素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ハウステンボスのフラッグシップホテル ホテルヨーロッパのアンカーズラウンジはいろんな表情をもっていますが、毎夜行われているウォーターコートコンサートも素敵に魅力です。
ホテルヨーロッパの内海に面したラウンジで開催される優雅なひととき。くつろぎの時間を、生演奏による楽曲でお楽しみください。

【時間】21:10(約50分間、途中インターバル10分間)
【場 所】ホテルヨーロッパ内アンカーズラウンジ
【チャージ料金(ドリンク別)】一般1,155円、場内ホテル宿泊者、会員577円 
ハウステンボスの夜は魅力たっぷり♪花火などのイベントの他にも、ナイトカヌーもありますし、魅力様々なバーも待っています。そのような中にあってもお勧めの1つが、このウォーターコートコンサート。

バーでのんべするか、ナイトカヌーするか迷うところですが、今回(母と一緒でした)のように同行者がある時はウォーターコートコンサートを利用する事が多いです。
テーブルの上のランプで照らされるシックな空間はムードたっぷり。
(私にとり)日常生活でコンサートを楽しむ機会って殆どありませんから、ここアンカーズラウンジでのウォーターコートコンサートは非日常の素敵な楽しみ。

コンサートの内容はその時々の演奏者により異なります。
サックスなどのブラスアンサンブルのコンサートだった事もありますし、
イメージ 6

   ※写真はH16.4.24.のもの
サックス、ギター、キーボード、ドラムのジャズコンサートだった事も。
イメージ 3

   ※写真はH16.11.3.のもの
バイオリンとピアノの事もありますし、
イメージ 4

   ※写真はH17.9.22.のもの
弦楽四重奏の時も
イメージ 5

   ※写真はH18.12.23のもの
様々な組み合わせ、様々な演奏者が、様々な曲を楽しませてくださいます。

私にとってはなんといってもH15年夏のハヴィエル・オルモ氏とプライアン・ロベルト・ウィ・ロメーロ氏によるコンサート。オルモ氏の素晴らしい、ゾクゾクするような神々しいばかりの歌声とロメーロ氏の生ギター。これほど感動したコンサートは私は他に知りません。
名曲シボネイなどは、クラブトロピカーナで来られていたキューバのダンサーの方が聴きながら涙を浮かべていたのが印象的でした。
たまたまシェヘラザードで耳にして痺れてしまいました。当時の私はまだまだハウステンボス入門者。シェヘラザードの魅力で通うようにはなっていましたが、まだまだ。。。
という事で写真も撮っていないのが今となってはとっても残念。
可能な限りこの素敵な体験に浸っていたくて一夏に10回(うち1回はデハールでのもの)コンサートを楽しみました。この経験がハウステンボスに本格的にのめり込む決定打になったように思います。

このコンサートについてはchibaさんもレポされています。

いまだにこれ以上の体験はしていません(出来ることなら再び・・・って思いますが)が、毎回ウォーターコートコンサートは楽しませてくれます。

今回はバイオリンとピアノのコンサート。
イメージ 2

以下は6月2日に利用した際のプログラムです。
First Stage    21:10〜
1.ユーモレスク:ドヴォルザーク
2.ギターラ:モシュコウスキー
3.プレリュード嬰ト短調:ラフマニノフ(ピアノソロ)
4.フォックス ダンス:ヴェイネル
5.ツィゴイネルワイゼン:サラサーテ

Second Stage   21:40〜
1.アンダルシアのロマンス:サラサーテ
♪ リクエストタイム
2.ハンガリー舞曲 第五番:ブラームス
これらをドリンクをいただきながら楽しみます。
ドリンクメニューはがいーど!をご覧ください。ドリンク代は上記チャージ料金とは別になります。

リクエストタイムはキャストによりある時と、ない時がありますし、リクエストメニューも異なります。
今回のリクエスト曲のリストは次のようなものでした。
1.G線上のアリア:バッハ
2.フーガ変ホ短調:バッハ
3.プレリュード:バッハ
4.愛の挨拶:エルガー
5.美しく青きドナウ:シュトラウス鏡
6.春の声:シュトラウス鏡
7.アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章:モーツァルト
8.アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第2楽章:モーツァルト
9.アニトラの踊り:グリーグ
10.別れの曲:ショパン
11.小犬のワルツ:ショパン
12.花のワルツ:チャイコフスキー
13.カンツォネッタ:チャイコフスキー
14.マドリガル:シモネッティ
15.美しきロスマリン:クライスラー
16.魅惑のワルツ:マルチェッティ
17.カノン:ヨハン・パッハベル
18.交響詩「モルダウ」:ベドジフ・スメタナ
19.カンタービレ:パガニーニ
20.セレナーデ:リッカルド・ドリゴ
21.剣の舞:ハチャトゥリアン
22.メヌエット:ジョルジュ・ビゼー
23.ジェラシー:ヤコブ・ガーデ
24.リベルタンゴ:アストル・ピアソラ
25.アラベスク 第一番:クロード・アシル・ドビュッシー
26.亜麻色の髪の乙女:クロード・アシル・ドビュッシー
27.パリの空の下:ビューバトゥ・ジェロ
28.だったん人の踊り:アレクサンドル・ポルフェヴィッチ・ポロディン
29.エーデルワイス:リチャード・ロジャース
30.カン・カン:オッフェンバック
31.めぐり逢い:アンドレ・ギャニオン
32.青春の輝き:リチャード・カーペンター
33.星に願いを:レイ・ハーライン
34.ムーンリバー:マンシーニ
35.マイ・ウェイ:ルボー
36.踊り明かそう:フレデリック・ロー
37.イパネマの娘:アントニオ・カルロス・ジョビン
38.イエスタディ:ビートルズ
39.この素晴らしき世界:ボブ・シール
40.素晴らしき日々へ:岩代太郎
41.見知らぬ国と人々について(子供の情景より):ロバート・アレクサンダー・シューマン
42.ハバネラ(歌劇「カルメン」より):ビゼー
43.「屋根の上のバイオリン弾き」より もしも金持ちなら:ジェリー・ボック
44.「ドクトル・ジヴァコ」より ララのテーマ:モーリス・ジャール
45.メモリー(「キャッツ」より):アンドリュー・ロイド・ウェバー
46.オペラ座の怪人:アンドリュー・ロイド・ウェバー
47.タイスの瞑想曲:マスネ
48.メヌエット:モーツァルト
49.愛の悲しみ:クライスラー
50.チャルダッシュ:モンティ
なかなかに聴かせてくれるコンサートでした。
ちなみにこのお二人はロビーでの生演奏でも素敵な音楽を披露して下さっています。
イメージ 7

機会がありましたら、是非!
このコンサート、時期にもよりますが、多客時は満席の事も少なくありませんから、事前に予約された方が宜しいかと思います。予約時期が早い方がより良い席で楽しめるかもしれません。
予約は総合予約センターやカスタマーズデスク、ホテルフロントなどを通じて行う事ができます。直接アンカーズラウンジで予約する事も。

料金の支払いは通常、コンサート終了前後にテーブルで、チャージ代・ドリンク代あわせての支払いとなります。

場内ホテル宿泊者以外でも利用できます。そのような(場外ホテル宿泊や日帰り)場合、その旨伝えておけばコンサート終了後車で送っていただける場合もあります。予約時にでも問い合わせてみられるとよろしいかと思います。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

まだ、体験した事がありません(^_^;)シェヘラザードで聞かせて頂く事はちょくちょくあるのですが・・。。今度、行ってみたいです☆

2007/6/7(木) 午後 9:34 March 返信する

顔アイコン

Marchさん、シェヘラで聴くのも素敵ですが、アンカーズでってのもとっても良いですよ。ハウステンボスのナイトタイムはいろんな過ごし方があって迷っちゃいますが、時にウォーターコートコンサートを楽しむのもとっても優雅に大人の時間を楽しめる感じでお勧めです。機会がありましたら是非♪

2007/6/9(土) 午後 9:57 [ mattarinonbe ] 返信する

顔アイコン

一般的なテンボスでの過ごし方しかしないみひろからしたら、贅沢過ぎるシチュエーション♪ピン〜キリって感じ!癖になったらヤヴァイです〜〜〜!

2007/6/13(水) 午前 3:12 [ bgp*i*ater*om ] 返信する

顔アイコン

みひろさん、コメントありがとうございます。このウォーターコートコンサートは日帰りでも楽しむことができますので、機会をみつけて是非!お楽しみくださいませ♪ハウステンボスと音楽、素敵に似合います。

2007/6/14(木) 午後 2:26 [ mattarinonbe ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事