ここから本文です
美声学ブログ(松尾篤興のブログ)
http://matsuoatsuoki0024.sitemix.jp/Sites/Site%20Folder/

書庫全体表示

「どうして一人で歌えないの?」について

 私が愛読しているブログで「老いた犬に芸は仕込めない? 〜声楽初心者の日記〜」があるが、このブログの管理人、すとんさんが下記のような記事を掲載した。

どうして一人だと歌えないの?        http://stone.tea-nifty.com/blog/
                                        すとん 著
 素朴な疑問です。プロ、とりわけクラシック系のプロの人達には当てはまらないことが多いのだけれど、一般的に言って、素人の合唱人って、キャリアが長くて、パートのリーダーもやれるような上手な人でも、一人で歌う(つまり独唱ね)と、イマイチって人、少なからずいるでしょ。あれ、なんででしょうね?
 とりわけ、歌の最初を合唱から入ったって人に、案外多いような気がするのは、偏見かなあ…
 無論、音程だってリズムだって正確だし、音量だって十分だよね。
 とすると、やっぱり声そのものに問題があるのかな? いつも他人と一緒に歌っていて、自分の声そのものに対する興味感心が少なくて、美しい声を出そう、響き豊かに歌おう、とか思わないのかなあ…
 それとも指揮者がいないと歌えないのかな? 合唱は常に指揮者がいて、指揮者の指導の元、指揮通りに歌っていけばいいけれど、独唱になると、そうはいかない。独唱者みずから考え、伴奏者に意見を言って、きちんと自分の音楽を作っていかないといけない。そのあたりの問題かなあ…。
 それとも単純に技量不足? 合唱人で独唱もいけますって人は、たいてい音楽の専門教育を受けている人(音大とか音楽専門学校とか音楽専攻科とか)でしょ。逆に言うと、専門教育を受けなければ、独唱ってムリなものなの? いくら合唱を長年やっていても、それだけでは不足があるの?
 それとも性格の問題? 合唱人はみなさん、奥ゆかしい性格の持ち主で、とても一人で前に出て歌を披露するなんて、考えただけで、そら恐ろしくて萎縮してしまって、結果、一人で歌うとイマイチになってしまうの?
 ああ、分からない。ホント、分からない。
 こう書くと「それは独唱と合唱では、発声法が違うから仕方無いのだ」という人がいますし、私も以前はそう思ってました。でも、独唱も合唱も発声そのものは同じでしょ。それとも独唱には美しい声が必要だけれど、合唱には不要とか思っていらっしゃる人がいるのかな? まさかね。
 合唱だって、一人一人の声が美しくなければ、全体のハーモニーが美しくならないのは自明だし、独唱だって、独りよがりで歌えるものではなく、やはりその実態は伴奏(ピアノだったりオケだったりするけど)とのアンサンブルなんだしね。そう考えると、大きな違いってないと思う。
 そう考えると、ますます分からない。なぜ、合唱人は一人だと歌えないの? なぜなぜ?。
(ブログ「老いた犬に芸は仕込めない? 〜声楽初心者の日記〜」より)

 私はこの記事に非常に興味をもった。私はおそらくこの問題をキチンと解明はできないだろうが、幾つかの問題提起をすることはできるような気がする。そしてすとんさんが感じている堂々巡りのような疑問も、私自身もまた共有している問題として現存する悩みでもある。

 問題を整理してみよう。比較される人物として考えられるのが素人の合唱経験の長いCさん。素人で音楽関係の教育機関を卒業した独唱者のSさん。日本には数少ないがプロの合唱団で活躍しているPCさん。オペラや歌曲で少しは名の知れたプロのPSさん。この4人をモデルとして選び出し、考えてみることとする。

 先ずアマチュアの合唱団員Cさんとアマチュアでソリスト志向のSさんの場合。
 Cさんは、合唱経験は長いが独唱の経験に乏しい。
 Sさんは、音楽関係の教育機関を卒業したくらいだから当然のように独唱者としての活動をえらんだ。
 上記2人の経緯はごく自然ななりゆきとしてこのような道をたどるのではなかろうか。つまり音楽教育を受けたSさんは自分の受けた基礎的な音楽経験を活かして独唱者としての道を選ぶのはうなずけるし、独唱者としての道のりが険しくても自ら進んでこの道を選んだだけに、この修練はストレスにはならぬ筈だ。
 一方Cさんは音楽関係の教育機関での経験がない。ただ云える事は音楽が好きである事は誰にもひけをとらぬ自信をもっている。しかも合唱の経験は長く、合唱の隅々までを知りつくしていると云っても良いほどのベテランであるが独唱者としての経験は少なく、またソリストとしてのレッスンや教育を受けたことがない。
 2人のアマチュアを比べてみてCさんが、幾ら合唱経験が長いからといえソリストとしての力量を求めるのは、あまりにも場違いで酷な話ではないか。逆にSさんに合唱を歌わせてみてもCさんほど上手く歌えるとは思えないが、合唱であるだけにCさんが独唱したときほど欠点は目立たなかっただけのことではないだろうか。
 確かに音楽経験の多少を云えばSさんの方が基礎的な教育を受けているかも知れないがCさんとて長い間コーラスに携わった事を考えれば、これも立派な音楽経験と云えるだろう。
 むしろこの場合はじめから2人の目指す道が異なっていたとしか云いようがないのだ。チームで物事を創り上げようとするCさんと、自分一人で何かを表現しようとするSさんは、いってみれば野球選手とゴルファーの違いでしかない。したがってこの論議は野球選手に何故ゴルフが下手なのか、ゴルファーにホームランぐらい打てないでどうする、となじるようなものだろう。野球選手はスタジアムで、ゴルファーはゴルフコースでプレイするのが最も自然で幸せであるに違いない。

 今度はプロの合唱団員PCさんとソリストのPSさんを比較してみよう。
 PCさんはプロの合唱団員としてオペラに出演している。勿論、音楽関係の教育機関を卒業し、この合唱団のオーディションを受けた。
SCさんも音楽関係の教育機関を卒業したのち、プロのオペラ歌手を目指して精進している毎日である。
 両者とも音楽的教養は十分に積んでいる、またそうでないとプロの合唱団に合格するはずもなく、オペラ歌手を目指すだけの下地もないはずだ。いずれもなにがしかの出演料を手にする事があるところから、現在の音楽界の地位は十分に確立されたものとは言えないがプロの演奏家という判断を下した。
 PCさんのように合唱団員として活躍していた者がソリストに転向したり、PSさんのようにソリストとして仕事をしていた人が、アンサンブルやコーラスグループを結成したりする事は間々ある事で決して珍しいことではない。したがってこの両者間の行き来は技術的にも問題になるような事はないし、よく見掛ける事でもある。
 ここまで書いてみてプロの世界ではコーラスとソリストの交流、行き来が何ら問題にならなかったのに対し、アマチュアの世界ではなぜ、この問題が浮上するのかを検証しなければなるまい。

*自分自身の声への関心度。
 これはC、S、両者とも高い関心度は見られるだろうがCさんの場合、コーラスと云う大勢の中にあって自分一人の声を抽出し、判断するには困難な状況と云わざるを得ない。Cさんは自分の声に対する関心度が無いのではなく、関心をもって判断するには難しい状況であることは確かだ。

*音楽に対する主体性。
 ソリストのSさんは主体が自分一人だから自分一人で音楽創りを余儀なくされるのは当然だろうが、Cさんは自分で音楽創りをしなくても指揮者に任せればよいと云うものでも無かろう。つまりアンサンブルの基本は、確立された個々の音楽が指揮者という水先案内人によって1本の糸に縒り合わされたものでしかない。したがってCさんに音楽に対する主体性が無いとは云い難い。

*音楽関係の教育機関の経験度。
 プロの場合、音楽教育を受けるのはプロとして身を立てるためには当然の事であり、なかには希少の例外もあろうが、それらの人達は教育機関に身を寄せなくても、教育機関を卒業、もしくはそれ以上の努力を払ってプロの世界を目指したものと思われるので、問題になる要素とはなり得ないが、アマチュアの場合、逆の発想をして、では音楽教育を受ければソリストになれるか、と云えば答えは明瞭であろう。音楽教育を受けることはいってみれば一般教養課程を履修したようなもので、来る専門課程への準備にほかならない。

*性格的な問題。
 確かに一人で歌を歌おうとする人達に目立ちたがり屋は多い。逆の云い方をすれば目立たないことには歌手としての存在感すら危ういものとなりかねないのだ。だから目立てば上手くなるかと云えばそうでもなかろう。目立てば上手い下手の区別ははっきりするかも知れないが。

*発声法の違い。
 コーラスとソリストに発声法上の違いがあるならば、前述したプロの合唱団からプロのソリストへの移行は行われるはずもない。

 以上が私なりに一般の合唱経験者が独唱できない「どうして1人では歌えないの?」への問題提起である。
 つまり野球選手に幾らボールが飛ばせるからといってゴルフトーナメントで優勝するのを強要するのは余りにも無茶な話だ、ということになってしまった。野球には野球の練習方法があるようにゴルフにはゴルフのメソードがあって、それらを修練し習得しないことには、道具で球を飛ばす、似たような球技だからといっても使い物にはならないという事であろう。コーラスにはコーラスなりの技術を覚えなければならないようにソリストにはソリストなりのメソードやノウハウを習得しなければならず、そのために人びとは日夜精進しているのだ。

イメージ 1
カット:松尾篤興

  • 顔アイコン

    ゴルファーと野球選手の例え、分かりやすくておもしろかったです。プロの世界はともかく、アマチュアの場合、独唱と合唱は歌ではあるが、色々と違うものと考えるとすっきりします。ゴルフと野球だって、比較的小さなボールを扱う球技だけれど、やっぱり違うものね。

    そして、独唱と合唱の問題に、アマチュアとプロの違いという観点を持ち込んだことで、より分かりやすく説明されていると思いました。

    解説、ありがとうございました。トラックバックを送らせていただきます。 削除

    [ すとん ]

    2008/5/5(月) 午後 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    先生の記事を楽しみに待っていました。
    私も、すとんさんのように、独唱と合唱は歌ではあるが、色々とちがうものと考えるとすっきりすると思いました。
    また、アマチュアとプロの力量の違いも、これまた有って当然・・と思いました。単なる「好き」と「好き+厳しさ+美しさ(魅力)」の違いかな〜なんて思っています。

    かなりや♪

    2008/5/6(火) 午前 2:30

    返信する
  • 顔アイコン

    To Ston and Hitoyasumi
    解説というほどの代物ではありません、お目通し頂き恐悦至極です。
    独唱と合唱の行き来、ではないけれど、このようなブログどうしの行き来、というかディスカッションができると、ブログ利用の幅がでてきて面白いものになってくるような気がしますが、いかがでしょうか。
    今後とも宜しくお願い致します。
    松尾篤興

    matsuoatsuoki

    2008/5/6(火) 午前 7:50

    返信する
  • 顔アイコン

    確かに、仰るとおりだと思います。これは、声楽・器楽両方について言えることですが、発声(音作り)が違いますね。たとえば、オーケストラで、並み居るヴァイオリン奏者の前で、演奏する千住真理子はコンマスの、いや、彼を含めて、そのほか数十名のヴァイオリニスト集団よりも音が大きいですね。逆に、アンサンブルや、合唱となれば、調和を求められますから、没個性的な演奏にならざるをえません。それぞれのパートをしっかり守って演奏する。すなわち、役割の違いが音(声)のちがいでしょう。松尾先生のブログ内で、大先生の前で、偉そうなこと、申しあげてすみません(^^;)。私も、コーラスをしていた時期があり、みんなの中に入ると、喉にかかる負担がまったく違うという経験をしました。吹奏楽経験者なら、オケのソリスト的な演奏とまったく異質なのが理解できます。

    テノール

    2008/5/12(月) 午前 11:01

    返信する
  • 顔アイコン

    To Tenor
    若い頃二期会の合唱団を手伝っていましたが、ソロとなると妙に身体がこわばったり、また二期会の研究生を卒業し会員になってオペラを歌うようになって、合唱を手伝うとなんだか咽に負担がかかるような経験があったのを思い出しました。
    松尾篤興

    matsuoatsuoki

    2008/5/12(月) 午後 0:46

    返信する
  • 顔アイコン

    私はアマチュア合唱20年以上の経験で、バスパートを担当しております。ある時、コーラスの女性指導者(オペラ歌手)の方が独唱をやって見ないかといわれ、2回レッスンを受けました。先生からあなたはバスの音域が出るからバスをやってますが、本当は高音、ミ、ファ辺りが良いからカンツォーネをやってみたらと言われました。「カタリ・カタリ」「サンタルチア」等の指導を受けるうち、独唱は合唱と違うことが何と無く理解できた気がしました。それは自分で唄うことに責任を持つことだと思いました。10分の1秒、10分の2秒の音のズレさえコントロールすることで自分の歌にすることが出来ると教えて頂き、来月の舞台に向けた練習を楽しくやっています。

    [ 琵琶湖研究室 ]

    2008/6/12(木) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    To Biwako
    オペラの場合などは自分の声の声域より、Passaggio(声の変わり目の場所)で声部を判断する事の方が多いようですが、日本もやっとこの考え方が広まってきたように思われます。
    来月の舞台、楽しみでしょう。成功を祈っております。
    松尾篤興

    matsuoatsuoki

    2008/6/13(金) 午後 8:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事