全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

経験したことのないような暑さが続く今年の夏。一方、ぶな林やニッコウキスゲなどを撮影したカヤの平、ヒメボタルを撮影した白樺高原は、下界の猛暑からは想像できない程さわやかな空気に包まれ、まさに楽園でした。

夏企画第3弾は、昨年実施して好評だった「長岡まつり花火大会日帰り撮影会」。花火大会そのものが開催される8月2日と3日のどちらで撮影会を実施するかは、より写真撮影に適した条件が予想される日を7月31日までに判断し、決定いたします。

全国で最も人気の高い花火大会の一つ、長岡まつり大花火大会。打ち上げ場所が広範囲にわたることから、写真撮影は数キロメートル離れた高台の東山ファミリーランドから中望遠レンズで狙います。どうぞご期待ください。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

7月17日白樺高原、女神湖と白樺湖の間のからまつ平のヒメボタルの撮影に行ってまいりました。

三日月がだいぶ明るく感じる程の暗闇に悪戦苦闘しながらも、何とか撮影することが出来ました。一昨年に続いて2回目のチャレンジで、未だコツがつかみ切れていませんが、これからも何度もチャレンジしてまいりたいと思います。

(写真は15枚比較明合成)


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

カヤの平の広葉樹の森

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

7月14日、木島平村カヤの平撮影会の第2便を実施しました。

カヤの平は、主にブナ・ダケカンバ・カエデなどで構成された原生林が大きな魅力。広葉樹は、根付いた場所や風雪などの育った環境、他の木々とのせめぎあいによって、様々複雑で個性あふれる姿に成長していきます。人間でいえば高い免疫力を発揮しているように見えるコブだらけのブナ、雪の重みや強風で折れた枝からでも若芽を伸ばし、他の木に巻き付くように伸びているものもよく見つかります。

一本一本の木々を見つめていると、広葉樹の森には無限の魅力が詰まっているように思えてきます。そのようなカヤの平の森に、また季節を変えて訪れてみたいと思いました。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

多くの風景写真家の方々から絶賛されているフジフイルムのミラーレス一眼。この春開催し、好評をいただいた中判ミラーレス一眼GFX50Sに引き続き、今回はAPS-Cサイズのミラーレス一眼と交換レンズの体験フェア―を企画しました。7月13日(金)から23日(月)まで。

フジフイルムに限らず、ミラーレス一眼は「小型・軽量」に加え、他社製も含めたマウントアダプターを介すことによって様々なメーカーや古いレンズを使用できることも大きな魅力となっています。

今回は、富士フイルムメーカー販売会社より新製品も含め、ボディー3機種、レンズ12〜15本程度のデモンストレーション機材を展示。松尾カメラ店頭にて実写体験いただく予定です。フジノンレンズの高性能・高精細、写真を知り尽くしたフジフイルムならではの洗練された表現力の高さを、是非お確かめいただきたいと思います。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

多くの風景写真家の方々から絶賛されているフジフイルムのミラーレス一眼。この春開催し、好評をいただいた中判ミラーレス一眼GFX50Sに引き続き、今回はAPS-Cサイズのミラーレス一眼と交換レンズの体験フェア―を企画しました。

フジフイルムに限らず、ミラーレス一眼は「小型・軽量」に加え、他社製も含めたマウントアダプターを介すことによって様々なメーカーや古いレンズを使用できることも大きな魅力となっています。

今回は、富士フイルムメーカー販売会社より新製品も含め、ボディー3機種、レンズ12〜15本程度のデモンストレーション機材を展示。松尾カメラ店頭にて実写体験いただく予定です。フジノンレンズの高性能・高精細、写真を知り尽くしたフジフイルムならではの洗練された表現力の高さを、是非お確かめいただきたいと思います。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事