電力会社という巨大なマフィアによって動かされていると云う事実が浮かび上がってくるのではないでしょうか。
世の中すべて金しだいさ、とうそぶくのが下町のいなせなお兄さんならまだしも、それが巨大な電力マフィアが陰で日本を操っているとすれば、だれだって日本を捨てて海外移住を考えざるを得ないでしょう。何しろ政界、財界、官僚、学会、報道、検察、どちらをむいても電力のデの字でも批判すればたちまち痛い目にあう、電力マフィアの手下達が手ぐすね引いて待ち構えているのですから。
これらを是正するのが政治だとは思いますが、現状ではとうていおぼつかない状態なのが見えてきます。日本は政権交代をして2大政党の姿が見えてきたなどと云われていますが、よく見ると自民党にも民主党にもそれぞれ保守的な人と革新的な党員がいて、アメリカやイギリスの2大政党とは少々勝手が違い、むしろ4つの政党が存在すると考えた方が良いのかもしれません。例えば原発の問題ひとつ取り上げてみても各党それぞれ推進派、反対派がいて、党内が一致したイデオロギーであるとは考え難いからなのです。
年に一度は新しくなる我が国の総理ですが、次期衆議院選挙は2年後の20139月に迫っています。今回の野田総理が任期満了までもつ、もたないは別として、いやでも2年後には選挙で投票する権利が生じ、我々が唯一、直接国政に携わる機会が待っているのです。
そこで提案ですが、幸い今の選挙は小選挙区制になっています。従って衆議院だから政党を基準にして投票してきた今までの基準を全て白紙に戻し、人物本位の衆議院選挙投票に考え方を改めては如何でしょう。
では投票基準となるものは何か。それは電力マフィアに侵されているか、否かを基準に投票するのです。投票する側も今までのように政党のマニフェストのような絵に描いた餅に惑わされる事なく、自分でしっかりと下調べをした上で投票する人物本位の投票行動こそが、今後の日本再生にかける動機となりえましょう。
なぜなら独占企業である電力会社の、体の良い半強制的な電力料金に上乗せされた利益のおこぼれによって、如何なる政党の電力族議員も電力会社との金まみれの癒着が、このような電力マフィア国家の隆盛を助長したのですから。
しかし絶望的な展望ばかりではありません。なかにはきっと電力マフィアとは縁もゆかりもない人物が目にとまるはずです。これらの人達を選出する事によって新しい日本の政治のあり方が芽生えてくる事でしょう。
云う迄もありますまい。我々が政治に関わる機会は選挙しかありえない。ですから、この千載一遇のチャンスを何とか生かして、後に続く子供達のためにも、より良い日本の政治形態をつくる糸口にしたいものです。
 
 
 
 

  • 顔アイコン

    さすがたの国民も、もう民主には騙されないでしょう。
    民主党に変わって何か国民の為になることをしましたか、全て嘘で固めたペテン政権だった。

    [ ムース ]

    2011/9/20(火) 午前 6:17

  • 顔アイコン

    おけらです。面白い、面白い。笑いっぱなしです。グッドセンス!
    こういう感じで行けばいいのですよね。
    せめて電力企業と癒着なしの政治家を衆議院議員に!
    大賛成です。その位見抜く目を国民は持っているはず。
    民主党は政権は交代できる、という真理を示すことができました。
    政治が変わることの難しさも。
    しかし、交代あり、なのだから、ダメなら交代してもらいましょう。生みの母は、私たち主権者。やっと民主主義のいろは、はじめの一歩に来たのかも。頑張りましょう。おけらもポチ、頑張ります。

    [ okera ]

    2011/9/21(水) 午後 3:15

  • 顔アイコン

    m(_ _)mなさい。
    読み違えちゃったんですね。下町のいなせなおにいちゃん、でしたね。なんでそう記憶しちゃったんだろう。
    目がいなせをいなか、って読んじゃったのかな?
    全く疲れているのか、年とっちゃったのか?
    おけらも焼きがまわりました、とちょっぴり江戸ッ子っぽく(違うか、ヤクザっぽくか)申し上げ、お詫びといたします。
    この文章とっても面白い。みんなに読んで欲しいですね。
    そういえば、山本太郎さんが告発されたとか。佐賀県庁に不法侵入という理由で。こんなことで告発された日にゃあ、命がいくつあっても足りませんね。酷い世の中になりそうで怖いです。なってるか?

    [ okera ]

    2011/9/22(木) 午前 6:51

  • To Okera
    先日の「さようなら原発」のデモにしろ、今井一氏の「原発国民投票」にしろ、継続して運動する事が原発抑止力になるのは、最近の中東革命を見れば一目瞭然だと思います。
    2009年の政権交代はある意味、日本の無血革命とも云える出来事でした。
    更に国民のための政治の仕上げに向かって、今までどの党も手を付けなかった、最も困難な電力マフィアとの対決を果たさなければなりません。
    これが政治改革の本丸であり、日本国の本当の意味の革命です。
    松尾篤興

    matsuoatsuoki

    2011/9/22(木) 午前 9:14

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事