素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 

グランドローズガーデン(アートガーデン)

イメージ 2
 
イメージ 3

ワールドローズコレクション

 上の2枚もワールドローズコレクションのエリアで撮影したものです。世界中から集めたいろいろな種類のバラをコレクションしたというこのエリアも薔薇好きな方ならいろんな発見、出会いがある事でしょう。
 私なりにいくつかの薔薇をご紹介させていただきますね。
 
イメージ 4
 
モーツアルト
 こちらは正確にはワールドローズコレクションに隣接して、バラ回廊に咲いているものですが、有名人の名前を冠した薔薇の1つ。
 
イメージ 5
 
モーツアルト
 「樹勢が強く、育てやすいバラ。小さくかわいらしい花を大きな房にたわわにつける」。この薔薇のそばにあっては、ミツバチの羽音もクラシックな音色を奏でているかも?
 
イメージ 6
 
ヨハン・シュトラウス
 ワルツ王シュトラウスの名を冠したこの薔薇は優雅かつ繊細な色合い。
 気品を感じさせるバラとしては、他にも
 
イメージ 7
 
オードリ・ヘップバーン
 淡い色合いの上品かつ気品ある薔薇は、オードリに相応しい気がします。
 
イメージ 8
イメージ 9
 
エリザベス・テイラー
 オードリが気品ある美しさだとすれば、エリザベス・テイラーは華やかかつ圧倒するような美しさか。20世紀を代表する銀幕の美女が姿を変えて美しさを魅せてくれています。
 
イメージ 10
イメージ 11
 
イングリッド・バーグマン
 こちらも大女優の名を冠するバラ。写真は必ずしも状態の良いものではありませんが、圧倒するような緋色のこの薔薇は、伝説の女優を讃えて、その没後に発表されたもので、2000年の世界バラ会議で薔薇の殿堂入りしています。
 
イメージ 12
イメージ 13
 
グレース・ドゥ・モナコ
 イングリッド・バーグマンとともに、永遠のクールビューティーとも称される気品ある美しさで多くのファンを魅了したグレース・ケリーは、モナコ公国のレーニエ大公に見初められ、映画スターから王妃に。このバラは二人の結婚に際して贈られたもの。
 
イメージ 14
 
ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ
 こちらはレーニエ大公が即位50周年を迎えた際に捧げられた薔薇。赤と白はモナコ公国の色。
 
 ロイヤルな名を冠された薔薇は他にもいろいろとありました。その1つとして、
 
イメージ 15
 
ルイ14世
 「深みのあるクリムゾン色が特徴。人気のあるオールドローズシリーズ」と解説がされています。
 
イメージ 16
 
プチトリアノン
 プチトリアノンとは、小トリアノン宮殿の意味で、ルイ15世が愛妾ポンパドゥール夫人のため、1762年から1768年にかけて、ヴェルサイユ宮殿の庭園に建てた離宮の名前。その後ルイ16世によってマリー・アントワネットに与えられています。マリー・アントワネットはヴェルサイユ宮殿よりもこのプチトリアノンを愛したといいます。
 この薔薇はヴェルサイユ宮殿庭園長とメイアン社の親交により生まれたものだと言います。マリー・アントワネットの肖像画にはバラが描かれているものも多いようですが、この薔薇は肖像画の中でアントワネットが掲げている淡いピンクの薔薇がイメージされているのだとか。
 そういえば、花の画家ルドゥーテはマリー・アントワネットにも仕えた事があるのですね。フランス革命後にナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌの元でマルメゾンの庭園に収集された膨大な数の薔薇を描いていますが、その際にアントワネットの薔薇を偲ぶこともあったでしょうか。。。
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事