全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

5月16日から18日、2泊3日で福井県方面の撮影会に行ってまいりました。好天に恵まれ、緑あふれる季節の北陸路を堪能してまいりました。

最初に訪ねた日引の棚田があるのは福井県高浜町。17日が再稼働という高浜原発のすぐ隣の入江です。幸運にも田植えの様子にも出会い、豊かな農産物、海産物に恵まれ、原発に象徴される現代の経済優先社会とは対極にある、本来の豊かな生活を感じることができました。

初日の宿泊は、三方五湖の一つ日向湖の漁港。初夏はイカ漁のシーズンらしく、沖合には漁火を見ることができました。

今回の撮影会の一番の目的は龍双ヶ滝。到着した昼前の時間帯は光線状態も絶好。間近での撮影で、全体像で迫力ある撮影をするのは困難でしたが、部分ごとに見せる個性あふれる表情は、写真撮影にうってつけの素晴らしい被写体だと感じました。

夕日の撮影に挑戦したのは越前海岸。沖の磯、手前の漁船や沖合を航行する大型船のシルエットはまるで動く影絵の様。楽しい時間でした。



松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

上田プラザホテル エントランスの「まちなかギャラリー」で「日本の春・桜さくら展」と題して、15名の作者それぞれの感性でとらえられた写真作品20点を展示しています。
大型連休が重なり、地元の方はもとより県内外から訪れた多くの方々に楽しんでいただいております。

一言で「さくら」といっても様々。撮影する方も作品をご覧になる方も日本人は、それぞれの心の中に自分自身の「これぞ桜」といったものを持っているように思います。
樹齢何百年もの古木になると、世代を超えて地域に愛されながらも幾多の風雪に耐え抜いた証として、それぞれが強い個性を持っています。
「お花見」は春の一時の楽しみですが、写真は至福の時を留めてくれる。良いものですね。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

妙な月

イメージ 1

5月6日午後10時30分ごろ、今日は朧月夜かと上空を見上げると、おぼろ月とはまた違う、カエルの卵のような妙な輪をまとった月が浮かんでいました。

日本列島には黄砂がやって来ているとのこと。上空高く舞い上げられた細かい塵に水滴ができ、それが氷の結晶となって月の光を屈折させている・・・などとにわか科学者になった気分でしばし見上げておりました。

実は、今月下旬に迫った禁煙の国ブータンツアーに向けて禁煙チャレンジを初めて6週間。先日の松代寺町、今日の月夜でもそうですが、たばこに支配されている時にはあまり感じなかった「ゆったりとした時間」を楽しんでいる感覚があります。一方で緊張感の欠如に不安な場面もあるのですが、昔のネスカフェのCMのような「ゆったりとした時間」を一瞬でも感じることができる人生の方がいいような気がしています。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

信州松代散策

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

5月4日、松代を散策してまいりました。先月尋ねた新潟県十日町市の棚田は「松代(まつだい)」、今回訪ねた長野市内の真田の城下は「松代(まつしろ)」。紛らわしくはありますが、どちらも写真の被写体としてとても魅力的なところです。
すでに何度か立ち寄っている宝物館や文武学校は立ち寄らず、海津城から武家屋敷の面影をたどりながら寺町まで散策しました。

武家屋敷町には、真田昌幸の長女(信之・信繁のお姉ちゃん)の嫁ぎ先小山田家や真田の重鎮 矢沢家の立派な門構えが今も残っているのに感動。城下の北東を固めている寺の屋根には、「松代焼」の地にふさわしい立派な瓦やしゃちほこが載っています。
寺町の奥にある商家、旧金箱家は無料で解放されております。広い縁側の奥の障子が開け放たれた座敷で「杏おこわ」をいただきました。さわやかな酸味の杏を添えたおこわ、野菜たっぷりの椀物、小鉢、お漬物、デザート、飲み物もついています。どれも味わい深く、おもてなしの心に感謝感激。少量ながら、満腹以上の満足を味わうことができました。思い出に残したくなり、松代焼のご飯茶碗を購入してまいりました。

松代の宝物館や海津城周辺は人出がありましたが、寺町周辺は静かで、他ではあまり感じることができない「時を過ごす贅沢」みたいなものを感じることができます。松代は電車はなくなってしまいましたが、駐車場に困ることはまずありませんので、皆さん是非、お出かけになってみてください。


「寺町商家」のホームページ http://nagano-teramachi.com/

松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

まつだい&松之山

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨年に引き続き、4月18−19日、春のまつだい&松之山撮影会に行ってきました。
期待していた桜はまだ咲かず、春の空気と冬の空気が入り乱れて天気が目まぐるしく変わる中でしたが、昨年にも増して良い被写体に出会うことができました。

初日と二日目の両日とも立ち寄った美人林は、芽吹きの真っ盛り。

特に印象深かったのは2枚目の写真、松之山の湯山。儀明の棚田をあきらめて夕闇迫る時間帯に尋ねてみました。フィルムの仕上がりが楽しみです。

星峠では、日が昇るより先に霧が晴れてしまい雨も降りだしましたが、天気予報を信じて待つこと1時間。雲が切れ、吹き渡る風に田んぼがきらめく。大いに感動しました。


松尾カメラのホームページ http://matsuocamera.com

「真田坂Web」 http://sanadazaka.jp/

この記事に

開く コメント(0)

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事