素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 いよいよ吉翠亭へ。

日本料理とワインの夕べ 和飲会

イメージ 2
イメージ 3

 この日の和飲会は山梨のマルスワイナリーのワインと吉翠亭の料理のマリアージュを楽しむというもの。
マルスワイナリーは鹿児島に本社を持つ本坊酒造(貴匠蔵などのいい焼酎を造っています)が1960年に山梨に設立したワイナリー。
 本坊酒造、マルスと言えば思い出すのは、以前シェヘラザードでいただいた


マルス モルテージ 3plus25 28年
  WWA世界最高賞受賞&IWSC最高銀賞受賞したという「マルス モルテージ 3plus25 28年」は「鹿児島と山梨より引き継いだ3年熟成のモルト原酒を、長野の地で再び25年間樽熟成したピュアモルトウイスキー」で、なかなかのものでした。
 今回の和飲会にはマルスワイナリーの方も来られていて、いろいろと興味深いお話を伺うことができました。
山梨で55年前からワイン造りを行い、長野で30年前からウィスキーを造っておられるようで、ウィスキーが素晴らしかっただけに、今回いただくワインもとっても期待していました。
 HPを拝見すると
この地の土壌と気候に謙虚に耳を傾け続け、世界に通じるワインを目指してきました。
「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、穂坂地区(韮崎市)、石和地区(笛吹市)、白根地区(南アルプス市)、御坂地区(笛吹市)、牧丘地区(山梨市)を中心に、山梨の土壌が育む葡萄からCh.Mars(シャトー・マルス)シリーズに代表される、自然が豊かに薫る格調高いワイン造りに尽力しています。

 ○葡萄の味と香り ○発酵により出てくる味と香り ○貯蔵によって出てくる味と香りを大切に、土地・風土の味を表現していきたいとおっしゃっておられました。
 山梨という土地は3000メートル級の山々に囲まれた盆地で、雨があまりふらず日照時間が日本で最も長く、その分糖分が多くなり、湿気が少ない事で病気が少ない(葡萄が水分を多過ぎると身割れして、そこから水分が入って病気になるといったお話だったかと)、扇状地の水はけの良い土壌で、葡萄が根を長く張り養分を取る、葡萄造りにおいて恵まれた環境だという事でした。

この日のワインリストは
 1.穂坂日之城 ヴィオニエ 2007              白 極甘口
 2.穂坂シャルドネスパークリング 2008          白 泡 辛口
 3.穂坂日之城シャルドネ 2009               白 辛口
 4.シャトーマルス 白根甲州シュールリー 2014     白 辛口
 5.シャトーマルス カベルネ・ベリーA 穂坂収穫 2014  赤 ミディアムボディ
 6.穂坂日之城 キャトル・ルージュ 2013          赤 フルボディ
 7.牧丘甲州スパークリング 2014              白 泡やや甘口
 7種類ものワインを楽しむことが出来るという事で、わくわく感がたまりません。上記の様に山梨の各地に自社農場を持っておられるようですが、この日は「穂坂」「白根」「牧丘」のワインを楽しませていただきました。それぞれどの様なワインなのか興味津々でした。

イメージ 4

 お品書きは
 
先付け  葡萄とフォアグラの白和え
 前菜   鮑の溜り漬け 秋鱒冷燻梨酢掛け 蛸小倉煮 秋刀魚酢橘寿司
       烏賊唐墨粕漬け 秋茄子海老煮 陸蓮根昆布締め
 造り    特製カルパッチョ
 椀物   枝豆擂り流し 雲丹豆富 紅葉麩 公孫樹南瓜 キャビア 松茸 柚子
 焼物   鮎栗潤香味噌田楽 茸天 秋茗荷
 肉料理  和牛三種(鹿児島・長崎・宮崎) ワイン醤油たれ焼き
       京かんざし ガーリックフライ 柿玉子 いくら霙和え 稲穂
 御飯物  丸御飯 鱶鰭餡掛け 露生姜
       香の物三種
 甘味   無花果甲州煮 アングレーズソース 薄荷

 ワインに合う日本料理という事で松元料理長もいろいろと苦心されたことと思いますが、きっと素晴らしいお料理をいただけるものと、お品書きを見ながら確信しておりました。

穂坂日之城 ヴィオニエ 2007


イメージ 5

穂坂日之城 ヴィオニエ 2007

 自社農園「穂坂日之城農場」産ヴィオニエ使用。ハチミツやマンゴー、ドライプラムや桜桃のような芳醇な甘い香り。非常に濃厚ながら繊細でまろやか。
 ※2005年ヴィンテージは2008年北海道洞爺湖サミット昼食会にて採用

 ヴィオニエは「にフランス・ローヌ地方で栽培される、強い芳香が特徴の葡萄品種」で、ヴィオニエを前面に出している日本のワイナリーは「うちだけ」とおっしゃられていました。
 アイスワインと同じ様な造り方をされているのでしょうか「圧搾時の果汁糖度は42%という高い物となり、この果汁を低温でじっくりと醗酵させた後、二空き樽にて約12ヶ月の樽熟成を行なっています。凝縮した果実香と濃密な甘さが特徴の」デザートワインで、デザートワインからスタートするというのは意表を突かれた感があります。
 先付にフォアグラが使われていましたので、フォアグラとの相性(フランスでフォアグラとソーテルヌはベストマッチだとか)で、ヴィオニエスタートになったようですが、香り良く味わい良しでデザートワイン好きな私にはご機嫌の一杯でした。
先付

イメージ 6

葡萄とフォアグラの白和え

イメージ 7

 ワインに合うものという事でフォアグラと葡萄が使われており、普通の白和えだと甘みが強くなり過ぎるのか、ここでは米酢(だったでしょうか)を加え酸味を与えた「白酢和え」になっています。

 ヴィオニエといいスタートからニコニコになる美味しさでした。

穂坂シャルドネスパークリング 2008


イメージ 8

穂坂シャルドネスパークリング 2008

自社農園「穂坂日之城農場」産シャルドネを使用。白い花、アーモンド、ナッツ、バニラ等複雑なニュアンス。キメ細かい泡立、豊かでエレガントな味わい。
※日本ワインコンクール2015 金賞(2年連続)

 写真ではわかりません(すでにある程度飲んだ段階の写真なので)が、泡立ちがクリーミーでシャルドネの活きた味わいでなかなかのスパークリングでした。

前菜


イメージ 9

前菜   鮑の溜り漬け 秋鱒冷燻梨酢掛け 蛸小倉煮 秋刀魚酢橘寿司
       烏賊唐墨粕漬け 秋茄子海老煮 陸蓮根昆布締め


イメージ 10

秋鱒冷燻梨酢掛け

 秋鱒を低温で燻製したものでしょうか。土佐酢と梨をすったものを合わせたものを掛けいくらを散らしてあります。

イメージ 11

秋刀魚酢橘寿司
 紙塩して酢橘の絞り汁で〆てあったようですが、もっと食べたい一品。

イメージ 12

イメージ 13

陸蓮根昆布締め 秋茄子海老煮
 それぞれにいい味わいで、特に茄子が美味しく。

イメージ 14

烏賊唐墨粕漬け 鮑の溜り漬け
 それぞれにいい肴です。

イメージ 15

蛸小倉煮 
 蛸と旬の小豆の出会いものという事ですが、これが実に美味しく。前菜の中では一番のお気に入りかも。        

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして(^▽^)
色んな人のブログの中で一番気になりました♪
私には無い感じで「ふむふむ」と感じました♪
育児・食事等の話ばかりでつまらないかもしれないですが遊びに来て下さい♪

2015/9/30(水) 午後 8:05 [ ゆうこ ]

顔アイコン

コメントしても良いですか?(*^_^*)
古い記事からいくつか読ませていただきました♪
文字の選び方が凄く私は好きになっちゃいました(*^_^*)
手厳しいコメントもありがたいので、是非アドバイス下さい♪

2015/10/9(金) 午後 3:31 [ ゆうこ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事