ここから本文です
美声学ブログ(松尾篤興のブログ)
http://matsuoatsuoki0024.sitemix.jp/Sites/Site%20Folder/

書庫SanPino(団体)

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

=池田裕子ソプラノリサイタルを終えて=
このところSanPinoメンバーのリサイタルが続く。10月はこの池田裕子、11月が根本伸子、12月は多田美加。
これらのリサイタルを請け負ってみたものの、この間に私は動脈瘤の手術を受けなければならず、地上すれすれの低空飛行が続くことになろう。
先日、先ず第一弾は無事終了した。昔の知人も聴きにきてくれて評判もなかなか上々のようだ。たしかに聴いてくれた人達が云うように、このところ彼女の声は随分変ったと思う。
以前はちょっと奥気味のもっと薄めの声だったが、これらのデメリットは解消されている。中低音が軟弱で言葉も聞き取り難い部分があったが、これらも見事に克服されていて問題はない。高音域も以前よりは確かな響きがついてきて声の薄さも取れてきた。したがって声全体が昔よりは大きく、響いた声に感じられたのではなかろうか。
私ども声楽教師は、もともと、以前自分自身が歌手でこれらの人達と同じようにステージに立ち、演奏する立場にあった人間だが、一旦これらの歌手のステージを管理する立場となると、自分の身体のように自由な意志を持って彼女らを動かすわけにはいかなくなってしまう。またそれだけに自分には到底出来ないような事も可能になる事態すら起るわけだ。
指導者を意味する伯楽とは、もともと馬の目利きから発した言葉でもあるし、トレーナーも然り、調教師の意味を持つ。つまり言葉の通じぬ生き物でさえ訓練できる能力に長けていなければならぬのだから、カミサン一人すら意のままに動かせぬ私なぞ到底できる仕事ではないはずだが、請け負った仕事が上手くいった時は、まさに教師冥利に尽きると云うものだ。
彼女について今後幾つかの課題も残っていようが、これも私に課せられた課題でもあることを肝に銘じたい。
共演の清水良一氏に心より感謝の意を表する。
松尾篤興

SanPino10周年記念コンサート リハーサル

 5月10日(土)の本番まで残すところ僅かとなった。今回はいつもの個人申請の曲目ではなく、こちらで企画したオペラアンサンブルのプログラムだけに、始めはスケジュールの調整やキャスティングなどに多少の心配を抱いていたが、何とか本番までには目鼻がつきそうで最後のおいこみにも熱が入る。
 オペラアンサンブルとは云え、途中、アリアが入るものや20分ちかい長丁場のものまでがあり、アマチュアにとっては手ごわいものばかりだが、プロなみとはいかないまでもそれなりの雰囲気は楽しめるところまではきている。男声陣にそれなりの人材を配置したのも彼女達の支えのひとつにはなっているのだろうが、プロ連中と伍して戦っているなぞなかなか見上げた心意気で、本番の出来栄えが楽しみな部分もちらほら見え隠れする。

イメージ 1

フィガロの結婚より、伯爵(大西楠平)とスザンナ(日下部真弓)

イメージ 2

フィガロの結婚より、スザンナ(朽方あきの)とケルビーノ(酒井ゆき)

イメージ 3

フィガロの結婚より、スザンナ(村上友里江)と伯爵夫人(会田裕子)

イメージ 4

フィガロの結婚より、伯爵(雨谷善之)伯爵夫人(小黒喜代美)スザンナ(雨谷敦子)

イメージ 5

フィガロの結婚より、スザンナ(伊東順子)とマルチェリーナ(酒井ゆき)

イメージ 6

リゴレットより、公爵(田中良一)とジルダ(山下黄菜)

イメージ 7

椿姫より、ヴィオレッタ(多田美加)とジェルモン(雨谷善之)

イメージ 8

ボエームより、ロドルフォ(田中良一)ミミ(根本伸子)マルチェロ(雨谷善之)ムゼッタ(山本佑美)

イメージ 9

ボエームより、ロドルフォ(田中良一)とミミ(梶山百代)

イメージ 10
皆様の御来場をお待ち申し上げます。

グリーンベル女声合唱団練習風景

創立30周年を迎え、記念コンサートを控えたグリーンベル女声合唱団の練習を拝見した。
コンサートは日本合唱曲、歌劇「カルメン」抜粋、懐かしの名曲集、20曲余りと盛りだくさん。
団の平均年齢60歳は超えると云うことだが、そのエネルギッシュなパワーに圧倒されそう。
公演の成功を祈る。

イメージ 1

衣装合わせ

イメージ 2

カルメンより

イメージ 3

私が無駄口をたたいています

イメージ 4

マイフェアレディーより

イメージ 5

日本合唱曲より

イメージ 6

指揮者の小黒喜代美さんと打ち合わせ

イメージ 7

楽屋にて

イメージ 8
グリーンベルの皆さんと楽しい1日でした

SanPino演奏委員会

SanPino演奏委員会発足

10周年を迎え、次の新しい活動へ向けての新体制、SanPino演奏委員会が発足しました。
主宰者が任命した7人のメンバーによるもので、今後の演奏会の企画、人選などを決める重要な役割を担います。演奏委員以下の通り
雨谷善之、池田裕子、小黒喜代美、梶山百代、多田美加、根本伸子、松尾篤興。(アイウエオ順)

イメージ 1

4月9日(水)第1回の委員会を開き、今後の活動や演目について意見交換を行いました。(根本宅)

イメージ 2
決定事項については順次通達いたします。

チラシが出来ました

チラシが出来ました

2008年Gruppo SanPino10周年記念コンサートのチラシとチケットが出来ました。
3月30日(日)の練習のとき配布いたします。

イメージ 1

チラシの枚数を多く希望される方は事前に数をお申し出ください。

イメージ 2
各々15枚くらいはお渡しする予定ですが、枚数の多い方は事前に数をお申し出ください。

イメージ 3
練習時間は個々の開始時間厳守のこと。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事