ここから本文です
美声学ブログ(松尾篤興のブログ)
http://matsuoatsuoki0024.sitemix.jp/Sites/Site%20Folder/

書庫Essay(随筆)

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

和製デモクラシー

 和製デモクラシー

イメージ 1

私は1935年生まれ、昨年喜寿を迎えました。
太平洋戦争が始まったのは6歳の時、開戦直後は真珠湾攻撃で敵艦隊を殲滅した事で連日のようなパレード、提灯行列の戦勝ムードにまるでお祭りのような日々を過ごしていたのを覚えています。
生家は博多で料亭を営んでいましたので、いわゆる博多の町家造りと云うのでしょうか、二階建ての白壁造り、通りに面して格子のある窓、通りには木煉瓦が敷き詰められ、右隣には赤煉瓦の日本生命(現赤煉瓦文化館)向いは日本勧業銀行福岡支店(現みずほ銀行)左には博多の地酒、綾杉酒造の軒先の大きな杉玉は子供心に興味を引く飾りでありました。
賑やかな戦勝ムードに日が陰り始めたのは何時頃の事だったでしょう。アメリカ軍の爆撃機が日本本土に襲来するようになり、毎日のように空襲警報が発令される日が続くようになりました。
戦後になって知った事ですが、この時すでに日本の制空権は失われていたと云う事です。しかしそれでも大本営は日本軍の戦果が上がっていると発表し、国民も戦況が思わしく無いなどと考える余地すら与えられなかったのが実情でした。
やがて子供達は福岡市の外れ、六本松に疎開し、橋口町(現天神1丁目)にあった店は福岡大空襲のために焼失してしまいました。そして疎開先で聴いた玉音放送、何の事やらさっぱり分かりませんでしたが、戦争に負けた事を後で知りました。
アメリカ軍が日本を占領して子供達が最も喜んだのはアメリカのチョコレートやチューインガムが手に入るようになった事でしょう。それまで菓子は疎か、米さえも満足に食べる事は適わず、鉄道ひな菊(ぺんぺん草)を乾燥させ、粉にして焼いたパンや、さつまいもの蔓を湯がいて飢えを凌いだのです。
大人達にとって敗戦とは自分が信じていた大日本帝国の精神が全て崩れ落ち、それとは全く正反対の民主主義という思想が導入された事に対する戸惑いでした。
子供達の教育も朝礼で毎朝暗唱させられた教育勅語や修身の教科は無くなり、代わりに英語などの外国語の教科が取り入れられ、個人の権利や義務などの言葉が飛び交うようになったのも敗戦のお陰でしょう。
アメリカの食料支援で餓死寸前だった日本は息を吹き返し、戦後の復興に取り組んだのですが、肝心のデモクラシーの思想はアメリカの草案による日本国憲法に依存したままで、日本人が自分達の手で日本の民主主義を造り上げようとする姿勢や意欲はどこにも感じる事はできませんでした。
それだけではありません、アメリカ占領下の時代が続いた後、サンフランシスコ講和条約が結ばれ翌年の春、条約が発効したため、日本は独立国として世界に認められる事になったのですが、日本人の大部分が現在でも、この日を独立記念日だと記憶している人は余り見当たらないのです
なぜこんな事になってしまったのか、それは多分多くの人々が国家の独立を願う気持が薄かったのではないかと思われます。
つまり食料も憲法も平和もアメリカから与えられ、安穏と暮らせる占領下に於ける生活から独立国へ立ち上がるなどという勇ましい決断を下す必要もなかったでしょうし、戦争を起こした責任についても、極東国際軍事裁判が開かれ、何人かの被告人は処罰されたものの、国民一人一人に戦争を起こした事に対する総括はなされぬまま今日に至ってしまったのです。
今迄軍国主義の社会で過ごして来た生活が、敗戦を機に一転して個人の権利を最優先に置く民主主義へと移行するための心の準備や知識などが十分でないまま独立の日を迎えた人々は戦争の原因や善し悪しなどの整理もつかぬ間に今日まで生き長らえたため、政治に対する見る目を養わなかったのでしょう。
21世紀に入って日本の国民総生産は世界3位に上りつめました.日本人の勤勉さ就学率の高さにも因るのでしょうが、何よりも日本に繁栄を齎した原因は戦後、他国と紛争を起こさなかった事だと思います。
核兵器によって敗戦を強いられた日本人は世界で最も強力な兵器の洗礼を受けた唯一の国民であるのは紛れもない事実ですが、戦後幸いにして如何なる紛争にも巻き込まれなかったのは不安定な世界情勢が続いている現在、奇跡的幸運としか云いようがありません。
日本は世界の経済大国と云われるようになって久しいとは言え、現在、国家の台所はそれ程豊かではない事が分かってきました。歴代の内閣が赤字国債を発行し、膨大な累積赤字があるのです。
景気が右肩上がりの経済成長期では寧ろ赤字国債を発行してでもこれらを支える準備は必要だったかも知れませんが、世界的に見ても長いデフレ、不景気に見舞われている現在、安易に増税のみでこれらを解決出来るとは思えません。
世界的な不況の中で他国の紛争に巻き込まれる事はなかったものの、日本は度々大震災に見舞われました。そして平成の東日本大震災では地震、津波の災害に止まらず、福島第一原子力発電所ではメルトダウンの大事故に見舞われてしまったのは、弱り目に祟り目と云うか不運の限りと云わざるを得ません。原爆の被害に遇った国民がまたしても原発の被害を被る事になってしまったのは果たして自然災害と云えるものなのでしょうか。
戦後の日本の政治は55年体制と呼ばれたように自民党の政権が続いた事は日本の発展だけではなく、その陰の部分も作り出してしまいました。
官僚主導の政治体制、原子力発電の導入による各界の癒着、慢性的な赤字国債発行、数の論理が全ての民主主義、金権政治、言葉の置き換えによる本質の隠蔽政治、など枚挙に暇がありません。
こうなれば一党の長期政権が続く弊害が現われ始めるのも無理の無い話でしょう。それでも日本は戦後何回かの政権交代を経験したのですが、何れも短命に終っています。新しいものに対する警戒心の強い国民性が政権交代を難しいものにし、新しいものを育てようとする意欲的な考えよりは古くても安心感のあるものを選ぶとでも云うのでしょうか、寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、などの諺がこれらを言い表しています。 
これらの古い諺に示されるような日本人の感性、処世術は戦前の封建的な考えを引きずっているわけで、戦後日本に導入された民主主義は呼び名や形は民主主義であっても、その中身は以前と何ら代わり映えしない物の考え方と云えるのかも知れません。名付ければ和製デモクラシーでしょうか。
ではこの和製デモクラシーは何故生まれてしまったのでしょう。その原因は偏に国民が戦争を総括出来なかった事に因るものだと云えます。
我々は何時の世も政府に騙され続けて来ました。日本は神の国だから戦争に負ける筈はない、いざと云うときは神風が吹いて我が国を勝利に導くだろう。戦後は所得倍増計画、日本列島改造論、日本郵政改革、戦後レジームからの脱却、コンクリートから人へ、日本を取り戻そう、など耳に心地よい言葉の羅列で、全て実現されていれば日本は途方もない国家になっていた筈です。
なぜこのような虚言がまかり通ったか、全ては私達一人一人が戦争をどう捉え、総括したかの作業を果たさず、民主主義の根底理念を理解しないまま現在に至ったために、政治に対する関心、権利、義務などがないまま、選挙で1票を投じるだけの儀式化した民主主義のあり方しか身に付かなかったからではないでしょうか。
政府に騙されたとしたら、その政府を罵るだけではなく、どうすれば騙されないようになるかの算段をしなければならない。その智慧を持つ事が民主主義に於ける個人の重みを感じさせる1票となりうるのです。

16代アメリカ合衆国大統領、エイブラハム・リンカーン、ゲティスバーグの演説、and that governmentof the people, by the people, for the people, shall not perish from this earth.

この言葉に言い表された理念こそが民主政治の根幹をなすものとして、私達は今こそ改めて日本の政治を見つめ直し、即席の和製デモクラシーではない、本当の意味でのデモクラシーを日本に再構築する義務があると感じるのです。

(写真は木下恵介監督作品「陸軍」に出てくる我が家の映像です。白壁に「八百重」の屋号が見てとれます。写真右の女性は主演女優の田中絹代さん。)

開くトラックバック(0)

12月8日、今日は何の日

128日、今日は何の日

イメージ 1

 
今から71年前の昭和16128日、旧日本軍は宣戦布告の通告無しにハワイ真珠湾の米軍艦隊を急襲し太平洋戦争が勃発しました。以降昭和20815日の終戦までの間、日本は2発の原爆被害を受け、軍人1,740,955人、民間人393,000の犠牲者を出したのです。
大戦開戦の時私は6歳でした。小学校に入ったばかりの頃でしたが陸軍の兵隊がきて教育勅語を教えました。意味不明ではありましたが皆一生懸命暗唱したのを覚えています。
初めの頃は戦況が良かったのでしょう。戦勝パレードや提灯行列が行われるのが楽しみでもありました。
月日が経つにつれパレードや提灯行列も無くなり、防空訓練の日々に明け暮れるようになり、戦況も思わしくなくなったのでしょう、市街地のど真ん中にあった天神から南の市街地のはずれ、六本松という所へ疎開して間もなく福岡市は米軍の大空襲に遇い、博多の街は一面焼け野原になってしまいました。そしてその2ヶ月後には終戦を迎えたのです。
あれから半世紀以上の月日が経ってしまいましたが、一説には300万人とも云われる犠牲者を出したこの大戦は当時一億と云われていた日本人口の3%を失った事になるのです。
戦争は私達から色んなものと人々を奪いました。幸いと云おうか私の身の回りの戦没者は叔母さんのご主人だけでしたが、その事もあってか、終戦後も暫くはこの叔母さん一家と六本松の疎開先で同居していたものです。
 
戦争は終り、教育勅語を覚えた子供達は、新しい平和憲法と云うものが制定された事を知らされました。そこには鬼畜英米、一億火の玉、などと教わったキャッチコピーはなく、取って代わった言葉と云えば、基本的人権、世界平和、戦争放棄、などでした。
世の中は平和になり、経済は成長し日本も豊かになったのでしょう。終戦後に読み耽ったアメリカの漫画ブロンディに出てくるような電気冷蔵庫やテレビや乗用車、ダグウッドが食べる何十重ねのサンドイッチなどは決して夢ではない現実の日々が訪れるようになったのです。
経済大国とまでに云われるようになった日本、バブル景気が終り、リーマンショックの余波を被り、阪神淡路大震災に続いて東日本大震災の被害を受けました。右肩上がりの国力は何処へやら、国民の念願であったはずの政権交代は無残にも実を結ばず、景気の低迷と同時に外交問題も思う様な展開を見せてはいません。
世の中不景気になり外国との関わりが上手く運ばなくなってくると又候顔を出すのが国威高揚(国威発揚)の4文字でしょう。中国や韓国さらに北朝鮮の態度は余りにも怪しからん、日本も軍隊を持ち核兵器を開発してこれらの侵略行為を防ぐ抑止力を持たなければならない、と云うわけです。
自分の事は自分ですると云うのは古くから日本人の美徳とする所でありました。ですから国防問題も自力の軍隊と核兵器で抑止力を向上させようと云うのは日本人好みの威勢の良い言葉に違いありません。では果たして核兵器を持てば外国の侵略を防ぐ抑止力になり得るのでしょうか。
日本には自衛隊と云うものが1954年に設立されました。それまでは警察予備隊と呼ばれる小さな組織でしたが、今や戦車760両その他多数の火砲を所有する陸上自衛隊、ヘリコプター搭載空母、ミサイル搭載イージス艦、潜水艦など保有の海上自衛隊、F15など多数の戦闘機を配備した航空自衛隊。これらを諸外国の人々が目にすれば何と云うのでしょう.間違いなくArmyではないでしょうか。
だから名称は自衛隊であろうと国防軍であろうと、はたまた軍隊であろうと何の変哲もないではありませんか。世界の人々はこれらをJapanese Armyと呼ぶのですから。この呼び名が無いのは日本の辞書だけなのです。
そこで現在盛んに叫ばれている日本の抑止力ですが、幸いな事に現在世界で大戦と呼ばれる様な大掛かりな戦争は第二次世界大戦の終結以来勃発してはいません。しかし残念な事にテロによる武力行使や地域紛争は後を絶たないのです。これらの戦闘は核兵器ではない通常兵器による武力行使であるのをみると、流石にいくら緊迫した情勢でも核兵器を使用するような愚かな行為はどのケースを見ても行使しない智慧を人類は持っているものだと考えざるを得ません。
よしんば一方が核兵器を使ったとしましょう。だからと云って瞬時に報復の核兵器攻撃を仕掛けたならば両国とも崩壊の憂き目に遭う事は火を見るよりも明らかな事なのです。
アメリカ開拓史時代の銃社会を語るならば未だしも、やられる前にやるべきだ、と云う時代錯誤の考えは自殺行為そのものであると云う認識を持たない限り現在の核兵器に対する認識を有するとは云い難いのではないでしょうか。
こう考えてくると果たして核兵器の所有は抑止力に繋がるのでしょうか。未だに銃社会を容認しているアメリカは銃による死者数だけを取ってみても、銃を認めぬ日本の銃による死者数とは比べ物にならぬ位多い事を確りと認識しなければなりません。もしも核兵器を抑止力としてでも保有する事はそれだけ核戦争の危機を招く機会が増える事に繋がるのです。
世界は今、世界の国々が核兵器廃止へ向けて進んでいる現実を直視しなければなりません。国際連盟これは戦争の世紀と云われた20世紀を経験して来た国際社会の智慧であり、人類の英知なのです。
勢いのある言葉に乗せられて核兵器や軍事力の増強を容認してはいけません。彼等は有事の時と、ありもしない架空のシチュエーションを作り上げて軍事産業の普及による甘い汁を吸おうとするシロアリでしかない事を見極めるべきでしょう。彼等には愛国心のかけらもないのは疾うにお見通しで、更に云ってしまえば愛国心ほど厄介な代物は無い事はノーベル賞作家バーナード・ショウの次の言葉を見ればあきらかです。
「人類から愛国心を叩き出してしまわないかぎり、あなたがたは決して平穏な世界を持たないだろう」
 
 
 

開くトラックバック(0)

Azzurro Mazzuolaの呟き

Azzurro Mazzuolaの呟き No.2


イメージ 1

人々は名演奏家に憧れて教えを乞うが、
名演奏家を育てた人に教えを乞うのが
最も妥当である事に気付かない



イメージ 2

誰も地球上に実在する国境という線を見た者は居ない。
国境とは人間の勝手な妄想によるテリトリーである。




イメージ 3

傑出した指導者は、英知を持った人々によって選ばれる。

 



イメージ 4

馬鹿な連中がいくら自分よりましな者を選んだところで、
馬鹿馬鹿しい指導者が生まれるに過ぎない。




イメージ 7

真の国防とは兵器を誇示するのではなく、

確たる外交力を持つ事に他ならない。






イメージ 5

喧嘩はすべきだが、争ってはならぬ。




イメージ 6

再軍備の必要性を説く者は、軍需産業によって潤う一部のペテン師どもだ。




イメージ 8

動物は水場を共有するが、人間は領土を共有できない。





イメージ 9

ディテールに拘りすぎると、全体の流れを見失う。







開くトラックバック(0)

維新の会と太陽の党合流「脱原発」の文字消える(東京新聞)

イメージ 1


「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長と、「太陽の党」共同代表の石原慎太郎前東京都知事は十七日、大阪市内で記者会見し、太陽の党が解党して維新の会に合流することを正式発表した。代表に石原氏、代表代行に橋下氏が就任。第三極の結集を目指した東と西の雄が手を結び、知名度と発信力で活路を見いだそうとした形だが、政策の違いに目をつぶっての合流は、野合との批判が高まるのは避けられない。 (生島章弘)
石原氏 小異を捨てて大同団結し、最初の一戦を戦う。後は橋下氏にバトンタッチする。
橋下氏 心強い新代表を迎えた。燃え尽きるまで戦い抜く。
両氏は同日、大阪市で開かれた維新の全体会議で、エールを交換しあった。両党は合流に先立ち、八項目の政策で合意した。内容は石原氏が否定的だった消費税の地方税化が盛り込まれ、エネルギー政策では橋下氏がこだわっていた「脱原発」という文字が消えた。橋下氏は「一番見解の隔たりがある事柄については合意ができた」と胸を張ったが、選挙が近づき、慌てて持論を捨てて歩み寄っただけの印象だ。
この日、維新と、みんなの党(渡辺喜美代表)、減税日本(河村たかし代表)は、合流しない見通しとなった。だが橋下氏の政策は、石原氏よりも渡辺、河村両氏の方が近い。「小異」の二人を“捨て”て「大異」の石原氏と組んだことになる。
合流は、人間関係の不安材料もある。維新は、小泉改革を主導した竹中平蔵元総務相がブレーン。一方、維新の国会議員団の代表となった平沼赳夫・太陽の党共同代表は、竹中氏が主導する郵政民営化に反対して自民党を離党した。天敵ともいえる二人が合流により「呉越同舟」することになった。平沼氏は同日の記者会見で「竹中氏の主義主張が日本の国是にあうかという問題もある。今後、考えをぶつけていかなくてはならないと思う」と語り、依然としてしこりが残っていることをうかがわせた。急ごしらえで手を結んだ連携からは、早くも亀裂の芽が見える。

松尾篤興
折角大阪から新しい良い芽が出て来たと思ったが、石原慎太郎の我が儘な暴挙でこの芽を摘み取ってしまった。残念な思いだけが残る。
この老人は最後のご奉公などと云ってはいるが、この合併で何が生まれ何が失われたかの判断すらついてはいない。
彼の頭の中にあるのは政権を取るための方程式だけで、国民の声を代弁しようとする若者の理念を踏みにじってしまった。
云ってみれば自民党55年体制の数の論理だけの旧態依然たる政治手法が全てでしかない。
自分の愚かさを顧みる能力を失った老人は、せめて表舞台から去る賢さくらいは持っていて欲しかったのだが。
橋下徹も素人集団を抱えた台所事情に不安を抱いての連携だろうが、云ってみれば石原慎太郎の体の良い乗っ取り事件だったわけだから、選挙後の身の振り方を早々と考えておいた方が賢明というものだ。
この連携で日本維新の会を見限った若者がどれほど居る事か、石原慎太郎には分かるまい。





開くトラックバック(0)

夏目漱石読み返し

夏目漱石読み返し

イメージ 1

このところ漱石を読み返している。
流石文豪と呼ばれた作家だけに、文章の構成、表現力、簡潔さ、語彙、どれをとっても改めて勉強になる。
「坊ちゃん」から入って今は「吾輩は猫である」に取りかかっている。
坊ちゃんも初めのうちはメモ片手に語彙、表現などをチェックしながら読み進んだが、マドンナ事件辺りから話に引き込まれ、メモさえ忘れて一気に読み上げてしまった。
旧仮名遣い、旧漢字でもある事から辞書などの厄介になりながら読み返しているが、現代日本語のターニングポイントともいえる明治文学を改めて見直すべきだと実感した次第。






開くトラックバック(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事