ここから本文です
美声学ブログ(松尾篤興のブログ)
http://matsuoatsuoki0024.sitemix.jp/Sites/Site%20Folder/

書庫全体表示

フレデリック・フースラー「Singen」による声の当て方
洗足学園音楽大学名誉教授 松尾篤興

我々声楽家は日常会話の様にイタリア語の音楽用語を使っていますが、その実態は100人いれば100通りのイメージや概念の違いに遭遇する戸惑いを覚えます。ジラーレやアクートも丁度これにあたる言葉かもしれません。しかしジラーレやアクートについてどれほどのことを知っているかと問われると甚だ覚束ない気持ちになってしまうのではないでしょうか。
よく耳にするGirareはイタリア語の回る、回す、と云う意味ですし、Acutoは鋭い、高音、などの意味を持っています。そして声楽教師はこの言葉をあたかも日常会話の日本語の様に使いながら生徒や弟子の指導にあたっているのが実状と言えるでしょう。
勿論声に関することですので、Girareは声を回す事、Acutoは高音域での鋭い声の響き、について言及するのでしょうが、ではどうすれば声が回るか、どの様な方法で鋭い声の響きが得られるかについてのディテールを説明できる声楽教師が果たして何人いるでしょうか。
 
声の当たる場所についてSingenの著者フレデリック・フースラーはアンザッツ(Anzatz=当てる)の章でここに挙げた図版の様な解説を記しています。云って見れば声の通り道と云えるのではないでしょうか。確かにGirareは声を回す事でした、しかしこのアンザッツの図版を参考にする事によって、声が回る、と云った概念がより明白になるものと考えられるでしょう。
 
地声つまり胸声は気道から吐き出された呼気が声帯を振動させ、その声は直線的に鼻骨に向かいます。音程が高くなるに従って声は反時計回りに回転し、最高音を出す頭声に至っては頭蓋骨の頂上で響くようになるのです。
この様な声の方向性を言い表したのがジラーレ(回る)やデックン(覆う)ではないでしょうか、地声(胸声)は人の話し声に相当する範囲の声ですので変声期を過ぎた男性の声は女性の声に比べて1オクターブ低い振動数であり、女性も変声期を過ぎると話し声に相当する地声は随分低い音域で喋る様になるのですが、この胸声を歌声として活用するためには鼻骨へ向かって声を当てる感触が求められる様になるでしょう。
同じ胸声でもメッツァディヴォーチェ(mezza di voce=半分の声)となるともう少し内側の口腔上門歯付近に収められるのはメッツァディヴォーチェの柔らかさを出すための知恵と言えるのかもしれません 
イメージ 1

   アッポジャーレ・ラ・ヴォーチェ(appoggiare la voce)とはイタリア流派で言われている声の支えを示すものですが、音色、発音共に明瞭な声のあたる場所として上下の門歯を指示しています。ベルカントオペラなどに見られる早口言葉やレチタティーヴォなどに有効な場所でしょう。
中声とは声区を3分割した場合に称する声の区域で、一般的には胸声(地声)より上で頭声に変わるまでの区域、つまり擬似パッサッジョからパッサッジョまでの声区を指すものと思われます。胸声から音域が高くなってくると声帯は伸び、声の響きは細くなって行きますので、甲状軟骨を下方へ前傾させ声帯を伸展させなければならなくなってきますが、輪状甲状筋や胸骨甲状筋を下方へ引き下げる方向としてどうしても第二肋骨付近が声の通り道としてイメージされるのではないでしょうか。
弱頭声いわゆるうなじに声を当てると言われてきた場所で、輪状咽頭筋によって声帯は最も強く伸展され、美しく響き、よく通る豊かな声をためには
欠かす事が出来ない所で、エンリコ・カルゾーが云った「首の後下部に声を当てる」とはまさにこの場所を指しています。所謂充実した頭声であり現在で言われている所のアクートに相当する場所ではないでしょうか。
頭頂部または軟口蓋に声を当てると胸骨甲状筋、口蓋喉頭筋などの働きによって声帯は伸展し、純粋の頭声を出すことができます。
 
以上述べてきましたのがジラーレ、声を回す事の実態といえるでしょう。声を回すという漠然としたイメージだけで声作りに励むのではなく、論理的かつ医学的な整合性を持つ仮説の下に立った論理を検証する事によって、より確かで確実な発声技術の修練が行えるのを肝に銘じて精進すべきだと考える次第です。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事