素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

スパ・温泉・プール

[ リスト | 詳細 ]

RINはとっても評判が良いです。全日空ホテルの温泉も素敵です。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

 さて、RINです。オープニングの写真は以前撮影したものを使用しています。
 オヤジな私にとってRINはやや敷居の高いところで、利用するのは今回がまだ5回目で、いずれもRINウェルネス。ほぼ年に1回ペースですね。
 今回はスパ&ボタニカルランチを利用しようというもの。

スパ&ボタニカルランチ
フォレストガーデンレストラン「トロティネ」の身体に優しいボタニカルランチとリフレクソロジーがセットになったメニューが新登場。
気軽にスパを体験しませんか?
【メニュー内容】 1. リフレクソロジー(60分)
            ※オプション販売や追加料金で他メニューへアップグレードも出来るとか。
         2. ランチメニュー「秋のお料理盛り合わせ」
         3. デザート「6品盛り合せ」
【時間】 RINウェルネス 11:00〜21:00
     トロティネ   12:00〜14:00(水曜日店休)
【料金】 ¥9,000 (税・サービス料込み )
【予約・問い合わせ】 The Life Spa RIN TEL:0956-27-0503(9:00〜18:00)
     ※前日までの要予約
 オフィシャルサイトの記載によると11月30日までのプランのようですが、それ以降も形を変えて(ランチの秋のメニューを冬のメニューにして・・)でも続けてほしいプランですね。

イメージ 2

 スパが先か、ランチが先か。。。流れからいうとスパが先の方がスムーズなようです。RINウェルネスの受付でプラン料金の支払いをして、トロティネのランチ券をもらう形式なので、ランチを先にする場合でも一度RINの受付でランチ券を受け取ってトロティネへ行くような流れになるようですから。。

 RINはハウステンボスの中でも(私にとって)異空間。でも、居心地が悪いわけではなく、むしろもっともあたたかく優しく迎えてくれるとっても居心地の良い空間。
 受付横の大根ちゃんと林檎(だよね)君もにこやかに迎えてくれています。

 受付を済ませ、緊張気味に待つオヤジを素敵な女性が迎えに来てくださいます。

イメージ 3

 案内されて2階へ。ここで履物をはきかえてスリッパに。

イメージ 4

 ロッカールーム。手荷物や上着などをロッカーへ。この日はオープンスペースでの利用ですから着替える必要はないのですが、施術の為ズボンをめくり上げる必要があるので、希望があればジャージに着替える事も出来るようです。
 そんな大層なズボンではないので、私はそのままで。

イメージ 5

 ロッカールームには手洗い、トイレ、シャワールームも。
 今回のリフレクソロジー(60分)の内容は「ハンドテクニックによって血行促進・臓器器官に働きかける足裏のトリートメント」だとか。オヤジな足裏を若い女性に60分も。。。ってのはとっても気の毒な気がして、前日はいつも以上に入念なバスタイムを過ごしたのですが、手洗いの横にハンドソープがあるのを見て・・・
 ソープを手に取り、足裏・足指間などにすりすり。。。どうか少しでも綺麗になりますように。。。願いと祈りを込めてすりすり。。。
 さすがに流しで足を洗うわけにはいかないので、湿らせたティッシュで仕上げを。。。

イメージ 6

 支度を終えたら施術室へ。RINに足を踏み入れてから、ここまで約10分。やはり予約時間の15分前には到着するように心がける必要がありますね。

イメージ 7

 オープンスペースには4室があります。その両端が椅子席になっていて、私は今回そのうちの奥の方へ案内されました。

イメージ 8

 こちらは手前側の椅子席。ゆったり深々と身をゆだね施術を受ける事が出来ます。

イメージ 9

 まずはフットバスで足をほぐします。足を浸すとその周りに脂が浮いてきやしないか。。。ってことはなく。
 足湯の心地よさを感じながら、渡された問診票に記載していきます。
 問診表をもとに、足裏(いろんな反射区があるようですね)のどのあたりを重点にもみほぐしていくかプランを立てられるようです。
 特に健康状態に問題を感じておらず(こまかく考えるといろいろあるのでしょうが、年相応って事で)、慢性的な肩こり(あまりに慢性的過ぎてさほど気にはならないのですが、肩もみが得意だという知人によると鉄板のような肩だとか)やストレス位かなぁ・・・って事でその辺りを念頭に施術を行っていただく事に。
 施術に入る足湯から足を出し、やさしく水気を拭き取ってくださいます。その際に説明していただいたところによると、この足湯は単なるお湯ではなく、ジンジャーとオレンジのオイル入りだそうで。。。良かったぁ・・これで少しはオヤジの足臭が和らぐのでは。。。とホッとひといき。

 手がとってもやわらか、なめらか。。。
 ソフトにあたたかく包みこむよう。。。
 とても心地よいタッチで足指、足指間、足指の付け根、足裏、ふくらはぎ。。。ゆっくりゆったりと素晴らしく丁寧にもみほぐして下さいます。

 安らぎの波が足裏から頭の方へとサワサワと。。。
 ウトウトしかけますが、眠りに落ちて鼾なんぞかいた日にゃぁ。。。ってことで、気を確かにもつよう。。。

 特に小指の付け根のあたりを念入りに、丁寧に、さするように包みこむようにもみほぐして下さっているよう。後で伺ったところによるとやはり、小指の付け根のあたり、そしてかかとのあたり(腰の反射区だとか)に問題があったようで。しこりがあって老廃物が溜まっていたのをもみほぐして下さったとか。
 テレビなどで見る足裏マッサージとは異なり、痛む事は全くなく(力加減など、これでいいですかぁ。。と最初のあたりで聞いて下さったりも)、ひたすら心地よいばかり。。どんどん老廃物が流れていくような心地よさ。
 でもオヤジの存在自体が老廃物みたいなもんで。。。

 もみほぐして下さるうちに代謝も良くなるのか、はたまた昼食前ゆえか、胃腸の動きも活発に。。。腸の動きも活発に。。。。ん!?いかん、いかん;;;ここで最終へー器を出すわけにはいかん!
 近頃の若い方とは違ってオヤジの場合、噴射孔と足裏が近いわけで。。。お綺麗な方を悶絶させるわけには。。。と秘かな戦いがあった事はここだけの話。

 実に素敵に心地よい60分でした。

イメージ 10

 施術が終わり別室へ。

イメージ 11

 (お見苦しい写真で恐縮ですが。。。)足指が喜んでいます。
 靴下をはくのが嫌な感じ。
 もうしばし、ゆったり感のまま余韻に浸る事にしましょう。。

イメージ 12

 最後にハーブティーをいただきます。
 この日のハーブティーは、オレンジピール・ローズヒップ・カモミールのハーブティー。疲れた体を癒してくれるハーブティーだとか。

 いやぁ。。。今回も素敵な時間と心地よさを堪能させていただきました。

 受付で清算し、ランチ券を受け取り、トロティネへ。
イメージ 1

 私がハウステンボスに目覚めたのは遅いのですが、その黎明期にいろいろと教え・導いて下さった方からバトンをいただきましたので、私なりのレスをさせていただきます。
 バトンの内容につきましては、こちらをご覧下さい。

 いただいたお題は「も・り・の・い・え」流石なお題です。
 レポとレスとはあんまし、繋がっていないので悪しからず。。。レスだけだと面白みに乏しい感じがして。。

 という事で前項の続きです。ひとつの記事にしても良かったのですが、書庫の関係で2つに分けさせていただきました。
 タイトルもべた、ですがオヤジですのでひとつよろしく。。

1月14日 ひさしぶRIN

イメージ 2

 久々のRINウェルネスです。けっこう疲れ気味なのでリフレッシュしようかってのと、Aさんに新年の挨拶をって事での利用。
 あいかわらずの優しく穏やかな笑顔で迎えていただき、それだけでも来た甲斐があるってもんです。
 Aさん以外のスタッフの方々も皆さん魅力的。RINは独特な雰囲気・世界観をオヤジは感じてしまいます。
 写真は受付。予約時に利用するプログラムも指定済みですし、これまでにも利用した事がありますので、住所変更等がない事を確認したあとサインを済ますと案内を待つだけ。
 RINウェルネスのメニューには個室プログラムもありますが、オヤジな私が利用するのは当然のごとくオープンスペースプログラム。
オープンスペースプログラム
・クイックリフレッシュメント   20分 ¥3,500
  希望する部位を中心にマッサージトリートメント。
・リフレクソロジー   45分 ¥5,000  60分 ¥7,000
  フットバスで足をほぐし、ハンドテクニックによって身体全体の血行促進・神経器官に働きかける足裏中心のトリートメント。
・LaStone セラピー(オイルなし) 45分 ¥9,000
  天然の温(玄武岩)・冷(大理石)の石の遠赤効果を利用したトリートメント。 
 恥ずかしながら?これが4回目の利用。最初の2回はクイックリフレッシュメントで、肩を中心にお願いし、前回はラ・ストーン・セラピー。いずれも予想以上によくって、特に前回のは予想以上に「いい」気持ち。。って事で「い」

い : いい、いずれ、一助、いただく、いただけ
 う〜ん、これは「いけませんね」。文の繋ぎ文句だけって感じで特徴に乏しい感じ。丁寧語(謙譲語)が入っているのが救いでしょうか。

 今回もそれにしようかと思いつつも、まだ未体験のリフレクソロジー60分を予約。 場内ホテル宿泊って事で10%オフ。

イメージ 3

 今回担当してくださる方は前回と同じNさん。2階へと案内していただきます。

イメージ 4

 階段の途中にさりげなく飾られていたお花。RINでは随所に女性らしい細やかな気配りのようなものが感じられて素敵です。ハウステンボスを代表する最上のおもてなしのひとつは、ここRINにあると思います。

イメージ 5

 ボロ靴を健康サンダルのようなものに履き替え、オヤジが侵入していきます。
 このマーク、この壁は場違いなところへ来たなぁ。。というオヤジにも優しく、穏やかに迎え入れてくれるような感じがしてほっとします。少しは慣れたって事もあるでしょうけど。

イメージ 6

 2階の通路です。左手奥が施術を受けるオープンスペース。その手前にウェイティングスペースのようなところがあります。これまでは最初にそのウェイティングスペースに案内され、予診表に記載したりしたのですが、今回はまずはロッカールームへ。

イメージ 7

 最初の頃はハウステンボスでは殆どいつも持ち歩いているずた袋をRINに持っていくのが気が引けてコインロッカーに預けて利用したものですが、4回目ともなると多少は厚かましくなり、そのまんまぶら下げてRINのロッカールームの中へ。
 なんで?って思われる女性の方もおられるかと思いますが、意外にオヤジってアツカマシクモセンサイだったり、デリカシーの欠片もないかと思えば変にデリケートだったりするものなんです。まぁ人それぞれではありますが。

イメージ 8

 ロッカールームにはロッカーだけでなく、トイレ、シャワーも備えてあります。ロッカーに荷物を置き、着衣はそのまま(靴下は脱ぎます)で。ズボンは膝辺りまで捲り上げるので、皺が出来る可能性もあるので、宜しかったら。。。とのお話でしたが、皺が怖くて歳はとれん!伊達に歳とっとらんけん、とそのまま。
 ラ・ストーン(オイルなし)の時はジャージに着替えましたから、希望があれば着替えを用意していただけるのでしょう。

イメージ 9

 オープンスペースは施術室が確か4部屋あったかと思いますが、そのたぶん両端がリフレクソロジー用でしょうか、ベッドに横になる(うつ伏せと仰向けとコースにより異なりますが)の他の2つのコースとは異なり、ゆったりとした椅子に座ります。
 写真が私が利用させていただいたところです。施術後の撮影ですので、ヘッドレストなど少し乱れた感じもありますが。

 ここでこれまでの記録・カルテをもとにちょっとした問診がなされ、それをもとにこの日の内容、どのあたりを重点的に揉み解すかってな事を素早く思案されていたようです。
 ウィキペディアによれば、「リフレクソロジー(Reflexology)とは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平等を含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法である。」なのだそうな。足裏と体の特定部位との関係は、足裏反射区として現されています。
 私の場合、内臓系には特に自覚症状はなく、慢性的な肩こりと、このところ眼精疲労がひどいので、そのあたりを中心にお願いする事に。

 フットバスに足をつけ暖めた後、丁寧に足を揉み解して下さいます。ゆったりとチェアーに身をゆだね、アイマスク下で目を閉じ、心地よさにひたるひととき。。。よくテレビなどでとっても痛い足裏マッサージをみかけますが、あれとはまったく別物。(私の場合)痛みなどはなく、ひたすら心地よいだけです。。。
 素敵なお嬢様にオヤジの足裏・足指なんぞを丁寧に優しく揉み解していただくなんて。。。背徳的な?愉悦ですね。

 優しい声掛けで、ゆったりとした時の終わりが告げられます。
 揉み解す際の感じで、問題のある箇所がおおよそおわかりになるのでしょうか。体の悪い場所に一致するように老廃物が溜まり、コリがあるってな話もあるようですが。。。
 肩、眼の反射区には施術されていても、問題がある事が感じられたようです。それに加えて「頭が悪い」そうな。。。;;上記リンク先の反射区によれば足の親指のあたりにコリか何かがあったのでしょうか。「睡眠不足か何かでしょうか。。。このあたりに問題がおありみたいです」と優しく頭のあたりを示してくださいました。これが実にあたっている!!!いろんな意味でそのあたりには問題があるのですよ。。
 恐るべし!リフレクソロジー、素晴らしきかなリフレクソロジー!です。次もリフレクソロジーにしようかな?ラ・ストーンにしようかな?パーツリフレッシュメントも捨てがたい。。。きっとそう遠くないうちに再度お願いする事もありそうです。
 
イメージ 12

 施術後は、ロッカールームによった後、ウェイティングスペースへ。
 写真は通路に出た後ロッカールーム前あたりから、入口方向を見たところ。右手にウェイティングスペース。 

イメージ 10

 ウェイティングルームで寛ぎながらハーブティーをいただきます。

イメージ 11

 この日いただいたのは、カモミール・フェンネル・ペパーミントのハーブティー。消化を助けリラックス効果があるのだとか。
 花の写真集を拝見しながら、ゆっくりとハーブティーをいただく。。。

 受付では「今度は個室の方いかがですか?」なんて。。。畏れ多いってなもんですが、男性客で個室プログラムを利用される方もけっこうおられるようで、一度利用するととっても満足されているらしいとか。う〜ん。。。個室かァ。。。;;

 暖かで優しい「笑顔」に見送られRINを後にします。次はいつかな?って事で最後のキーワード「え」

え : エリタージュ、園、エクセルシオール、干支、営業
 これはまた、ハウステンボス絡みの語彙。基本的にメールはあんまりしないので、ハウステンボスお仲間とのメールや、ハウステンボス絡みのスケジュールでの変換が主ですから、当然と言えば当然なのですが。「干支」は「干支ベア」でしょう。「エリタージュ」「エクセルシオール」は言うまでもない、ハウステンボスを代表する素晴らしいレストラン。

って事で、次はいずれかの紹介って事で記事が続く事になるのかな?

開く トラックバック(1)

イメージ 1

この日は久々のRIN。
エクセルシオールでお世話になっていたAさんがこの4月からRINウェルネスへと異動になっていましたので、ご挨拶がてら利用しなくては!と思っていたのがこの日になってしまいました。

イメージ 2

事前に電話予約。14:45からの予約でしたから15分前にはRINウェルネスへ。
私がRINを利用するのはこれが3回目で、いずれもウェルネスの方のみ。
初めて利用した際のレポは姉妹ブログにアップしていますので、興味がおありの方はそちらをも合わせてご覧下さい。
※この日はあまり写真を撮っていませんので、一部を除きH17.12.23.撮影のものです。

イメージ 3

受付では素敵な笑顔が2人分待ち構えていて下さいました。そのうちのお一人がお久しぶりのAさん。
エクセルシオールを離れられた事がとっても残念なのですが、この日お会いした感じではすっきりした爽やかな笑顔で、必ずしもご本人にとって悪い異動ではなかったんだろうなァとちょっと安心。
私としてはエクセルに必要な方だと思いますが、RINもハウステンボスにとって重要な部署。必要とされているのでしょうね。いずれにせよハウステンボスにとって必要な大切な人材。なかなか会えない部署ですが、ハウステンボスで頑張って下さっているだけで嬉しい事です。

RINウェルネスには様々なプログラムが用意されていますが、私が利用するのはオープンスペースでのもの。
Quick Refreshment   20分/3,500円
    ご要望の部位を中心にトリートメントマッサージいたします。 
リフレクソロジー    45分/5,000円  60分/7,000円 
    フットバスで足をほぐし、ハンドテクニックによって血行促進・神経器官に働きかけるトリートメントです。
LaStoneセラピー【オイルなし】 45分/9,000円 
    天然の温・冷の石を使うトリートメント。石の遠赤効果で身体機能を高め、体の芯から温めます。  
 過去2回利用させていただいたのは、いずれもパーツリフレッシュメント。上記でいうとQuick Refreshmentで、現在は変わっている可能性もありますが、「ヘッド・ショルダー・レッグス・フットの疲れた部分を中心にトリートメントいたします。」という事で、肩を中心にお願いしました。
 今回は、レポでとっても評判の高いLaStoneセラピーを。私が拝見した範囲で皆さんが体験しているのは、プライベートスペースでの【オイルあり】のLaStoneセラピー。そちらは私にはちょっと。。。って感じなのですが、オープンスペースのプログラムメニューにも【オイルなし】でありましたので、それを利用させていただく事に。

場内ホテル宿泊って事で10%オフで利用できてお得でした。

イメージ 4

まだ時間には早いのですが、今回担当して下さるNさんに2階へと案内していただきます。
2階で靴を履き替え(このあたりの事も姉妹ブログの方が記述が細かいです)、2階エントランスからカウンセリングルームへ。

カウンセリングルームにおいて問診が。過去2回利用させていただいた際の記録・カルテを元に、体で痛い箇所などを聞かれます。同時に本日の施術の内容などについての説明も。

問診後はロッカールームで着替えです。用意していただいたジャージへの着替え。。。
なァんだ、やっぱ下着はおニューでないとね!とか、いろいろ気を回す必要はなかったのね。。
このあたりプライベートスペースでの、オイルありとは異なる点ですね。

イメージ 5

着替えを終えてプライベートスペースへ案内されたのはちょうど予約時間の14:45頃。
写真は以前パーツリフレッシュメントを受けた時のもの。その際はうつ伏せでしたから、写真をよく見ると向こう側に顔をうずめる穴あきの枕が見えるかと。今回は頭を手前にして仰向けで施術を受けます。

10日ほど経過しすでに記憶が若干怪しくなってきている部分がありますので、以下の記載は不正確な点もあるかと思います。オイルありのコースのレポ(勝手にリンクさせていただきます)もあわせてご覧いただくと宜しいかと思います。

いったん横になった後、位置決めをされているのだと思いますが、再度起き上がって、背中部分などに石を置いていかれます。その際に凝りや痛みなどがある部分には冷たい石をそれ以外の部分には温かい石を置いていくようです。リンパやツボなども考慮したうえで配置を決めておられるのでしょう。

配置が終わると横になります。熱すぎるって事はなく、この時点から心地良いです。痛むって事もないです。冷たい石がひんやり素敵に心地よいです。
あーっ、心地よい〜っと思っていると足指の間にも石を挟んでいかれます。!爪綺麗に切っておけばよかった;;朝から風呂に入ってきたけど指の間とか足裏とか綺麗になってたっけ・・・;;なんて事が脳裏に浮かんできますが、気にしない、気にしない。。。しょうがないし、心地よさでどうでもいいやって感じにも。
次回はキチンと念入りに綺麗にしておくことにしましょう。覚えていたら、ですが。オヤジの足裏を・・ってだけで申し訳ない気がしますものね。

石で足裏のツボを刺激したりしておられるようですが、どこぞの足裏マッサージとは違って痛いことはまったくなく心地よいばかり。。。
足や手、四肢を中心に石でマッサージ・刺激されていたような。。抹消から新陳代謝を良くするって事かな。これなら、触られるの苦手って方でも大丈夫では。

途中、いかんイカン!危うくいびきをカキソウダッタ。。と我に返ったり。
寝たつもりはないのですが、あっという間に時間が来たって感じでしたから、意識が飛んでいた時間があるのかも。

いやァ。。心地よく、リラックスできました。

イメージ 6

施術後はカウンセリングルームでハーブティーを。冷たいものをいただく事に。
この日いただいたハーブティーはハイビスカスとレモンピールのハーブティーで、紫外線予防、疲労回復に効果があるのだとか。
爽やかに酸味があって体に染み入る美味しさです。

リラクゼーションにとっても良いです。場内ホテル宿泊で10%オフでもそれなりのお値段ですが、十分その価値はあります。
これなら時々利用してみようかな♪
素敵な笑顔に見送られながら、そう思いました。

ちなみにこの日は雨模様。受付で傘を預けていたのですが、綺麗に乾燥させ、ピシッと綺麗に折りたたまれた完璧な状態で私の元へ帰ってきました。何気ない事かもしれませんが、さりげないこのような点にも、RINの、そこで頑張っておられるスタッフの方々の姿勢が現れているように思います。

次はいつにしようかな♪

イメージ 1

9月14日は私にとって全日空ホテルデー。NANTAのディナーショーを楽しむ日。ディナーショーとあれば当然のんべ。ドリンクも料金に含まれていますからね。という事でJRでのハウステンボス入り。となればアストラルでカクテル。12階のスカイラウンジ「アストラル」の展望は素晴らしく、17時から黄昏ゆくハウステンボスの情景を楽しみながらカクテルって魅力。17時までは今年7月1日にリニューアルオープンした琴の湯を楽しむことに。
天然温泉 琴乃湯  天然温泉とモダンな空間で過す癒しの時間
 鉄分・マンガンを豊富に含んだ黄金色の天然温泉「琴乃湯」。
 料理長こだわりの(地元、長崎名物”あごだし”とびうおの出汁)うどん・そばなどの軽いお食事ができる、静けさに包まれた「琴」ラウンジ。
 ハウステンボスの街並みを一望しながら優雅なリゾートライフをお楽しみください。

 こころ、ときほぐす、音色のように。

 【営業時間】6:00〜10:00(最終受付 9:30)
       11:30〜24:00(最終受付 23:30)
 【料金】 宿泊者 無料
      入浴のみ 大人¥1,600 小人¥800
    ※年間パスポート「温泉手形」あり。詳しくはこちらを。
 【最大収容人数】男湯82名 女湯84名
    ※8月1日より6:00〜10:00は男湯・女湯を入替えて両方を楽しむことができるように。
 【泉質】ナトリウム・カルシウム・塩化物泉
 【効能】神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・打ち身・病後回復・冷え性・痔疾・疲労回復・切り傷・火傷・慢性消化器病・慢性皮膚病(アトピー)など
    
イメージ 2
リニューアルした「琴乃湯」は2階建。入口は2階にあります。以前は1階だったんですけど。2階エレベーターを降りてすぐのあたりですね。写真はフロントの方から歩いていってエレベーターホールあたりから見た所で、向こうに1階グランマーケットの吹き抜け空間が見えています。
イメージ 3
靴を脱いで正面の下足ロッカーへ入れます。入口すぐ左手に受付が。料金を支払い、バスタオルとタオル、浴場のロッカーのリストキー(って言うのかな?手首につけるタイプのキーです)を受け取ります。この受付から見て右手が入口で、正面に「琴」ラウンジ、左手に1階への階段があります。「琴」ラウンジへの入口前に貴重品ロッカーがあります。
イメージ 4
階段を下り終えて2階への階段を振り返ったところです。階段の右手は「エステティックサロン ヤマノ デイスパ&ビューティー」への入口になっています。
エステティックサロン ヤマノ デイスパ&ビューティー
  心も体も健康的に美しく、ビューティフルウェルネスをコンセプトにつくられた”癒し”の空間で優雅なリラクゼーションタイム。
 【営業時間】17:00〜24:00(最終受付23:30)
 【お勧めメニュー】
   ・フットケア      30分 ¥3,150
   ・クイックフェイシャル 30分 ¥4,200
     この他多彩なメニューが用意されているとか。内容は上記リンク先でご覧下さい。
 階段を下りてすぐ右手には自動販売機が。この日販売されていたものは。。。
 ・ブルガリアヨーグルト(瓶)  ¥160
 ・明治おいしい牛乳(瓶)    ¥160
 ・明治牛乳(瓶)        ¥150
 ・コーヒー牛乳(瓶)      ¥150
 ・アサヒスーパードライ(缶)  ¥300
 ・キリン一番搾り(缶)     ¥300
 ・サッポロドラフトビール(缶) ¥300
 ・サントリーモルツ(缶)    ¥300
 ・キリンチューハイ氷結(缶)  ¥250
 ・ポカリスエット(缶)     ¥200
 ・福寿園 伊右衛門 茶(缶)   ¥200
 ・なっちゃん オレンジ (缶)  ¥200
 ・クリスタルガイザー(ミネラルウォーター・ペットボトル) ¥200
 フルーツ牛乳はないんですね。
イメージ 5
浴場への入口です。時間帯によって男湯と女湯が入れ替わるようです。流石に浴場内の写真を撮る根性?はないので、こちらのレポ及びオフィシャルサイトをご覧下さい。
※11月3日12時過ぎに利用した際、私一人になりましたので撮影してきましたので画像追加しています。
イメージ 12

イメージ 13

大浴場は「鉄分・マンガンを豊富に含んだ黄金色の源泉を100%使用する掛け流し方式」だとか。茶色い感じのお湯は熱過ぎることなく私にはちょうど良いかげんで、ゆったりといい気持ち。

浴槽に入る前に洗い場で・・・シャンプー他きれいにそろっていていい感じ。お湯を出そうと蛇口を・・・押すとお湯が出るんですね。ん?止めるには・・?もう一度押す・・出る出る。。。引っ張る・・・変わらん;;押す、出る。ひねる、かわらん、何かを押したら・・シャワーだっ!;;
・・・これ、押して一定時間・一定量お湯が出たらほっといても止まるんですね。知らんかった・・・この手の蛇口(とは言わんのかな)は初めて出くわしたmattariでした。あたりを見回すmattari。。。良かったこの時間はまだ空いててだれも見とらんかった・・

イメージ 14

イメージ 15

サウナで汗をかいた後、露天風呂へ。秋の気配漂う露天風呂は実によい気分。サウナでほてった体を心地よくクールダウン。秋の気配に誘われてかトンボたちも飛び交っています。ん?ランデブー飛行・・・ん?なんだか尻尾でお湯面を繰り返し叩いてますけど。。。あんた、こんなトコに卵生んじゃ駄目!温泉卵になっちゃう!
イメージ 6
いやァ・・いいお風呂でした。普段カラスの私がけっこうゆったりしましたからね。ついで、お目当ての2階にある「琴」ラウンジへ。写真はラウンジへの入口です。
イメージ 7
ラウンジ中央に仕切りがあり、右側はゆったりしたシート中心で、左側はテーブル・椅子席。入口入ってすぐ左手に厨房があり、軽食やドリンクをオーダーできます。
イメージ 8
このシートが実に具合がよく、身をゆだねゆったりとできるのです。以前から横になって寛げる休憩所が欲しいと思っていました。まる1日ハウステンボスで過す場合、疲れている時など、横になって休みたいって思うときがありますし、家族特に3世代でハウステンボスを利用されるような場合、高齢の方などゆったりと休んで待つ場所が必要だろうと思っています。
ティークリッパーの喫煙席やオークラウンジなど、ある程度休息に適した場所はないではないのですが、気兼ねなく昼寝したりするには今ひとつ。。。
琴ラウンジのこのシートは良い感じで寛げます。実際私の隣のシートではお昼寝中の方が。
このシートは13席しかありませんので、レポしないで内緒?で楽しみたいって感じもしないではないですが、そんな気がする位心地よかったという事ですね。場内にこのような施設があれば利用者が相当な数になるのでは?そんな気がします。まぁ料金との兼ね合いがありますけど。
イメージ 9
このラウンジ前面には大きな窓があり、眺めもとても良いです。ホテルのハーバーやワッセナーの素敵な情景が広がります。
イメージ 10
アゴ出汁のうどん・そばといった軽食メニュー・ドリンクメニューが用意されているのも良いです。
メニューについてはがいーど!でアップする予定です。
※がいーど!にアップしています。こちらをご覧下さい。
今回はいただいていませんが、うどんも美味しそう。このうどんについては素敵なレポがあります。
今回JR利用の私は当然ビール!生ビール¥500はポテトチップス付でした。
イメージ 11
ラウンジには素敵な焼き物の展示販売も。

いやァ・・予想以上に良かったです。温泉手形購入しようかと思っている位。年1万(モーレンより高い)はちょっと高いかな?といろいろ計算してる最中です。年10回位利用するのであれば手形購入がお得になるのですが・・・
主目的は私の場合ラウンジ利用。それに温泉がついてくるって感じです。もちろん逆の方たちの方が多いでしょうが。

朝からハウステンボス入りし、目一杯散策した後、ホテル専用運河船で全日空ホテルへ向かい(再入場の問題がありますので、モーレン会員等か全日空ホテル宿泊の方以外にはお勧めできない方法です)、ラウンジ・温泉でゆったりと寛ぎ、再度ハウステンボス入りする。
加えて全日空ホテルのレストランで食事を楽しんだり、12階スカイラウンジ「アストラル」で素晴らしい景観を楽しみながら、お茶やカクテルなどを楽しむ。

場内ホテルに宿泊し、JRやバスで帰る場合、早めに出国し、琴乃湯でゆったりし、アストラルからの眺めで名残を惜しむ。そんな利用法もあるように思います。

この琴乃湯についてはdaydreamerさんのレポもあります。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事