素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1月13日に久々にウォーターコートコンサートを楽しんできましたので、以前の投稿の改訂版をアップします。

ハウステンボスのフラッグシップホテル ホテルヨーロッパのアンカーズラウンジはいろんな表情をもっていますが、毎夜行われているウォーターコートコンサートも素敵に魅力です。
ホテルヨーロッパの内海に面したラウンジで開催される優雅なひととき。くつろぎの時間を、生演奏による楽曲でお楽しみください。

【時間】20:10〜(約50分間、途中インターバル10分間)
  ※現在は冬時間で、花火の時間も通常より1時間早くなっています。3月からは通常の21:10〜22:00になると思います。
【場 所】ホテルヨーロッパ内アンカーズラウンジ
【チャージ料金(ドリンク別)】一般1,155円、場内ホテル宿泊者、会員577円 
ハウステンボスの夜は魅力たっぷり♪花火などのイベントの他にも、ナイトカヌーもありますし、魅力様々なバーも待っています。そのような中にあってもお勧めの1つが、このウォーターコートコンサート。いろいろな楽しみがあるがゆえに、利用する機会も多くはないのですが、ここって時に利用する、利用したくなるのがウォーターコートコンサートです。

テーブルの上のランプで照らされるシックな空間はムードたっぷり。
(私にとり)日常生活でコンサートを楽しむ機会って殆どありませんから、ここアンカーズラウンジでのウォーターコートコンサートは非日常の素敵な楽しみ。

コンサートの内容はその時々の演奏者により異なります。
過去のコンサート内容につきましては以前の記事で少し触れていますが、今回は最も多いと思われるパターンで、バイオリンとピアノによるものでした。
イメージ 2

 ハンガリーの方によるバイオリン(ボラシュ氏)とピアノ(アルパート氏)によるもので、なかなかに素敵なコンサート。
 今回のプログラムは、次のようなものでした。
First Stage
1.愛の悲しみ : クライスラー 
2.イブニング・イン・ザ・ビリッジ : バドッグ 
3.グランドワルツ(ピアノソロ) :ショパン 
4.セレナーデ : シューベルト 
5.センチメンタルワルツ : チャイコフスキー 
6.ハンガリー舞曲第6番 : ブラームス 

Second Stage 
1.フォックスダンス :レオ・ヴェネル 
♪リクエストタイム 
2.チャルダッシュ : モンティ
セレナーデとかチャルダッシュとか大好きな曲で嬉しい。

イメージ 3

 これらをドリンクをいただきながら楽しみます。
ドリンクメニューは「がいーど!」をご覧ください。ドリンク代は上記チャージ料金とは別になります。

リクエストタイムはキャストによりある時と、ない時がありますし、リクエストメニューも異なります。
今回のリクエスト曲のリストは次のようなものでした。
Request Song Menu
1.愛の挨拶 : エルガー 
2.美しく青きドナウ :シュトラウス 
3.別れの曲 :ショパン 
4.カンツォネッタ : チャイコフスキー 
5.交響詩「モルダウ」 : ベドジフ・スメタナ 
6.カンタービレ : パガニーニ 
7.リベルタンゴ : アストラル・ピアソラ 
8.アラベスク第一番 : クロード・アシル・ドビュッシー 
9.亜麻色の髪の乙女 : クロード・アシル・ドビュッシー 
10.イパネマの娘 : アストラッド・ジルベルト 
11.イエスタデイ : ビートルズ 
12.めぐり逢い : アンドレ・ギャニオン 
13.マイウェイ : フランク・シナトラ 
14.メモリー : アンドリュー・ロイド・ウェバー 
15.タイスの瞑想曲 : マスネ 
16.ワット・ア・ワンダフル・ワールド : ルイ・アームストロング 
17.アイ・ゴット・リズム : ガーシュイン 
18.二人でお茶を :ビンセント・ユーマンス 
19.カロ・ダブル : コダリ 
20.ドリーム・オブ・ラブ : リスト 
21.ラ・クンパルシータ : マトス・ロドリゲス 
22.踊り明かそう : フレデリック・ロー 
23.ユーモレスク : ドボルザーク 
24.永遠に : ゴスペラーズ 
25.美しきロスマリン : クライスラー 
26.セレナーデ : リッカルド・ドリゴ 
27.マドリガル : シモネッティ 
28.帰れソレントへ : エルネスト・デ・クルティス 
29.ソルベグの歌 : グレッグ 
30.オーソレミヨ : ナポリ民謡 
31.ルーマニアン・フォーク・ダンス :バドック 
32.ムーン・リバー : マンシーニ 
33.青春の輝き : リチャード・カーペンター 
34.エーデルワイス : ハマースタイン 
35.アベマリア : バッハ 
36.アベ・マリア : シューベルト 
37.白鳥 : サン・サース
 リクエストしたい場合は、挙手をし、当てられたら番号を告げます。番号は出来れば英語で伝えるのですが、日本語でもOK。日本語の場合、アンカーズのスタッフの方が英語に直して伝えてくれます。

イメージ 4

 この日のリクエストは「青春の輝き」「リベルタンゴ」「アベマリア(バッハ)」「交響詩モルダウ」「ムーン・リバー」ときて、ラストは「イエスタデイ」。。。ときて最後のチャルダッシュになるところが。。は〜いと可愛らしいリクエストの声♪ちょっとためらいつつもリクエストにこたえていたのは微笑ましい感じ。

 アンコールは(その時のキャストにより)ない事も多いのですが、この日は2度こたえてくれてその点でも大満足。
イメージ 5

このコンサート、時期にもよりますが、多客時は満席の事も少なくありませんから、事前に予約された方が宜しいかと思います。予約時期が早い方がより良い席で楽しめるかもしれません。
予約は総合予約センターやカスタマーズデスク、ホテルフロントなどを通じて行う事ができます。直接アンカーズラウンジで予約する事も。

料金の支払いは通常、コンサート終了前後にテーブルで、チャージ代・ドリンク代あわせての支払いとなります。

場内ホテル宿泊者以外でも利用できます。そのような(場外ホテル宿泊や日帰り)場合、その旨伝えておけばコンサート終了後車で送っていただける場合もあります。予約時にでも問い合わせてみられるとよろしいかと思います。

ハウステンボスならではの夜を優雅に過ごしてみませんか。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事