八重山教科書問題の真実

八重山を愛する法科院生の会 Kosuke Akiko Kazuo Tomotaka

「規約に従ってまとめられた協議の結果」は存在しない

「規約に従ってまとめられた協議の結果」は存在せず 文科省大臣政務官が竹富町教委に平成25年3月1日付で指導助言と称し発した「沖縄県八重山地区における教科用図書の適正な採択について」の骨子は以下のとおりだ。 <<文科省の見解>> ア 無償措置法は、採択地区内の市町村教委は協議して同一の教科書を採択しなければならないとして、地教行法が規定する教科書採択権について特別の定めをしている。 イ 市町村教委は、無償措置法による協議の結果に基づいて同一の教科書を採択しなければならない。 ウ 竹富町教委は、八重山採択地区協議会の規約に従ってまとめられた協議の結果に基づいた採択を行なっていない。 エ 竹富町教委は、協議の結果に基づいて採択を行なってほしい。 問題は、ウの「規約に従ってまとめられすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事