素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 ぼやぼやしているうちに半年以上が経過してしまい、今更の感ありますが、今年の2月24日にハウステンボスはホテルヨーロッパの鉄板焼 戎座で初のワイン会が開催されましたので、(素晴らしかったという事は確かなのですが、細部の記憶はかなり怪しくなってきているのですが。。。)振り返っておきたいと思います。
 
                 戎座 ワイン会 〜日本のワインと鉄板焼〜
 鉄板焼 戎座にて、初となるワイン会を開催します。今回は、厳選された日本のワインを5種、ご用意致しました。目の前で繰り広げられる洗練された技とともに、選び抜かれたワインを心ゆくまでご堪能下さいませ。
【日時】 平成25年2月24日(日) 受付時間 17:00 開宴 17:30
【料金】 ¥20,000(税・サービス料込)
 
 
イメージ 2
 
 この日用意されていたワインは。。。
Japanese Wine Collection
Sparkling Wine
グラン・キュヴェ・ノボ・ブリュット 1998
【ココファームワイナリー】

White Wine
甲州穂坂収穫 2011
【シャトー・マルス】
信州シャルドネ 樽仕込 2010
【ソラリス】
 
Red Wine
第一楽章 2008
【ココファームワイナリー】
桔梗ヶ原メルロー 2005
【シャトーメルシャン】
イメージ 3
 
 お料理のメニューは。。。
Menu
先付け
白魚踊り食い

八寸
金子このわた 甘海老このわた 鰯小袖寿司 自家製唐墨
はたはた唐揚げ 帆立雲丹和え 島らっきょう金山寺味噌和え

焼き野菜
長芋 早蕨 天豆 人参 ブロッコリー

焼き魚
ずわい蟹 まて貝

サラダ
紅芯大根 芽甘草 菜の花 カリフラワー 新若布 鈴ラディッシュ パプリカ

肉料理
長崎和牛(シャトーブリアン・サーロイン)

御飯物
戎座オリジナル松葉蟹のガーリックライス 蛤コンソメスープ

甘味
蜜柑ゼリー 苺 チョコレート羊羹 ミント
 

Sparkling Wine

イメージ 4

グラン・キュヴェ・ノボ・ブリュット 1998
【ココファームワイナリー】

 
イメージ 5
 
 ココファームワイナリーの存在を知って以来そのワインを是非飲んでみたいものと、思っていました。
この様な書き方をすると失礼かとも思うのですが、「1950年代に、特殊学級の中学生たちによって開墾された葡萄畑が、私たちのワインづくりの原点」で、「知的な障害を持つ人たちの自立を目指してつくられたこころみ学園のワイン醸造場」というワイナリー。ハウステンボス美術館でのナイーブアート展以来ねむの木をひそかに(ってここに書いたらちっとも密ではありませんね)応援するものとしては見過ごしできないワイナリー。
 上記リンク先には次の様な文章が
1950年代、少年たちによって開かれた山の葡萄畑は、開墾以来、除草剤が撒かれたことがありません。この山の麓のココ・ファーム・ワイナリーは1980年に誕生し、2007年より100%日本の葡萄からワインをつくっています。自家畑では化学肥料や除草剤は一切使わず、葡萄をワインにする醗酵もすべて野生酵母(天然の自生酵母)によるもの。“こんなワインになりたい"という葡萄や酵母の声に耳を澄ませ、その持ち味を生かすことはこころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリーのワインづくりのあり方です。
 
 障害と共に生きるからこそ、「こんなワインになりたい」という葡萄や酵母の声に真摯に耳を済まされるのでしょう。
 
 ここにご紹介するワインは、葡萄づくりに、ワインづくりにがんばってきた知的障害の仲間たちが、のんびりと葡萄畑で自分にあった仕事−草取りや、石拾いや、カラス追い−をしながら、自然に囲まれて、安心して年をとっていけますよう、そんな願いが込められています。

 歳をとることは明日があること、明日があることが続くと、おじいさんやおばあさんになること。
 
 グラン・キュヴェ・ノボ・ブリュットの「ノボ」は「日は昇る」からきているとか。きっと簡単には書けないほどの苦労と試行錯誤の日々があった事でしょう。そして2000年の沖縄サミットで、ココ・ファーム・ワイナリーの発泡酒NOVOが使用されるという日の目を見ています。
 
個性的な辛口のスパークリングで、背景を知らずとも好きになる味わいでした。
 

先付け

イメージ 7
イメージ 8
 
白魚踊り食い
 
 春の風物詩。いただくのにはちょっと覚悟がいる(あくまでも個人的な想いですが)一品です。冬を乗り越え、春を迎えた際に、この命をいただく事は、これからの1年を、彼らの分も大切に過ごさねば、そう想わせる一品です。
 

八寸

イメージ 9
 
金子このわた 甘海老このわた 鰯小袖寿司 自家製唐墨
はたはた唐揚げ 帆立雲丹和え 島らっきょう金山寺味噌和え
 
イメージ 10
 
自家製唐墨 鰯小袖寿司
 
イメージ 11
 
甘海老このわた
 駄目ダメな写真ですが、料理は素晴らしい!甘海老にこのわたを合わせて豆板醤か何かで調味されているのでしょうか。甘さと辛さと磯の風味が口中に広がる素敵な肴でした。
 
イメージ 12
 
金子このわた
 アップするのが気が引ける様な写真が続きますが。。。これは自家製だとか。良質で柔らか。
 
イメージ 13
 
帆立雲丹和え
 コメントするまでもなくいい肴。 
 
イメージ 6

島らっきょう金山寺味噌和え はたはた唐揚げ
 はたはた唐揚げも美味しいのですが、個人的に意外だったのが島らっきょう。らっきょうは好まないのですが、コレ旨い!
 

White Wine

イメージ 15
イメージ 14
 
甲州穂坂収穫 2011
【シャトー・マルス】
 
 「甲州」は遠い祖先はヨーロッパ原産とも言われているようですが、1300年の歴史を持つという日本独特の品種。日経新聞によると、「甲州」は2010年にEUで葡萄の品種として登録(登録されていないとEUで販売する際にブドウ品種としてラベルに記載できないとか)され、「日本料理とマッチするその味わいの評価が高まっている」とか。記事には次の様な記載も。
日本産ワインの魅力は欧米のワインにはない独特のキレだという。フランス料理は濃厚なソースで余韻が残る料理が多いが、日本料理は一品一品で味わいが完結するのが特徴。「だから日本料理にあわせるワインはキレが大切。日本産にはそれがある。同じ土地で採れる食材を使っているからではないか」
 
 「穂坂産甲州種の個性を最大限に引き出すため、厳密な発酵管理 を行ない、フランス産樫樽で熟成」させてあるようですが、樽由来の色合いは淡く透明感があります。味わいはナチュラルで気持ち辛口かな。
 

焼き野菜

イメージ 16
 
 人参とブロッコリーがお行儀よく並んでいます。
 
イメージ 17
イメージ 18
 
長芋 早蕨 天豆 人参 ブロッコリー
 いずれも良い素材ですが、中でも長芋と人参がお気に入り。人参はとっても甘くて、苺と同じくらいの糖度があるのだとか。
 

焼き魚

イメージ 19
 
参加者16名分のずわい蟹。松元料理長がさばいて下さいます。
 
イメージ 20
 
 
イメージ 22
 
 調理中に登場した次のワインは。。。
 ※デキャンタの向こうに見える鍋はこの後にいただくメイン料理が既に調理中。

White Wine

 
 
イメージ 21
 
信州シャルドネ 樽仕込 2010
【ソラリス】
 マンズワインの国産プレミアムワインシリーズがソラリス。徹底的にこだわり、葡萄の出来の悪い年には造らないといいます。外務省が外国からのお客様の為に購入しているとか、フランスのトップソムリエらが純国産ワイン36本のうち、赤の「最際甲州2007年(ダイヤモンド酒造)」とこの信州シャルドネ樽仕込みを5つ星評価したというエピソードも。
 ソラリスシリーズは、もともと評価の高かったのが、神の雫で取り上げられてから爆発的に売れて入手困難になったとの話も。日本のワインと言わなかったらわからないクオリティのシャルドネです。

焼き魚

イメージ 23
 
まて貝
 
 「まて(真手)」は「両手」の事で、「殻の両側から足と水管を出しているのが、左右の手のように見えるから」等、その名の由来にはいつくか説があるようですね。貝の旨みにバターの風味が効いていて、独特の食感も楽しく。
 
イメージ 24
 
ずわい蟹 
 
  繊細な味わいと甘味はさすがの美味しさ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事