素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 11

今回は11月23日に行なわれた、エリタージュでの第3回ナチュラルチーズ講座&ランチのご報告です。
ハウステンボスでは様々な体験プログラムが用意されています。木靴の絵付けであったり、アクセサリー作りであったり、オリジナルの香水作りであったり・・その時々により様々です。さらに会員用にはハウステンボスアカデミアで実に様々な講座が用意されています。
そして食に関しても、クッキングスクール(これはとってもお得で素敵です。レポもいろいろあります。)やカクテルセミナーやワインセミナーといった実にお得で素敵な講座が実施されることがあり、注目!です。
そして今回のエリタージュ!でのナチュラルチーズ講座&ランチです。    
第2回の講座については先にご紹介しましたが、今回は第3回。11月に行なわれていたのを今頃のご紹介ですが、第4回が1月21日に行なわれるので、その前にご紹介しておかねば。

10:30にシェヘラザードに集合し、エリタージュへ。今回は男性5名、女性14〜15名の参加。
今回も前回のように3種類のチーズが題材になっています。
・オランダ産 ゴーダ セミハードタイプ
・イタリア産 ゴルゴンゾーラ ブルーチーズ
・フランス産 モン・ドール ウォッシュタイプ

オランダを代表するチーズ、ゴーダチーズは外見でゴーダと判別できるように黄色いワックス(エダムチーズは赤い表皮)で覆われており、このワックスは食べる事はできるけれども美味しくないので、削って中だけ楽しむものだとか。いつも食べんといかんのかなぁ。。。と思っていたので、疑問が1つ解決です。この日のランチでは1年間熟成させたものを使っているとか。

3大ブルーチーズの1つゴルゴンゾーラはドルチェ(甘口)とピカンテ(辛口)の2種類があって、ドルチェはとてもクリーミーで食べやすく、ピカンテは風味豊かでしっかりとした味わいでロックフォールに似た印象のチーズだとか。今日のランチではこの2種類が食べ比べできるように用意してくださっているとか。楽しみ♪

モン・ドールはフランス、パリではクリスマスに欠かせない食材の1つだとか。知らなかったぁ。。トロトロのチーズのようです。

イメージ 1

楽しい講座の後は、お楽しみのランチです♪今日はどんな素敵な料理たちと出会えるのでしょう。。。
翌日同じ料理を楽しまれたguraさんのレポもあわせてご覧下さい。その際写真にマウスポイントを、私にはまねのできない楽しさです。(なんて事を書くとやり難いかな?)

パン&シャンパン

イメージ 2

パンは何種類か用意されているものから好みのものを選択。
 ※構成の都合でここに写真をおいていますが、実際にはアミューズの後に出されたと思います。
まずはシャンパン(ドリンクは別料金)で今日の日に乾杯!香りが良くキリッとした味わいです。

アミューズ

イメージ 3

アミューズは、レンコンとホタテのソーセージ仕立て
周りに白と黒のゴマをまとい、食感と風味が良くって美味。一口でなくなってしまうのが惜しい。。

自家製スモークサーモンとポテトの小さなガレット エイグレットソース

イメージ 4

スモークサーモンの上下をポテトではさんだガレット(円く薄いもの)。ポテトの焼き加減は上下で異なり、上はカリッと下はシャッキリ。スモークサーモンのしっとり感と塩気とのバランスが絶妙。
ソースは甘酸っぱいヨーグルトが入ったもので、マスの卵(ぷちぷちして美味)も添えてあります。このソースが素晴らしく私好み。

北海道産エクルヴィスと野菜のビスク ピストゥー添え

イメージ 5

ビスクとは甲殻類のスープ。
下にゴボウのピューレ。上に甲殻類を使ったスープ。上に浮いている緑色のものがピストゥーで南仏のバジル、松の実、オリーブオイルを混ぜたソースだとか。
甲殻類を使ったスープってのは旨みは出ているけど、臭みもってのがありますが、これは旨みだけを堪能できるスープで、ゴボウのピューレやピストゥーと一緒にいただくことで味わい風味に変化がでます。
野菜類(葱が甘い!)やエクルヴィスの身も入っています。アメリカ産のエクルヴィス(ザリガニ)はクサミがあるけど、北海道は阿寒湖のエクルヴィスはクセがなく臭みもないとか。実際にいただくと臭みはなく、ほっこりとして美味しい!って感じでした。

ワイン

イメージ 6

料理にあわせるようにグラスで白と赤をいただきました。
白ワインはシュヴァリエ・モンラッシュ95 香りがとっても良く、まろやかでコクがあり後口がまったり。。濃密な時間を感じさせる美味しさ。
赤ワインはシャトーマルゴーのセカンド2000

クミン風味のゴーダチーズ生地をのせた 仔牛フィレ肉のグリエ レフォールソース

イメージ 7

仔牛フィレ肉にゴーダチーズにクミンを混ぜ団子状にしたものを乗せたものとチーズをそのまま乗せたもの。いずれも美味。
レフォールソースはホースラディッシュ(西洋わさび)を使ったソース。
添え物の小松菜はシャクシャクと食感が良く、ほのかな辛味で食欲ア〜ップ!
マッシュルームの上にキノコを刻んだものをのせたものも旨い。

サラダ&チーズ

イメージ 8

姫大根のスライスをのせた(って写真では左に落ちてますが・・)サラダ。このスライスがお見事!
チーズはスプーンにのせてあるのがモン・ドール。ゴルゴンゾーラのドルチェとピカンテも。ピカンテとドルチェでは青カビの入り方が違いますね。
講座を思い出しながら、ふんふん・・と美味しくいただきました。こういうのって私には楽しい♪

クーベルチュール”マンジャリ”とフランボワーズのミルフィーユ

イメージ 9

クーベルチュールは聞いた事があるように思いますが、マンジャリって何じゃり?って思ったらチョコの種類だとか。若干の酸味があるといいます。
フランボワーズのムースとソースも使われています。

かわいい小菓子&コーヒー

イメージ 10

いつものように小菓子とコーヒー(私はコーヒーを選択)で余韻に浸ります。満腹♪満足♪

苦手な食材アレルギーなどがある方は、最初に伝えておけば違うものに替えていただくこともできます。素敵なランチですよ。

当初2月に予定されていました第4回は、1月21日(日)に行なわれます。
エリタージュ/ナチュラルチーズ講座&ランチ
  「世界中で1000種類以上もあるといわれているナチュラルチーズ。
  より美味しく、より本格的にナチュラルチーズを楽しむ為に、
  高級フレンチレストラン「エリタージュ」のサービススタッフが、特徴から味わい方に至るまで、
  わかりやすくレクチャーいたします。

  レクチャー後はナチュラルチーズを用いた料理を含んだ本格フランス料理のコースランチをご用意。

  アカデミックでグルメな午後のひと時をぜひお過ごしください。

 【期日】第4回は1月21日(日)
 【時間】11:00〜14:30 ※時間には余裕をみておいた方が良いです。 
 【定員】20名
 【料金】8,500円(税・サービス料込み)
    ※食事中のドリンク代は別途
 【内容】11:00〜 チーズ講座(約45分)
     12:00〜 ランチ 
 【予約】エリタージュ予約係 0956-27-0548
              ※上記リンク先オフィシャルサイトより抜粋引用してご紹介させていただいてます。 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

チーズ講座今日だったのですね・・。!残念。。どっちにしても今日は行けませんでした。。今日も素晴らしいメニューの数々。。。ワックスのことは珍しく母が知っていて食べずに済みました(・ω・;)今年も、カクテル講習会有ってくれると良いなぁ♪ハーフェンに行くようになって勉強してみたいなぁ〜と思っております。

2007/1/21(日) 午後 7:13 March 返信する

顔アイコン

Marchさん亀レスでごめんなさい。 チーズ講座今回も素敵でしたよぉ♪来年度もあると思いますので、機会がありましたら是非!ランチタイムはドレスコードもそれほど気にしなくて良いですから気楽に参加できて良いですよ。 ワックスは美味しくないなぁ・・と言いながら食べた事があります;; カクテル講座もリクエストしているのですが。。。またやってくれるといいですね!

2007/1/25(木) 午前 11:45 [ mattarinonbe ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事