素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 

光の宮殿

イメージ 2
 
 ハウステンボスの象徴でもある、パレスハウステンボスは、17:45からは光の宮殿に。
 パレスは有料施設で入場料が¥500(ファミリエ会員や、とくとくチケットを持っている人は¥300。4歳〜小学生も¥300)。今回は当日であれば、再入場できるようですので、昼間散策し、夜に再度光の宮殿を楽しむ事が出来ます。
 
イメージ 3
 
 アートガーデンの色彩豊かなイルミネーションも良いですが、私はこのパレスの荘厳なイルミネーションの方をより好みます。
 
イメージ 4
 
 新たに登場したフォトスポットで、記念撮影する人も多数。
 
イメージ 5
 
 パレスの幻の庭園では、今年もジュエルイルミネーションショーが。18:00〜20:50(金土祝前日は21:10)までの間楽しむ事が出来ます。今年は5分間?のインターバルを挟んでの2部構成で行われているようです。
 毛布やクッションが無料貸し出しされています。ティーサロンであったかなドリンクを購入する事も。
 また、光の宮殿メッセージボードも特にカップルにお勧めかと。
 恋人の聖地・ハウステンボスは、この時期親密さを深めたり、確かめ合ったり、一歩先へと踏み込むのに最適です。
 12月23日、25日にはホワイトシンフォニーでクリスマスチャペルが初開催されます。宜しかったら参加されてはいかがでしょう。スタッドハウスの誓いの間など、カップルにお勧めの企画が様々♪
 
イメージ 6
 
光の回廊
 
 パレスまで来たら、幻の庭園の奥まで足を運びたいもの。光の回廊では、光の雫が落ちる様子をイメージしたイルミネーション(流れ星のよう)が楽しめます。
 
イメージ 7
 
 奥から眺めると、光の宮殿のライトアップが昨年までとは異なっているのがわかります。
 
イメージ 8
 
 音と光がシンクロした幻想的なジュエルイルミネーションショーは素敵ですが、個人的には2009年バージョンが一番好み。
 
イメージ 9
 
 それでも、好きな空間であることに変わりなく、期間中何度も足を運ぶ事でしょう。
 光と闇の画家レンブラント展がハウステンボス美術館で開催(11月19日〜1月9日)されていますが、今年は光の街期間中は21時まで美術館も開館していますので、光の宮殿とあわせて楽しむ事も出来ます。トワイライトコンサートなどのイベントも行われていますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧ください。
 
イメージ 10

ホテルヨーロッパ

イメージ 11
 
 ホテルヨーロッパは今年に入り、一時期の低価格路線から特別なホテルへと回帰する姿勢を顕著にしています。
 光の街においても、花と光に彩られたロビーが出現しています。
 
イメージ 12
 
 ロビー中央には輝くグラスタワー。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
愛らしいお菓子のお家も。
 
イメージ 15
 
 こちらは、昼間に撮影していたもの。
 
イメージ 16
 
 この素敵な空間で、コンサートを楽しむのも素敵です。詳しくはこちらを。
 

ドムトールンからの眺め

イメージ 17
 
 光の街の時期は、ドムトールンからの眺めも格別です。写真奥はパレスハウステンボス。右手前がホテルヨーロッパ。
 
イメージ 18
 
アレキサンダー広場
 
イメージ 19
イメージ 40
 
アートガーデン
 
 左側の現在ピンク色の部分が色が様々に移り変わっていきます。

光のシャンデリア・イルミネーション

イメージ 47
イメージ 48
 
 パサージュの天井部分が今年は豪華なシャンデリアをイメージしたというイルミネーションに。
 
イメージ 49
 
イメージ 50
イメージ 51
 
20万球が使われているとか。

光のチャペル他

イメージ 52
 
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 

スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーションショー

イメージ 23
 
 光の街の3大イルミスポットの1つ。
 
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
 
 イルミネーションショーは18:00、18:30、19:00、19:30、20:00、20:30に行われ、金・土・祝前日は21:00、21:30にも楽しめるようです。
 
イメージ 29
 
時間が許せば是非、楽しみたいものです。
 

光の観覧車

イメージ 30
イメージ 31
 
 ミュージアムスタッド地区、アカデミー橋付近からは光の観覧車を正面に見る事が出来ます。刻一刻とパターンが変わっていきます。
 
イメージ 32
 
 こちらはミュージアムスタッド地区とニュースタッド地区をつなぐクリスタル橋の上からの眺め。
 

ニュースタッド

イメージ 33
イメージ 34
 
イメージ 35
イメージ 36
 
イメージ 37
イメージ 38
 
イメージ 39
 

光の風車・出国

イメージ 41
イメージ 42
 
イメージ 43
 
イメージ 44
 
イメージ 45
 
イメージ 46

開く コメント(4)

イメージ 1
 
 今年も光の街が開幕しました。ハウステンボスはナイトライフも大きな魅力ですが、やはりこの時期は格別。見どころ満載で1夜では、その全貌を楽しむ事は出来ず、私もまだまだこれから繰り返し楽しむ予定ですが、とりあえず20日夜に私が楽しんだ光の街をご紹介したいと思います。

光のカフェ&バー

イメージ 2
 
 光の街は点灯式から楽しむのが一般的で、ライティングパレードに参加するのもお勧めですが、のんべな私は今年初登場の光のカフェ&バーでその時を待つことに。
 オリジナルカクテル・光のカクテルをいただいていると。。。
 
イメージ 13
イメージ 19
イメージ 20
 
 今年の光のアートガーデンは光のウェーブ。550万球を使用しているアートガーデンに敷き詰められイルミネーションのうち、光のカフェ&バーをからサークル部分サイドのイルミネーションが虹色に変化していきます。
 テラス席もありますが、ガラスに囲まれた真新しい店内で、カクテルなどをいただきながら光のアートガーデンの移りゆく光の情景を楽しむのは、これまでになかった魅力ですね。この光のカフェ&バーにつきましてはメインブログの方でご紹介します。
 
イメージ 21
 
 ゆったりといつまでも飲んでいたいところですが、見どころが多いので、名残を惜しみつつ店外へ。
 
イメージ 22

光のアートガーデン

イメージ 23
 
 光のカフェ&バーの向こうにはこちらもハウステンボスの新しい魅力、光の「白い観覧車」。営業開始は11月25日からという事で、この日はまだお客を乗せて動いてはいませんでしたが、夜は7万球を超えるLEDによって光の観覧車として魅せてくれています。
 
イメージ 24
 
 賛否はいろいろとあろうかと思いますが、いろいろなパターンで楽しませてくれます。
 
イメージ 25
 
  100万球を使用しているという光のイルミネーションウォールが見えます。高さ6メートルの光の壁画で、光の物語が表現されるとか。
 
イメージ 3
 
 記念撮影スポットでもあります。
 
イメージ 4
 
 光のアートガーデンをもっとゆっくり散策したいところですが、先を急ぎます。

光の塔&光の運河

イメージ 5
イメージ 6
 
ハンスブリンカー橋から見るドムトールンと光の運河
 
イメージ 7
 
トールン橋付近から見上げるドムトールン
 
イメージ 8
 
 視線を転じると。。サンヴァンサン祭の際に実に久々に登場したホイリゲが、光の街となり「オイスターテラス」として営業していました。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
シンゲル橋の上にはピュアグリーンツリー。
 
イメージ 11
 
ハーフェン橋からみたドムトールン。
 
イメージ 12
 
迎賓館とドムトールン
 
イメージ 14
 
ホテルヨーロッパ
 ホテルヨーロッパはロビーも素敵になっていました。後程ご紹介します。
 
イメージ 15
 
アムステルフェーン
 
 光の街の散策の途中で立ち寄りたいナイトスポットがいろいろとあります。ムーンシャワーのマジックショーも魅力ですし、カフェ・デ・ハーフェン、グラン・キャフェ、按針、パロット。お好みにあわせて。

光の宮殿へ

イメージ 16
 
オレンジ広場
 
イメージ 17
イメージ 18
 

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事