素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

散策・情景

[ リスト | 詳細 ]

ハウステンボスはとっても散歩が楽しい街。四季折々いろんな風情が楽しめ素敵です。お気に入りの散歩道を見つけられると楽しさが増します。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

 引き続き雪ネタで恐縮です。今から振り返ると、せっかくの機会を十分に活かしていない感じもしますが、ともかくも長崎県では珍しい積雪の日にハウステンボスを訪れる事ができ、まずまず満足したのですが、できれば前日からハウステンボスに帰国し泊まって開園前から雪のハウステンボスを楽しみたかった。。。という気がしたH16年1月22日でした。
 願いは2つ。泊まりの日に雪が降り積もって欲しいという事と、雪が舞う中の花火を見てみたい!という事。

 翌H17年にもう1つの願いが早くもかなうとは思ってもみない事でした。それも3月に!この年の3月はおかしな気候で、帰国した9日のうち3日が降ったのでした。。まさかの3月の雪が3度もあるなんて。。

イメージ 2

 この時はオフ会がらみでの帰国。5日の日はシェヘラザードで楽しみ(この時「靴底事件?」があったのでした。覚えておられる方おられるかな?)、6日は懐かしのカタルニアでオフ会を行い、その流れでオヤジ4人でボスコったのでした。 

イメージ 3

 そのような日の朝、7時半頃、デンハーグの554号室で目覚めると外は雪降り。。。

イメージ 4

 早速散策に。デンハーグを出ると雪降り。このあたり積もってはいませんが、雪の中の観光丸は風情のあるもの。

イメージ 5

 ベイクルーズピアー。デハールが係留する埠頭のウッドデッキ部分は薄っすらと雪が積もっています。
悪天候に備え、クルーザー「メール ドゥ シタール」がいつもの位置とは異なり、ハーバー内部に係留されています。

イメージ 6

 デンハーグとパラディ・帆船博物館の建物の間の道。けっこう雪が降っています。

イメージ 7

 パレスハウステンボスへの参道入口。

イメージ 8


イメージ 9

 参道の両脇にはチューリップが愛らしく。

イメージ 10


イメージ 11

 パレスハウステンボス。

イメージ 12


イメージ 13

 パレスにはオリジナルチューリップ「ハウステンボス」の愛らしい姿が。

イメージ 14

 パレスから海沿いに出、観光丸が係留されているデ・ラウター桟橋へ。薄っすら雪化粧。

イメージ 15

 桟橋からドムトールンをのぞむと、その背後のハウステンボスヒルズが建つ山も雪化粧。

イメージ 16

 カタルニア前も薄っすらと積雪。

イメージ 17

 マリンターミナルの前を通過し、ヘクセンハウスあたりからドムトールンをのぞんだところ。レンガ道には積雪はなく、オレンジ広場へと続くウッドデッキ部分には雪が。

イメージ 18

 大航海体験館前。

イメージ 19

 ハーバーカフェテリア前からドムトールンを見たところ。

イメージ 20

 デリーフデ号。

イメージ 21

 デリーフデ前ステージ。長崎にすればけっこう雪が降っています。

イメージ 22

 オレンジ広場からホテルヨーロッパをのぞむ。
 
イメージ 23

 オレンジ広場からアムステルダムを。

イメージ 24

 ホテルヨーロッパ。この時8時過ぎ。これまで殆ど人と出会っていません。皆さん部屋でゆっくりと温かく過ごされているのでしょう。

イメージ 25

 迎賓館。その向こうは雪に煙ってます。

イメージ 26

 スタッドハウス前の花時計。薄っすらと雪化粧しているのですが、写真ではあまりわかりませんね。

イメージ 27

 キンデルダイクのお花畑へと渡るデルフト橋です。ハウステンボスらしい風車のある風景が広がり、その向こうには全日空ホテル。その向こうの山肌も雪化粧。

イメージ 28

 デルフト橋の上からバスチオン橋、ハウステンボスヒルズのマンションを見たところです。薄っすらと山も雪化粧。少し晴れ間が見えてきました。

イメージ 29


イメージ 30

 チューリップの花畑にも薄っすら雪が。

 さて、このところ雪の写真・話が続きましたが、長崎・ハウステンボスでは珍しいからこそ。
めったにない機会に出会えた幸運を喜ぶと共に、もう少し写真が。。。と今にしてみると悔いも。
 できれば、雪の中の花火など、また雪のハウステンボスに出会いたいものです。

イメージ 31

 この写真は先日2月21日に撮影したもの。キンデルダイクのお花畑はチューリップへの植え替えが進んでいます。今年の春も多くの方に楽しんでいただける事でしょう。。
イメージ 1

 パレスの後、港町スパーケンブルグの方へ。

スパーケンブルグ
イメージ 2

 雪に煙る観光丸です。このあたりはレンガ道であるのと、風が強いこともあるのでしょうか。あまり積雪はなかったようです。

イメージ 3

 ホワイトにグリーンのストライプの船体はアメリアです。ハウステンボスとオランダ村を結ぶ最新鋭の双胴船として登場し、約40分のクルーズで楽しませてくれていたアメリア。往時は1日4往復していたアメリアは2005年2月から神戸に舞台を移し、ロイヤルプリンセスと名を変え活躍しているようです。

イメージ 4

 デハールです。デハールにはこれからも頑張っていただかないと。。その意味では昨夏より一般客も利用可能なディナーブッフェクルーズが期間限定でも行われているのは大歓迎♪です。
 オレンジ広場ほどではありませんが、ウッドデッキ部分には積雪も。

イメージ 5

 大航海体験館前にもかなり積雪が残っています。安全のためロープが張られていたような。。

フォレストパーク
イメージ 6

 雪のフォレストパークです。

イメージ 7

 ウェルネスセンター前から中の島を見たところです。

イメージ 8


イメージ 9

 いつにも増して静寂なパーク内。

イメージ 10

 入国して2時間半。今ならもっと枚数撮ってますが、当時はこの程度。

 だいぶ体も冷えてきましたのでランチを楽しむことに。

デ アドミラル
イメージ 11

 この日利用したのはホテルヨーロッパのアドミラル。流石に利用者はいつもより少ない感じです。窓際の良い席に案内していただき、窓外の風景を楽しみながら。。雪は降ったり止んだり。。時折吹雪く感じも。どうやらこの日は1日雪の日になりそうです。

 この日いただいたのはトゥインクルフェアのランチ
冬の味覚フェア ランチ  ¥3,800
アミューズ
スモークサーモンで巻いた北海道フレッシュ帆立貝と九十九島牡蠣の香り揚げ
五島豚の自家製ソーセージ、ベーコンと近郊冬野菜のポトフ仕立て ユズ胡椒風味
デ アドミラル特製デセール
コーヒー、紅茶又はハーブティー
 あらためて見て驚きました。下手な写真。。。
 この時期ってまだブログを始める前って事もあって、とりあえず撮ってた感じで使えない。。

イメージ 12

 五島豚の自家製ソーセージ、ベーコンと近郊冬野菜のポトフ仕立て ユズ胡椒風味です。
とっても温まる料理で、この日は特に美味しく感じました。
で、このお料理、ちょっと珍しい?のですが、翌年の冬の味覚フェアランチでもメインとして登場しています。

イメージ 13

 1時間ほど食事を楽しみ、体があったまったところで再び雪中散策を。
 写真はホテルヨーロッパ前の花壇です。

アレキサンダー広場
イメージ 14

 アレキサンダー広場のあたりには、この時期は小さな緑たちがいろいろと楽しませてくれていました。写真は懐かしい方もおられるかと思いますが、現在は(移転を繰り返し)スパーケンブルグへの大航海体験館横あたりで営業しているワラキア前です。

イメージ 15

 かわいい緑たちも雪の中で辛抱しています。

イメージ 16

 これも懐かしい方もおられるかと思いますが、小さいお子さん達に根強く支持されていたミッフィーちゃんのお家の前です。今ならもっとアングルを考えていろいろと撮影していると思いますが。。。

イメージ 17


花火の後のオレンジ広場
イメージ 18

 この日は長崎では珍しい事に、一日雪は溶けてしまう事無く積もっていました。

 雪ネタはもう少し続きます。
イメージ 1

 ドムトールンからの眺めを楽しんだ後はパレスの方へ急ぎます。日が差してきましたので、溶けないうちに。。。

オレンジ広場
イメージ 2

 ドムトールンを降りると11時頃。オレンジ広場のウッドデッキ状になっている部分(ボンゴシという耐久性に優れた木材が使われていたかと思います)にはまだまだ雪がたくさん残ってます。

イメージ 3

 デ・リーフデ号です。

パレスハウステンボス
イメージ 4

 どんよりした空模様もモノトーンな風情です。

イメージ 5

 ちょっとモノトーンにしてみました。

イメージ 6

 パレスの前庭にもかなり雪が残っています。あまり足跡もなく。。

イメージ 7

 流石にこの日はベンチで休む人の姿もなく。。

イメージ 8

 雪化粧したパレスの幻の庭園、オランダ・バロック式庭園です。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

 いつにも増して静けさが漂う厳かな空間。

イメージ 13

 また雪が舞い始めました。

イメージ 14

 回廊の中を通って庭園散策。

イメージ 15

 回廊の中にも雪が吹き込んできます。

イメージ 16


イメージ 17

 回廊の窓からみる風情もいつもとは違います。

イメージ 18

 庭園の奥の方から振り返ってみるパレスの姿はいつも魅力ですが、この日は一味違います。

イメージ 19

 11:24.かなり雪が強まってきました。

イメージ 20

 雪を期待して足を運んだ私としては嬉しい事です。ただ、他の宿泊客に対しては。。。

イメージ 21

 神々の彫像も寒そう?

イメージ 22

 再度前庭の風景を楽しみ。。。

イメージ 23

 パレスを後にします。


イメージ 1

 私がこれまでに経験した最も雪深い日のハウステンボス情景。続きです。

ドムトールンからの眺め
イメージ 2

 こんな日はドムトールンに上らざるをえません。10時25分頃展望室へ。
 この時はまだかなり降っており、やや視界不良。見下ろすオレンジ広場も白銀の世界。

イメージ 3

 いつもはくっきり見えるパレスハウステンボスも雪の向こうに煙って朧に見えます。

イメージ 4

 マリーナも雪色に染まっています。少し日が差してきたようです。

イメージ 5

 雪化粧のホテルヨーロッパです。いくぶんか雪降りもおさまりつつあります。

イメージ 6

 オレンジ広場も先ほどよりははっきりと見えます。こうしてみるとオレンジ広場の木材の部分には雪が積もっていますが、それに比べるとレンガ道の部分にはあまり積もっていないのがわかります。

イメージ 7

 雪の中のアムステルフェーンとホテルアムステルダムです。

イメージ 8

 アレキサンダー広場も素敵に雪模様。写真上スタッドハウスの左手には、今は撤去されて久しい小さな緑たちが雪の中で息づいています。懐かしさを覚えられる方もおられるのでは。

イメージ 9

 パサージュ、キッズファクトリー、ワールドバザールといった建物も雪迷彩。

イメージ 10

 ニュースタッドの向こうのワッセナーは降雪に煙っています。

イメージ 11

 少し視線を左にやると。。全日空ホテルとルフティーバルーン。

イメージ 12

 ルフティーバルーンに目をやると。。。ん?

イメージ 13

 バルーンの頂点付近で作業中の方々が!!除雪作業でしょうか。あんな高いところで、なおかつ雪で足元が悪い中作業とは。。。頭が下がります。

イメージ 14

 降雪がほぼ止み、少し明るくなってきました。
 先ほどまでよりも、キンデルダイクやワッセナー、全日空ホテルがクリアに見えます。

イメージ 15

 全日空ホテルの向こうの山も雪化粧。

イメージ 16

 先ほどまでは見え難かったワッセナーの姿も。ワッセナーのさらに向こう対岸には、ハウステンボスの寮も見えてきました。

イメージ 17

 アレキサンダー広場の先にはミュージアムスタッド、ニュースタッドのテーマリウム(現在はキララも)、そして社員の方々の駐車場であるロッテルダム駐車場も見えます。

イメージ 18

 ホテルアムステルダムとアムステルフェーン。

イメージ 19

 オレンジ広場。デンハーグの前の桟橋にはデハールだけでなく、今はないアメリアの姿も。

イメージ 20

 雪化粧のフォレストパーク。北欧あたりにこんな風景がありそうです。

イメージ 21

 パレスハウステンボスもみえてきました。
 ドムトールンからの眺めを楽しんだ後は、パレスの方へ向かう事にします。
イメージ 1

 いやァ。。寒い日が続いとります。先日の帰国の際も風が冷たい日で、雪は降っていなかったのですが、雪のハウステンボスの話題が出ました。
 長崎で降雪は少なく、積雪となるとめったにない事。かつて某Y掲示板にデビューしたての頃だったでしょうか、びょり師匠が書かれていた雪が舞う中での花火の美しさがとっても印象的で、是非その風情に浸りたい!と雪が降りそうな日は出来るだけ帰国するようにしていますが、実際に雪の日に出会えることはめったにない事。そんななかH16年1月22日は私にとって想い出に残る貴重な雪のハウステンボスに出会えた日です。
 4年も前の事でいまさらって気もしますが、かつてアップしていた(コメント付き)フォトアルバムも見ることが出来ない?状態という事もあって、こちらでご紹介してみようかと。。。

 他にも書いたかな???まァいいことにしましょう。自分が何を書いたか、書いてないか定かではなくなりつつあるmattariです。

 既にご覧になった方もおられるかもしれないですが、そうでない方で興味のある方がおられましたらご覧下さい。

イメージ 2

 前日から降り続いた雪。雪が降り積もるって事自体珍しいのに、それが休みの日にあたるなんて♪早起きして6時頃駅へ。私はチェーンをもっていないので車では無理。JRも雪の影響で動いておらず、駅でしばし待つことに。ダイヤは大幅に乱れ運休の便も。乗った後もなかなか進みません。途中の車中では前方に青空が見えたりして、雪が溶けちゃう〜っとあせっても動かんものはショウガナイです。タクシーに乗り換えようかとも思いましたが、雪の日は坂のあるところはタクシーでは行けなかったりすることもあるので、ただ待つ人。
 
 通常の倍以上の時間がかかって到着したのは10時少し前。出来れば開園と同時に入国したかったところですが仕方ありません。
 ハウステンボスに近づくにつれ再び雪模様になり、ハウステンボス駅は雪の中。横殴りの雪の中、全日空ホテルもいつもとは違った風情。

入国
イメージ 3

 雪景色の入国棟はとっても新鮮。
 流石に客足は少なく、入国口でも「悪天候の中お出でいただきましてありがとうございます」ってな感じで、その後も同様の声掛けをしていただきましたが、悪天候だから来たんですよぉ。。♪

イメージ 4

 薄っすら雪化粧のナイアンローデ城。

キンデルダイク
イメージ 5

 キンデルダイクの風車も雪化粧。モノトーンな感じがなかなか良いと思います。

イメージ 6

 チューリップも雪の中寒そうに縮こまってます。

イメージ 9

 横殴りの雪の中みるワッセナー、全日空ホテルは初めて見る情景。

イメージ 7

 宿泊の方でしょうか、ミュージアムモーレンを訪れている方が。

イメージ 8

 シティーゲートデルフトの向こうのドムトールンが雪で霞んでいます。

ニュースタッド
イメージ 10

 ニュースタッドのモンドリアーン通りです。右手はチョコレートハウス、左手はチーズワーフ。見慣れた風景も新鮮です。

イメージ 11

 マウリッツ広場の噴水の周りの花壇も雪で覆われています。

ニュースタッドからビネンスタッドへ
イメージ 12

 クリスタル橋から東水門の方を見たところです。

イメージ 13

 同じくクリスタル橋から今で言うアートガーデン方向を見たところです。今はなきルフティバルーンの姿が懐かしい。。。

イメージ 14

 アカデミー橋からジョーカー橋を見たところ。場所によって風の強さが異なり、このあたりは吹雪いている感じ。白鳥さん達も寒そう?

イメージ 15

 アカデミー橋から南方を見たところ。ドーナツ橋も雪化粧。

イメージ 16

 アムステルダム前からスタッドハウス及びドムトールンを見たところ。

イメージ 17

 花時計もその前の花壇(現在は撤去されていますが。。チューリップ祭の頃には復活した方がいいかも?)も雪で覆われています。

イメージ 18


イメージ 19

 この2枚は関係ないのですが、ふと思い出してアップしてみたもの。
 H16年12月30日に撮影したもの。この日はカウントダウン前日って事で「ザ・ベスト10」のテレビ中継があったのですが、その際のもので、スタッドハウス前で人工的に雪を降らせて渡辺美里さんが歌われていたのですが、その準備中の写真です。アナウンサーの方は電飾で飾られたドレスを着ておられたのですが、とても寒そうでした。

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事