素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

ハウステンボス日記

[ リスト | 詳細 ]

ハウステンボス滞在に関する簡単な日記です。特定の事項について掘り下げて記載する場合は他の各カテゴリーにおいて行います。
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 この日私が接した嬉しい話というのは。。。

イメージ 2

  どうやらムッシュとハウステンボスとの契約が延長されたのではないか?というお話。あくまでも延長された「らしい」という話で、延長されたとしてもどれ位の期間なのかはわからず。。短期なのかもしれませんし、どれほど喜んでいいのかわかり難いのですが、このような話が伝わってくるというのは少なくとも風向きが大きく変わってきつつある事を感じさせます。
イメージ 3

 ムッシュを失う事はハウステンボスにとって、ハウステンボスファンにとって大いなる痛手になる事と思いますから、これからも長く在籍される事を願っております。
 そして新たな風が、さらなる果実を生み出してくれる事を願ってやみません。例えばエリタージュをムッシュ直轄として復活させるとか。出来れば本選を終えた佐々木シェフか、鎌田シェフに復帰していただいて。。。欲張りなお願いですが。。。
イメージ 4

 これまでにも様々な話が伝わってきては実現をみないままになってしまった事も多々。どうかこの夢は叶って欲しいものです。

イメージ 5

 パレス前庭の紅葉も素敵に見ごろです。

オークラウンジ

イメージ 6

 11月14日で営業終了となったオークラウンジ。営業終了後もレストスペースとして活用したいとのお話もあり、どうなっているか気になってましたが、この日は昼・夜ともにカーテンが閉められクローズしてました。

イメージ 7

 レジがあった場所も。。。

イメージ 8

 カウンターの中も片付けられています。

イメージ 9

 ホテルアムステルダムの東側の入り口はアクールヴェールのリニューアル工事によりふさがれています。写真の右側旧ヴォワリエの部分がオークラウンジに替わるアクールヴェールカフェとして11月21日よりオープンしているところだと思います。オープン記念で提供される伊勢えびドッグ¥2,000も興味津々。この連休にいただいてきたいと思うのですが、1日限定20食にありつけるかどうか。。。
 アクールヴェールでもオープニング記念フェア(11月21日〜11月30日)が行われ、スペシャルメニューも提供されているようです。ランチタイムは豪州産牛フィレ肉のステーキ、ディナータイムは牛ロースのステーキ フォアグラ添え。美味しそうです。

アレキサンダー広場

イメージ 10

 花の芸術祭で魅了してくれた壁画と巨大地上絵は撤去され、光の街のクリスマスの準備が進んでいます。左手にはゴスペルライブのステージが、右手では光のクリスマス市の屋台の準備が。
 
イメージ 11

 ゴスペルライブのステージ(準備中)です。
ゴスペルライブ
  ニューヨークのゴスペルチームHARLEM MESSENGERSを迎え、世界トップクラスのゴスペルをお届けします。
【期間】11月22日〜1月6日
【時間】15:00〜、17:00〜、18:00〜、20:00〜
    それぞれ20分程度。時間によって曲目は異なるとか。
 ※雨天時は中止又はワールドバザールで開催
    
 今回のメンバーはゴスペルファンにはお馴染みのイーゼル・キャラハン(Ethel)をはじめ8名。熱いステージで多くの人を沸かせてくれる事でしょう。とっても楽しみです。

ディオニソス
イメージ 12

 ワインショップディオニソスでもボージョレ・ヌーヴォをグラスで楽しむ事が出来ました。まずいただいたのはフィリップ・パカレのもの。このワインは11月22日と23日はマルシェ・ド・パラディのキッチンラボで試飲会が行われるようです。時間は13:00からと、15:00から。
 試飲会に参加できなかった方、試飲会では飲み足りなかった方はこちらディオニソスでグラスを傾けられてはいかがでしょう。

 また、ディオニソスでは嬉しい事にフィリップ・パカレに加えもう1種類楽しむ事が出来ます。

イメージ 13

 こちらはホテルズでも提供されているルイ・ジャドのもの。飲み比べが出来るのはとっても嬉しい事。価格もグラス¥600とお得です。ご注目あれ♪

・ボジョレー・ヌーヴォー/フィリップ・パカレ       ¥600
 「天才醸造家と呼ばれる。自然の力を最大限に活かした彼の理論による究極のフィリップ・パカレのボジョレーヌーヴォー。現在フランスワイン業界で、かなりの話題となっています。フランスでも手に入りにくいと言われるこの貴重なワインを、ハウステンボスでは昨年に引き続き販売いたします。凝縮感があり、フルーティなのに決して軽すぎない味わいを一度お試しください。」
・ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール/ルイ・ジャド   ¥600
 「ルイ・ジャド社では毎年ヌーヴォーワインを特別に製造するのではなく、通常のボージョレ・ヴィラージュワインを醸造する中で特にフルーティーな仕上がりのキュヴェをプリムール(ヌーヴォーと同意語)として出荷しています。ルイ・ジャド社のプリムールワインはただ若々しさを楽しめるだけではなく、味わい深い本物のワインで果実味のみが特徴の一般的なヌーヴォーワインとは一線を画しています。」

・グレープタイザー 赤・白  各1本¥210
  100%ブドウ果汁ジュース

 こちらではグラスでいただいて気に入ったヌーヴォはボトルで購入する事ももちろん出来ます。
○ボジョレー・ヌーヴォー/フィリップ・パカレ       ¥3,800(税込)
   限定200本
○ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール/ルイ・ジャド   ¥4,000(税込)
   限定120本

 ワインでいい心地になった後、夕刻までのひと時を過ごしにアンカーズラウンジへ。11月30日までのあの素敵なものをいただきに。

アンカーズラウンジ
イメージ 14

 オーダーするものは決まっていたのですが、ブログの関係上とりあえずメニューチェックはしなければ。と思っていたら、可愛らしい天の声が。。。「こちらでもボジョレー、ご用意してます♪」

 この時まで知らなかったのですが、ホテルズのラウンジでも提供されているのですね。きっとティークリッパーでも、そしてたぶんアクールヴェールカフェでも。
 銘柄はホテルズはいずれも同じルイ・ジャドです。

イメージ 15

 アペリティフのあとはお目当てのホテルパティシェ特製ブリオッシュです。フレッシュブルーベリーのポワレ(ソース)を目の前で仕上げてくださいます。ブルーベリーリキュールでのフランベは、私一人だけの為の贅沢なショータイムです。
                   
イメージ 16

 バターリッチでクリームたっぷりのふわふわのブリオッシュにブルーベリーソースをかけ、フロマージュブランのアイス(だったかと)をのせたもの。冷たいアイスが溶けてソースとなり、ブルーベリーと交じり合う。。温度差と味わいと食感が楽しくお勧めの美味しさ。
 ハウステンボスの素敵なデザートたちの中にあっても、お勧めの逸品の一つ。

 このブリオッシュは11月いっぱいで、12月からはフランベデザートの再登場です。フルーツは検討中とか。そして例年ならそろそろ案内のあっていいはず?と思っていたデザートブッフェは今年度は2月に行われる予定だとか。日にち・曜日が気になるところです。

光明!?

イメージ 17

 暗鬱な気分に、この日一筋の光明が差してきたような。。。

ヴィノテーク
イメージ 18

 ヴィノテークでも、まずはボージョレ・ヌーヴォから。価格はホテルズ共通のグラス¥1,050(税込み・サービス料別途10%)

イメージ 19

 2杯目はN氏に選んでいただいたもの。
クロ・デュ・ヴァル・カベルネ・ソーヴィニョン 2002
アメリカのワインで「バランスよくエレガントでコクのある味わい。しっかりとした骨格をもつワイン。」だとか。

イメージ 20

 話が弾み、3杯目にいただいたのは
ジョセフ・ペリエ ホテル ヨーロッパ -ブリュット-
 ホテルヨーロッパ及びHTBが誇るオリジナルシャンパン。「ジョセフペリエ」とは1825年創業以来、過去から現在に至り、西欧諸国の王室や大統領をはじめとする、世界のセレブ達に愛され続け、ヴィクトリア女王、エドワード7世など、数々のロイヤル・ウエディングで振舞われた実績をもつ英国王室御用達の最上級のシャンパーニュ。

 「ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネの3種類のブドウを各3分の1ずつの伝統的比較でブレンド、あふれるような果実味とエレガントな喉越しが特徴」だというこのシャンパンも残りわずか。
 確かアドミラルのは完売してしまったような話を聞いたように思いますし、ヴィノに残されたのも、あと1本半。グラス¥900はおトク過ぎる価格。今のうちにお楽しみあれ♪

イメージ 21


シェヘラザード
イメージ 22

 シェヘラザードでも勢いでボージョレ・ヌーヴォを。
 昨夜は日付が変わると同時にシェヘラとヴィノで祝宴が行われたようですが、その為に用意されたデカボトルの名残を。カウンターだと注ぐのが大変そうです。

イメージ 23

 でかいですねェ。。。

イメージ 24

 2杯目は焼酎にしようと棚を眺めたら。。富乃宝山見っけ♪お久しぶりだァ。。。西酒造さん、大変だと思いますが、頑張ってくださいねって事でこの素敵な焼酎を頂く事に。

イメージ 25

 最後はカクテルで〆。最近A氏を困らせているわがままオーダーで。先日はホテルヨーロッパの(私が宿泊した部屋)434号室にちなんだ(どうちなませる?)カクテルとか、運河にいたというカブトガニにちなんだカクテルなんて無茶を言って申し訳なかったのですが、この日は大人しく?オリジナルカクテル「シェヘラザード」の色違いバージョンをお題に。
 難しい。。といいながら考え創ってくださったのがこのカクテル。色を変えてなおかつオリジナルカクテルのもつ味わい・イメージをあまり変えずにってのは大変だったみたいです。頑張ってくださったAさんに感謝!

マウリッツ広場・噴水

イメージ 26

 この美しい噴水の彫像のモチーフは、ギリシア神話の『アモールとプシュケー』
怒れる女神アフロディーテに、かけがえのない人と一緒にいられるようにと果敢にも願い出る少女プシュケー。。。
 どうかその想いが叶いますように。。。
イメージ 1

 11月13日の記事の続きはひとまずおいて、ボジョレーヌーボーについて少し書いておこうと思います。それと、この日かなり嬉しい動きについて話が伝わってきましたので、それについても少し触れておこうかと。

イメージ 2

 たまたま11月20日は私の仕事休みの日。のんべモード満開な私は当然JRで帰国。
 ここ数日かなり冷え込んできましたが、この日はこの冬一番の冷え込み。これから帰国される方は寒さ対策をしっかりと。
 ハウステンボスの紅葉も場所・木によってはまだまだですが、訪れる都度見応えを増しています。

イメージ 3

 この場所はキンデルダイクのバス停を過ぎてしばらく歩いたあたりで、ウィンズ佐世保の対岸になります。このあたりも紅葉を楽しめるスポットです。落ち葉を踏むカサコソとなる音が秋深しを感じさせ風情があります。ニュースタッドの周囲の紅葉も良いのですが、落ち葉を綺麗に清掃しすぎなのは個人的に少し残念な事。
 この近くに見事な紅葉を魅せるトウカエデの木もあるのですが、まだまだ色浅く紅葉本番はもう少し先になりそうです。

イメージ 4

 ニュースタッドといえばチョコレートハウスあたりのクロガネモチの赤い実も見頃です。

イメージ 5


 場内レストランでボジョレー・ヌーボーを提供しているのは、私が知る範囲ではプッチーニとロード・レーウ。まずはプッチーニ
プッチーニ
イメージ 6

 昨年と異なりプッチーニではボジョレー・ヌーボーの提供だけでそれに合わせたフードメニューは用意されておらず。。私がオーダーしたのは前菜の盛り合わせ。
 この日は鯛のカルパッチョ、生ハム・パイン、スパニッシュオムレツ、白身魚のフリッター・マリネ、茄子のミートソースといった内容。なかなかのものです。

イメージ 7

 Wマグナム(通常の4本分)のボトルはこの時抜栓したもので、注ぐのも大変そう。綺麗なルビー色で優しい味わいです。

・ジョヴェール家のボージョレ・ヌーヴォ  ¥900
 「ジョヴェール家の畑はプルイィに位置し、無農薬有機栽培で自然な味わいに拘り続けている造り主です。100年の樹齢の葡萄は太陽の恵みをふんだんに受ける事でタンニンも豊かでガメイというよりピノ・ノワールのような味わいを感じさせてくれます。決して派手な印象でなく、ごくごく自然な味わい。素朴で飲みやすいボジョレーです。」  
・本日の前菜       ¥1,000

ロード・レーウ
イメージ 8

 続いてロード・レーウです。重厚な落ち着いた雰囲気が魅力のお店です。
 ここロード・レーウのみが今回私の知る範囲では唯一ボジョレー・ヌーボーにあわせたフードメニューを用意してくれているお店です。
・ジョヴェール家のボージョレ・ヌーヴォ  ¥900
・ヌーヴォセット             ¥1,500
  ヌーヴォ1杯+下記前菜1品
 黒豚ミヤタの自家製ハム
 黒豚ミヤタの自家製ソーセージ
 カマンベールチーズのフライ
 また、期間限定の特別コースとして次の2つのメニューも用意されています。
・ヌーヴォーコース 5,000円
  黒豚ミヤタの自家製ハム ツナソース
  九十九島かきのチャウダー
  佐世保名物レモンステーキ(サーロイン150gもしくは牛フィレサイコロ120g)
  チョコレートムースとフルーツのサバイヨンソース
  パン、コーヒー

・チーズフォンデュディナー 5,000円
  黒豚ミヤタの自家製ハム ツナソース
  九十九島かきのチャウダー パイ包み焼き
  ロードレーウ特製チーズフォンデュ
  チョコレートムースとフルーツのサバイヨンソース
  パン、コーヒー
 このコースメニューは、11月20日のみ11:00〜21:00、その他は17:00〜21:00の提供だとか。
イメージ 9

 プッチーニ同様、ここロード・レーウでもテーブルサイドで注いでくれます。プッチーニとロード・レーウは同じジョヴェール家のボージョレ・ヌーヴォで、今年はそれぞれ7本用意しているとか。昨年は銘柄は異なりますが、Wマグナムサイズのものを5本ずつ用意されていましたが、1週間しないうちに売切れてしまったとかで、今年は少し増やしたのだとか。  

イメージ 10

 ボージョレ・ヌーヴォにあわせて私がオーダーしたのは。。

イメージ 11

 カマンベールチーズのフライです。サクッふわっとろっとした食感が魅力です。まろやかにチーズの風味とコクが広がります。クセをあまり感じさせない味わいはカマンベールが苦手な方でも大丈夫では?という食べやすいものです。
 付け合せはガーリックをつけて焼いたポテトに黒胡椒をふったもの。

イメージ 12

 こちらは黒豚ミヤタの自家製ソーセージです。
黒豚ミヤタというのは鹿児島の黒豚でどんぐりを餌に育てた「和風イベリコ」といったものだとか。それを使った自家製のソーセージは臭みはなくコクのある美味しさ。欲を言えばもう少しジューシーさがあるともっと良かったかと個人的には少し思ったりも。
 付け合せはザワークラウト。キャベツの酢漬けですが、酸味が程よくとても美味しいものでした。

イメージ 13

 以上がこの日のオーダーで、ヌーヴォセットを2セットいただいたのでした。という事でこれが2杯目。プッチーニを入れると3杯目になります。
 セットには3種類の前菜が用意されていますが、おそらく一番のお勧めは私がこの日いただかなかった「黒豚ミヤタの自家製ハム」なのではないかと思われます。2つのコースの前菜として使われているくらいですからね。私は近いうちにフォンデュディナーをいただきたいと思っていますので、この日はそれ以外の2つの前菜をいただいたのでした。この2つでいえば、個人的にはカマンベールチーズのフライがより好みかと。

デ アドミラル
イメージ 14

 ヌーボー行脚3軒目はホテルヨーロッパのアドミラル。
 ホテルズのボージョレ・ヌーボーはルイ・ジャドのもの。残念ながらボージョレ・ヌーボーにあわせたフードメニューは私の知る限りホテルズでは用意されていないようです。

イメージ 15

ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2008   グラス¥1,050(税込み・サービス料別途10%)  ボトル ¥6,300
 「ルイ・ジャド社では毎年ヌーヴォーワインを特別に製造するのではなく、通常のボージョレ・ヴィラージュワインを醸造する中で特にフルーティーな仕上がりのキュヴェをプリムール(ヌーヴォーと同意語)として出荷しています。ルイ・ジャド社のプリムールワインはただ若々しさを楽しめるだけではなく、味わい深い本物のワインで果実味のみが特徴の一般的なヌーヴォーワインとは一線を画しています。」
 アドミ以外のホテルレストラン「エクセルシオール」「アクールヴェール」「吉翠亭」「戎座」でも提供されているようです。

イメージ 16

 瑞々しいとても綺麗な色合いと香りです。

イメージ 17

 この日いただいたのはブイヤベース。来春3月頃にはアドミラルのグランドメニューが一新されいただく事が出来なくなってしまいそうなブイヤベース。。。ちなみにエクセルシオールの方はそのような予定はないという話で、パエリアがいただけなくなる?という心配はないようです。

 ブイヤベースについては姉妹ブログにアップしていますので、よろしかったらこちらをご覧下さい。
 いまのうちに食べおさめしておこうと。。気がつけばこの2ヶ月で4回目のブイヤベース。この日も哀しいほどに美味しいブイヤベースでした。

イメージ 18

 こちらはブイヤベースの友、ガーリックトーストとルイユです。

イメージ 19

 アドミラルで2杯目はグラスワインリストから
・ジュヴレ・シャンベルタン 2000  ルイ・ラトゥール     ¥2,625
   ブルゴーニュ地方の名醸地から生まれる、力強く、エレガントなワイン。

 素敵なワインに最高の食事。。。心地良い空間にゆったりと流れる時間。。。とても良いものです。
 この素敵な時間を与えてくれている大きな要素にサービスがあります。この日もいろんな笑顔が出迎えてくださいましたが、そのうちの1つの笑顔は今週いっぱいでハウステンボスをあとにされるとか。。。Mさん、福岡の方でもきっと沢山の方に満足感を与えられるのでしょうね。今後の更なるご活躍を祈っております。

 別れといえば、今もっとも気になっているのが上柿元ムッシュ。
 この春の新・総料理長就任と関連して、ムッシュに関してのページがオフィシャルサイトから削除されたり、ムッシュ印の商品が販売されなくなったり、様々な動きがやがて来る大いなる悲しみの結末を暗示するかのようでした。
 そしてこの8月〜10月にかけて佐々木シェフに鎌田シェフ、佐藤シェフと立て続けに退職。シェフたちとのお別れもとても哀しいものでしたが、こうなるとムッシュの退任も避けられないかと暗鬱な気持ちに。
 エリタージュに関してのお願いとともに、ムッシュが辞めないですむようにと願ってきました。どうしても退任が避けられない場合はムッシュとお別れする最後の宴を開催して欲しいとも。ハウステンボス最大級の功労者にはそれなりの花道があってしかるべきですから。。。
 その後もムッシュのレシピが消えてしまうという話もあり、すっかり諦めかけていたのですが。。
 
 10月に長崎市にお店をオープンされた時にうかがった話の中で「ハウステンボスの方にも11月いっぱいはいますので・・・」とのお言葉が。。。11月いっぱいで辞められるの?といろいろとハウステンボスでも話を聞いてみたところ。。どうも1月まではおられるらしいとの話が伝わってきたのはつい先日。1月までってのは契約期間がそのようになっていたからなのですが。。。

 この時点では知らなかったのですが、この後とっても嬉しいニュースに接しました。。。

イメージ 1

GW期間中はあまり帰国できなかったので、この日1週間ぶりの帰国。飲む気満々でJR。
それで気がついたのですが、現在JRを利用するとお得な特典がいろいろと用意されているのですね。それについては別ブログで簡単にご紹介していますので、宜しかったらご覧下さい。車で帰国されている方も、たまにはJRを利用してみようかと思われるかもしれません。それ位(少なくとも私にとって)魅力的なプランも用意されています。

この日はなかなか好天に恵まれ(どうせならGW期間中にもっと良い天気であってほしかったです)、キンデルダイクのお花畑も、アートガーデンも相変わらずとっても綺麗♪
イメージ 2

白鳥の雛たちは相変わらず愛らしく。ただユトレヒトではまだ抱卵中だったり、新たに仲間入りした雛は見かけることができませんでした。早く出ておいで♪

イメージ 3

ローズガーデンはすっかり見ごろ!1週間前はまだ4分程度かと思ってましたが、陽気に誘われてか一気に開花が進んだ印象です。
イメージ 4

ローズガーデンの一角にはプリンセスにちなむバラ8品種が植えられていますが、このあたりは特に今週末あたり見ものかも。
上の写真は「ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ」(左上)、「ロイヤルプリンセス」(右上:敬宮愛子内親王殿下の誕生を祝して命名)、「プリンセスマサコ」(左下)、「クイーンエリザベス」(右下)です。
イメージ 5

こちらは「ゴールドバニー」(左上)、「マーガレットメリル」(右上)、「マイダスタッチ」(右下)。約50品種あるようですが、それぞれに特徴があって美しく、素敵な香りに包まれたローズガーデンは華やかに見頃、楽しみ頃です。
イメージ 6

まだ当分は楽しませてくれそうなローズガーデン、今週末もとってもオススメです。
  

GWに素敵なランチ

イメージ 1

まだ前の記事が途中なのですが。。(そもそも日記形式で書くこと自体、私には無理がありそうで。。)ちょっと別件を。
上の写真はこのGW期間中にいただいたランチなのですが、さて、どこでいただいたものか、お分かりになるでしょうか?

メニューを記載すると
○○産キビナゴのベニエ カレーソース  
○○産早生キャベツと県内産新玉葱のキッシュ  
○○産黒豚のテリーヌ

○○産野菜たっぷりのスープ ○○風

○○で水揚げされた真鯛とホウレン草、トマトのパイ皮包み焼き プロヴァンス風

○○産黒豚ロース肉のグリエ サラダ添え

○○ 特製デセールの盛り合わせ

コーヒー
です。これをみて、ハウステンボス、デアドミラルでは?と考えられた方、かな〜りハウステンボスにお詳しいです。料理の写真やメニュー構成・内容からしてハウステンボスホテルズの料理だと思いますよね。

ランチタイムにこんなメニューあったかな?と疑問に思い、エリタージュかな?と思った方、通ですね。
現在デアドミラルの通常メニューにこのような内容のコースはありませんから。ただツアーなどのメニューは通常メニューとは異なるものが用意される事がありはしますが。

エリタージュにしてはアミューズや、スープの皿が見慣れないぞ、と思われた方、レンブラントホールなど、バンケット?と思った方凄い!です。オードブルの皿はエリタージュやレンブラントホールなどで見かけるお皿ですが、アミューズの写真に写っている鮮やかな青と白のお皿は見かけないものだと思いますし、スープもエリタージュの場合三段だったりしますから、ちょっと違うようですものね。

この記事の右上に鹿児島ってある事に気づかれた方、素晴らしい注意力・鑑識眼ですね。これを見て最初からハウステンボスではないと思われた方もおられるのかな?よっぽど長崎県にしとこうかとも思ったのですが。

senriさんお見事!です。素晴らしいです。
以前Fさんのブログなどでも紹介された上柿元名誉総料理長プロデュースの鹿児島のフレンチレストラン「ミディ ソレイユ」が正解です。

ミディ ソレイユでのランチについてはこちらにアップしていますので、宜しかったらご覧下さい。
素敵なお店ですので、ハウステンボス好きな方、上柿元ファンの方、鹿児島に行かれる事があったら是非ご利用を検討されてください。

イメージ 1

白鳥親子としばしの別れを告げ、メニューチェックを。
GWに入った事もあり、屋台も増え、新メニューの登場も。「がいーど!」でいろいろとご紹介していますが、例えばパティスリーにスコーンセットが登場していたり。。
イメージ 2

・スコーンセット            ¥620
  スコーン(プレーン、チョコ)、1ドリンク付
   「軽食やおやつに、手作りのスコーンはいかがですか?」
ハウステンボスでスコーンと言えばシェヘラザードやティークリッパーでのアフタヌーンティーにおけるものが評判をよんでいますが、パティスリーのはいかがなものか興味津々。近いうちに利用してみようかと。
イメージ 3

この日も26日同様10羽の雛を確認しましたが、他に生まれていないかなぁ。。。と。
ユトレヒト裏の白鳥さんはまだ抱卵中でした。
この日結局他の白鳥親子とは出会えず、この日の時点で私が確認できたのは白鳥親子2組、計10羽の雛たち。

続いてホテルヨーロッパへ。薔薇の騎士たちの作品を楽しみに〜♪
イメージ 4

 4月27日からは新井光史さんの作品が展示されています。
この日はコンセプトの解説が表示されていました。
 天空から滝が降り注ぐ様を、黒竹の線を活かして表現しました。
  その黒い線に可憐で上品に、美しく映える白いバラ。
  西洋的なシンボルであるバラと東洋的な素材の竹の融合による
  花の水墨画の世界をお楽しみ下さい。
薔薇をテーマ素材にして、それぞれのアーティストによって個性あるアレンジメント作品を楽しめるのはとっても興味深いです。
私は花の写真は苦手(他はいいのかいって言われると他もたいしたこたぁないのですが・・)なのであまり良い写真ではありませんが。。。
イメージ 5

 4月6日から展示されていた金澤利信さんの作品です。
イメージ 6

 4月13日から展示されていた森星一郎さん(昨年の1000本のバラコンテストグランプリ受賞者)の作品です。タイトルは「心象風景〜時を灯す光〜」。この方の作品は昨年のコンテスト受賞作と通ずるものがありますね。
イメージ 7

 4月20日から展示されていた丹羽英之さんの作品です。タイトルは「エターナル」
 
 次はパレス。新緑が気持ちよい参道をローズガーデンへ。
イメージ 8

 ローズガーデン。26日よりは開花が進んでいましたが、まだ2分咲き程度でしょうか。それでもけっこう楽しめます。香りもよくって、特に左下のダブルディライトは芳香を放っていました。右下はプリンセスマサコ。

開く トラックバック(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事