素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

 私がハウステンボスに目覚めたのは遅いのですが、その黎明期にいろいろと教え・導いて下さった方からバトンをいただきましたので、私なりのレスをさせていただきます。
 バトンの内容につきましては、こちらをご覧下さい。

 いただいたお題は「も・り・の・い・え」流石なお題です。
 レポとレスとはあんまし、繋がっていないので悪しからず。。。レスだけだと面白みに乏しい感じがして。。

 という事で前項の続きです。ひとつの記事にしても良かったのですが、書庫の関係で2つに分けさせていただきました。
 タイトルもべた、ですがオヤジですのでひとつよろしく。。

1月14日 ひさしぶRIN

イメージ 2

 久々のRINウェルネスです。けっこう疲れ気味なのでリフレッシュしようかってのと、Aさんに新年の挨拶をって事での利用。
 あいかわらずの優しく穏やかな笑顔で迎えていただき、それだけでも来た甲斐があるってもんです。
 Aさん以外のスタッフの方々も皆さん魅力的。RINは独特な雰囲気・世界観をオヤジは感じてしまいます。
 写真は受付。予約時に利用するプログラムも指定済みですし、これまでにも利用した事がありますので、住所変更等がない事を確認したあとサインを済ますと案内を待つだけ。
 RINウェルネスのメニューには個室プログラムもありますが、オヤジな私が利用するのは当然のごとくオープンスペースプログラム。
オープンスペースプログラム
・クイックリフレッシュメント   20分 ¥3,500
  希望する部位を中心にマッサージトリートメント。
・リフレクソロジー   45分 ¥5,000  60分 ¥7,000
  フットバスで足をほぐし、ハンドテクニックによって身体全体の血行促進・神経器官に働きかける足裏中心のトリートメント。
・LaStone セラピー(オイルなし) 45分 ¥9,000
  天然の温(玄武岩)・冷(大理石)の石の遠赤効果を利用したトリートメント。 
 恥ずかしながら?これが4回目の利用。最初の2回はクイックリフレッシュメントで、肩を中心にお願いし、前回はラ・ストーン・セラピー。いずれも予想以上によくって、特に前回のは予想以上に「いい」気持ち。。って事で「い」

い : いい、いずれ、一助、いただく、いただけ
 う〜ん、これは「いけませんね」。文の繋ぎ文句だけって感じで特徴に乏しい感じ。丁寧語(謙譲語)が入っているのが救いでしょうか。

 今回もそれにしようかと思いつつも、まだ未体験のリフレクソロジー60分を予約。 場内ホテル宿泊って事で10%オフ。

イメージ 3

 今回担当してくださる方は前回と同じNさん。2階へと案内していただきます。

イメージ 4

 階段の途中にさりげなく飾られていたお花。RINでは随所に女性らしい細やかな気配りのようなものが感じられて素敵です。ハウステンボスを代表する最上のおもてなしのひとつは、ここRINにあると思います。

イメージ 5

 ボロ靴を健康サンダルのようなものに履き替え、オヤジが侵入していきます。
 このマーク、この壁は場違いなところへ来たなぁ。。というオヤジにも優しく、穏やかに迎え入れてくれるような感じがしてほっとします。少しは慣れたって事もあるでしょうけど。

イメージ 6

 2階の通路です。左手奥が施術を受けるオープンスペース。その手前にウェイティングスペースのようなところがあります。これまでは最初にそのウェイティングスペースに案内され、予診表に記載したりしたのですが、今回はまずはロッカールームへ。

イメージ 7

 最初の頃はハウステンボスでは殆どいつも持ち歩いているずた袋をRINに持っていくのが気が引けてコインロッカーに預けて利用したものですが、4回目ともなると多少は厚かましくなり、そのまんまぶら下げてRINのロッカールームの中へ。
 なんで?って思われる女性の方もおられるかと思いますが、意外にオヤジってアツカマシクモセンサイだったり、デリカシーの欠片もないかと思えば変にデリケートだったりするものなんです。まぁ人それぞれではありますが。

イメージ 8

 ロッカールームにはロッカーだけでなく、トイレ、シャワーも備えてあります。ロッカーに荷物を置き、着衣はそのまま(靴下は脱ぎます)で。ズボンは膝辺りまで捲り上げるので、皺が出来る可能性もあるので、宜しかったら。。。とのお話でしたが、皺が怖くて歳はとれん!伊達に歳とっとらんけん、とそのまま。
 ラ・ストーン(オイルなし)の時はジャージに着替えましたから、希望があれば着替えを用意していただけるのでしょう。

イメージ 9

 オープンスペースは施術室が確か4部屋あったかと思いますが、そのたぶん両端がリフレクソロジー用でしょうか、ベッドに横になる(うつ伏せと仰向けとコースにより異なりますが)の他の2つのコースとは異なり、ゆったりとした椅子に座ります。
 写真が私が利用させていただいたところです。施術後の撮影ですので、ヘッドレストなど少し乱れた感じもありますが。

 ここでこれまでの記録・カルテをもとにちょっとした問診がなされ、それをもとにこの日の内容、どのあたりを重点的に揉み解すかってな事を素早く思案されていたようです。
 ウィキペディアによれば、「リフレクソロジー(Reflexology)とは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平等を含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法である。」なのだそうな。足裏と体の特定部位との関係は、足裏反射区として現されています。
 私の場合、内臓系には特に自覚症状はなく、慢性的な肩こりと、このところ眼精疲労がひどいので、そのあたりを中心にお願いする事に。

 フットバスに足をつけ暖めた後、丁寧に足を揉み解して下さいます。ゆったりとチェアーに身をゆだね、アイマスク下で目を閉じ、心地よさにひたるひととき。。。よくテレビなどでとっても痛い足裏マッサージをみかけますが、あれとはまったく別物。(私の場合)痛みなどはなく、ひたすら心地よいだけです。。。
 素敵なお嬢様にオヤジの足裏・足指なんぞを丁寧に優しく揉み解していただくなんて。。。背徳的な?愉悦ですね。

 優しい声掛けで、ゆったりとした時の終わりが告げられます。
 揉み解す際の感じで、問題のある箇所がおおよそおわかりになるのでしょうか。体の悪い場所に一致するように老廃物が溜まり、コリがあるってな話もあるようですが。。。
 肩、眼の反射区には施術されていても、問題がある事が感じられたようです。それに加えて「頭が悪い」そうな。。。;;上記リンク先の反射区によれば足の親指のあたりにコリか何かがあったのでしょうか。「睡眠不足か何かでしょうか。。。このあたりに問題がおありみたいです」と優しく頭のあたりを示してくださいました。これが実にあたっている!!!いろんな意味でそのあたりには問題があるのですよ。。
 恐るべし!リフレクソロジー、素晴らしきかなリフレクソロジー!です。次もリフレクソロジーにしようかな?ラ・ストーンにしようかな?パーツリフレッシュメントも捨てがたい。。。きっとそう遠くないうちに再度お願いする事もありそうです。
 
イメージ 12

 施術後は、ロッカールームによった後、ウェイティングスペースへ。
 写真は通路に出た後ロッカールーム前あたりから、入口方向を見たところ。右手にウェイティングスペース。 

イメージ 10

 ウェイティングルームで寛ぎながらハーブティーをいただきます。

イメージ 11

 この日いただいたのは、カモミール・フェンネル・ペパーミントのハーブティー。消化を助けリラックス効果があるのだとか。
 花の写真集を拝見しながら、ゆっくりとハーブティーをいただく。。。

 受付では「今度は個室の方いかがですか?」なんて。。。畏れ多いってなもんですが、男性客で個室プログラムを利用される方もけっこうおられるようで、一度利用するととっても満足されているらしいとか。う〜ん。。。個室かァ。。。;;

 暖かで優しい「笑顔」に見送られRINを後にします。次はいつかな?って事で最後のキーワード「え」

え : エリタージュ、園、エクセルシオール、干支、営業
 これはまた、ハウステンボス絡みの語彙。基本的にメールはあんまりしないので、ハウステンボスお仲間とのメールや、ハウステンボス絡みのスケジュールでの変換が主ですから、当然と言えば当然なのですが。「干支」は「干支ベア」でしょう。「エリタージュ」「エクセルシオール」は言うまでもない、ハウステンボスを代表する素晴らしいレストラン。

って事で、次はいずれかの紹介って事で記事が続く事になるのかな?

開く トラックバック(1)

イメージ 1

 私がハウステンボスに目覚めたのは遅いのですが、その黎明期にいろいろと教え・導いて下さった方からバトンをいただきましたので、私なりのレスをさせていただきます。
 バトンの内容につきましては、こちらをご覧下さい。

 いただいたお題は「も・り・の・い・え」流石なお題です。
 レポとレスとはあんまし、繋がっていないので悪しからず。。。レスだけだと(私の変換内容からして)面白みに乏しい感じがして。。

 上の写真は1月14日のパレスハウステンボス。オランダのベアトリクス女王が現在居住のハウステンボス宮殿をオランダ王室の特別な許可を得て、その外観を忠実に再現したというハウステンボスの象徴ともいうべき素晴らしい建物。

も : もう少し、桃、もし、モレ、も
 桃は果物の桃ではなく、中華料理屋サンの店名を入力するのに「とう」だと変換し難いだろうと「もも」で入力したものですね。モレは「モレトク」の「モレ」です。「もう少し」は何だったかなぁ。。?私のカラオケレパートリー(などというたいそうなもんではないのですが)に「もう少しあと少し」がありますが、それとは無関係。
 う〜ん、森がないですねェ。。。あっても良さそうなんですが、携帯メール等では「森」は最近使ってないようですね。でもお題が「もりのいえ」ですから、強引にフォレストパーク話へと続けていきます。

1月6日早朝 セグウェイ

イメージ 3

 5日に今年初の宿泊を楽しんだ際に、ヴィノのN氏から見せていただいた「ハウステンボスホテルズ 年末・年始のご案内」(07年12月30日〜08年1月3日)というリーフレットに「早朝フォレストパーク探検ツアー」の案内が。
早朝フォレストパーク探検ツアー
【期間】12月30日〜1月6日  ※12月31日除外日
【時間】8時〜、8時30分〜、 各30分程度
【集合場所】The Life Spa RIN前
【料金】¥4,000
 セグウェイをこれまで3回利用(体験2回、場内ツアー1回)させていただき、その楽しさに魅了されていた私としては見逃せない企画。N氏のおかげで体験する事ができました。

 上の写真は集合場所。集合時ではなく、パーク内をセグウェイで楽しんでいる途中で撮ったものですから、集合時に準備されていたものは既に片付けてありますが。。。

イメージ 2

 私は一応セグウェイの経験があるって事で直ぐにスタート。まずはフォレストパークの外周を散策です。写真の左手の建物が、先ごろ発表された「ボタニカル・スパ・ガーデン(仮称)」構想において露天風呂付きガーデンヴィラとなる予定のようです。

イメージ 4

 ちょうど昨年秋ごろ工事がされていましたが、今回の構想と関係あるのかな??写真は10月18日に撮影したものですから、時期的にみて無関係な通常の補修工事だったのかも??
 今年の6月に3室新しいヴィラ、ボタニカル・ガーデン・ヴィラがオープンする予定ですが、どのようなものになるのか。。。
ボタニカル・ガーデン・ヴィラ
・キッチン、リビング、ベッドルームなど、別荘感覚で使用できる生活
・環境・自然との繋がりを実感できるガーデン&ガーデンバス(露天風呂)
・アレルギーフリー、自然素材、環境貢献を意識した素材へのこだわり
・文学、アート、音楽など、文化的サスティナビリティ(持続可能性)を追求し、環境を壊さないための技術を持って作ります。
・新ヴィラは、長期滞在を意識し、施設・サービスを整備します。
・アメニティは植物性・オーガニックにこだわり、季節や個々の体調に合わせて用意します。
・ソフトにおいては、スパ、食事、アクティビティなど、個々の希望やスタイルに合わせてカスタムメイドでプランニングします。    
一度「利用」してみたいものですねって事で「り」

り : 料理、量、リッチ、リンダ、利用
 これは、今の話の流れとはまるっきり無関係ですが、私らしい語彙(リッチではないのですが。。)かも。「リンダ」はもちろん山本リンダではなく、ハウステンボスで人気のテディベアショップ「リンダ」ですね。干支ベアに関してのメールか、待ち合わせ場所として利用した際のメールで使ったもの。
 
イメージ 5

 フォレストパークを代表する景観ですね。四季折々風情があり、日本離れした景観を静寂の中楽しませてくれます。

イメージ 6

 中の島の小道です。ボタニカル・スパ・ガーデン構想ではガーデン散策路に組み込まれているところですね。
ボタニカル・スパ・ガーデン
ウェルネスセンター〜パレスハウステンボスに至るゾーンを、花と緑に囲まれたガーデン散策路とします。広場やツリーハウスなど、植物と触れ合い遊んだり、寛げる環境をつくります。

イメージ 7

 中の島に架かるもうひとつの橋の上からウェルネスセンター、ドムトールンを眺めた所です。
 
イメージ 8

 ウェルネスセンターの湖側の小道を行きます。このあたりには「シンボルガーデン」が計画されているようですね。
シンボルガーデン
バラ、果実、ハーブなど衣食住、暮らしに活かせる植物を美しいガーデンに仕上げます。無農薬、自然育成を基本とし、サスティナブル(持続可能)なガーデンモデルをつくります。
 シンボルガーデンの他にもプライベートガーデンとして、フォレストヴィラの庭を一戸ごとにテーマとデザイン、内容を異なるものにするとかで、これも楽しみ。。。といってもそんなにいろんなお部屋に泊まる事は、特に私には出来ないですけど。。

イメージ 9

 早朝、フォレストパークを散策するのは、空気も美味しく清々しい感じでとても良いものですが、セグウェイでのんびりってのもとても良いもので、時間までぐるぐると周回を重ねました。

 写真はRINウェルネスの入り口をみたところ。このRINもこれまで以上に重要性を増してくる事でしょう。ここでのんびりするのもとても良いものです。ってことで「の」

の : 乗る、のんべ、飲み、の、ので
 これはいかにも私らしい言葉が含まれていますね。「乗る」はまさしくこの「セグウェイ」に関して用いた言葉。

レスの途中ですが、次のRINに続きます。。。ひっぱるほどのものではないのですが。。。
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事