ここから本文です
美声学ブログ(松尾篤興のブログ)
http://matsuoatsuoki0024.sitemix.jp/Sites/Site%20Folder/

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 歌唱における寝息のすすめ

イメージ 1
 人が一番自然にできる呼吸はどんなものか考えたことがありますか?
 それは寝息です。寝息はだれしも横隔膜を使って呼吸していますが、いざ歌うとなれば身体に力が入って、なかなか自然な呼吸ができないのは困ったものです。
 寝息は横隔膜が収縮し下へ下がる、横隔膜に隣接した肺はそれに引っ張られて空気を取込む、横隔膜の収縮が止むと横隔膜は元に戻るため上に上がり肺の空気も吐かれる仕組みになっています。従って寝息は「スーと吸って、ハァーと吐く」ことになりましょう。この寝息を歌に使えば最も自然なブレスで歌えるというわけです。
 「スーと吸って、ハァーと吐く」のでは歌のブレスが続かないと心配するむきもありましょうが、呼吸だけのとき声門は開いているのでハァーと吐いてしまいます、しかし歌う場合、声門は閉じて居ますから驚くほどブレスは長続きするのです。
 声帯に息を送って音声を生む、いわば車のエンジンにあたる部分がブレスです。もともとブレスは人の身体に酸素を送り込むために必要とされた人間の機能ですから、乱暴な言い方をすれば呼吸ができていれば良いわけで、我々も普段どのように息を吸おうか、などと考えたことなどありません。
 人の呼吸は胸式呼吸であれ、腹式呼吸であれスーと吸ってハァーと吐く、胸式呼吸ならば拡げた胸郭を元へ戻す、腹式呼吸ならば収縮した横隔膜(お腹が出てきます)を元に戻すだけの行為ですので「スー、ハァー」型の呼吸にならざるを得ません。
 その中でも寝息などを考えれば、人にとって腹式呼吸が最も自然な呼吸であることが見えて来ます。
 歌におけるブレスのあり方を見てみましょう。寝息のようにスーと吸ってハァーと吐くのでは、到底歌などの長いフレーズを歌うことはできないと思うかもしれませんが、息をしているとき声門は開いているので、寝息の場合、スーと吸ってハァーと吐けます。しかし歌うとき声門は閉じているので、ハァーと吐こうにも吐くわけにはいかず、かなり長い間ブレスは続くものなのです。
 おまけに寝息は人にとって最も自然な呼吸法ですから、身体にとって一番リラックスした状態で歌に臨めるのは云うまでもありません。
 大きな声を出そうとして息の量を増やしたり、良く響く声で歌おうとして息の圧力を強めたりするような人為的なブレスコントロールから脱却するのが、良い声を作る一番の基本であると心がけることが大切です。
 こう考えてくると素晴らしい音楽を歌うためには、ブレスがいかに自然な形のものであるかが重大な役割を担っているのが見えてきます。
 歌に適した呼吸法は腹式呼吸が最適とされるのもこのような理由からで、胸郭の動きを制御する胸式呼吸よりも、横隔膜の収縮による腹式呼吸の自然な動きに任せた方が余程たやすく、デリケートに対応できるからでしょう。さらに云えることは、引き下ろした腹式呼吸の横隔膜の後ろの方を解き放すだけの単純な操作に任せるのが、上手く歌えるための鍵を握っていることに気付くはずです。


=「実用美声学」より=


 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事