姫路の松居のブログ

250SSとW1SAをメインにいろいろやってます、最近はメグロかな

放置の代償!

最近少しやる気になってきたので、S3、2号車を見てみることに

S3、2号車は仕事変わって慣れるまでは約半年以上この状態で放置してました

イメージ 1

倉庫の奥に有るんですが、埃まみれ、譲ってくれた方に叱られます、ごめんなさ〜い

あで?ここで疑問が??

なんでここまでばらしたんだろう???確かエンジンは一度は掛けたはず???

ま、深いこと考えず組みましょう

イメージ 2

ここまで組んでふと下を見ると

イメージ 3

メグロのネジは特殊なので、マグネット皿に無くさないようにしてたのが目に

ん、中に、なんか変なものが?

イメージ 4

こ、これは 

メグロに使われているベアリングのローラーです

使われている場所は2か所、クラッチかエンジンの右側というか

クランクの右側です、なんでこんな所に有るの、なにをやったか忘却の彼方です

まあ予備部品の可能性も有るので判りません


一度エンジン降ろして確認した方がよいかも?

最近、認知症がひどくなったのか、最後に何をやったか、全く覚えてませ〜ん

ここで一気に意気消沈、すごすご家に帰りました

家に帰る途中近所のバイク屋さんに覗くと S7が入ってました

人様のバイクを勝手にブログに上げる訳にも行かず画像は無しです

少し前に関東で黒じゃないフルレストアされたバイクです、オクに出ていました

色が特殊なのですぐ気が付きました、確か凄く高かったような、、

クラッチが滑ってエンジン掛けられない事が有ると、修理に入ってました

どうもご婦人が乗られるそうです、大丈夫か?

やっぱりオクは怖いですね




この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

久しぶりの投稿で〜す

思い起こせば、前の投稿は去年10月、3ケ月ほど放置していました

去年の10月に仕事変わって、体がようやく慣れてきましたので

少しずつですがいじることに、まあこの間何もしてたわけではなく

部品集めに終始してただけ、まあ、言い訳ですが、、、

イメージ 1

去年の8月にポインターは兵庫県に無いといけないでしょうと

半ば無理やり強奪してきたポインタースーパーの部品集めしてました

何せ欠品多数、前後車輪無し、まあ普通の神経ではゴミです、きっぱり!

でも、テールレンズはガラス

イメージ 9

シートは分厚い本革 フェンダーに三角マークが有るので125cc?

イメージ 10

エンジンはサイドバルブみたいで手動の2速かな、少ない資料では150cc

新東名も乗れる、まあ最低速度違反で捕まるでしょうけどね

イメージ 11


やみくもに色々集めました

イメージ 2

フェンダーから推察される車輪は26インチかな?全く資料が有りませ〜ん

フロントはそれらしい26インチ車輪を偶然ゲット、タイヤ処分できるところに有りました

イメージ 3

まあなんていうことでしょう、幅もサイズもぴったり、まあブレーキ無いですが

イメージ 5

ナットは16ミリ、これってインチサイズでは??進駐軍がいた時代なので

インチサイズなのかも、深いことは気にしないようにしましょう

ブレーキも元々有るような無いようななので、良いことにしましょう

でもリヤは難しいですね、リヤにはチェーンもあるしブレーキも有ります

一緒に貰ってきたミヤペットのハブを使うか、でもブレーキが逆です

イメージ 8

ネットで買ったホンダのハブ使ってTLM50のホイル使うか?色々考えてました

まあブレーキはでっちあげればよい事だし、いろいろ、妄想してました

26インチの高圧タイヤは21インチの低圧タイヤとほぼ同じサイズです

スポークだけ作ればなんとかなるはずとか、無い頭で考えてました

でも、捨てる神あれば拾う神ありで、ネットになんか使えそうな車輪が出てました

早速ダメもとで入手して早速取り付けてみると

まあなんていうことでしょう

イメージ 4


幅もぴったり?サイズも26インチです

イメージ 6

ブレーキが少しおかしいですが、これでもいけそうな気が??

まるで純正品?そんな偶然は無いと思いますけどね

こうなると取り合えず仮組してみましょう

イメージ 7

何とか形になぅてきた、まあハブは固着してるんですが

おいおい治せば良いことです、少しはやる気に成りましたが

問題が山積みで目の黒いうちに完成できるかどうか判りませんけどね、、、、










この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)


先週の日曜日は京都の古き二輪を愛でる会が開催されたのでS3で行く気ででした


先日から充電しなくなってたんですが、まあ走るのに関係ないので

そのまま行こうと思ってたら、バッテリーを止めるネジが無くなっています

そういえばバッテリー液追加した時締めてなかったかな?

慌てて丸棒から適当に自作、慌てていたので画像はありませ〜〜ん

そして、ふと見ると燃料コックが変、ここで時間切れでS3は断念!

乗っていくのをS7に急遽変更し、約半年ぶりに何とかぐずるエンジンをかけ

家まで乗って帰りました、まあ後付け電流計のステーが折れたのは、気にしな〜い

なんか不吉ですが、ここまでが、前日の出来事です

で、当日、先輩と待ち合わせ、順調に別グループとの待ち合わせのコンビニに、、

その、数十メートル手前で何と、クラッチワイヤーが切れました

イメージ 1

ワイヤーのタイコが無くなっています、K125のタイ製の物なんですがね〜〜〜

先輩にワイヤークリップをもらい、少しワイヤーの外皮めくってクリップで止めました

このままいくかどうしようか考えていたら、あとから来たサイドカーの先輩に

横に乗せてもらい会場まで行くことにしました、捨てる神あれば拾う神ありです

イメージ 2

最初に合流した先輩はここで、まさかの、タンクからのガソリン漏れで

イメージ 3

軽四を取りに帰りました、他の一台も慌ててホームセンターに負の連鎖かな、、

順調に現地に向かってたんですが、途中でまさかの2速固定に成ったみたい

ここでまたもや断念して先ほどのコンビニに戻ることに、😢

コンビニまで帰ると丁度先輩が出ていくとこでした

イメージ 4


流石に心が折れたし、時間もだいぶ遅れたので、このまま帰りましたとさ

で、今週、もう一度ダイナモばらしてモータリングチェックしてみると、なんか変

組むときには回るかチェックしたんですが、おかしいな〜〜

イメージ 5

チャンと回ってるんですが、よく見てみると、あれ、回転方向が逆です

フィードコイルの極性が逆ですね、自分で組んだ時に間違えてたみたいです

またまた組み替えてみると何とか発電してるみたいです

12Vはフィードコイルをアースしないといけませんが

6Vの第三のブラシ式ダイナモは端子につなぐだけで回ります

第三のブラシが悪さしてるんでしょうね、フィードコイルも違うしね

まあ走行テストはしてませんけどね、回転上げるとライトは明るくなりました

結局自作自演、マッチポンプ、しょせん素人のやることですは、、、




この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

強引に使いましょう

夏の猛暑も終わり、やっと倉庫でごそごそできるようになりましたが

最近なぜか忙しく、島根にバイクの破壊活動手伝いに行ったり

色々やってたので、長らくご無沙汰でした

S3も充電系が不調ですこし煮詰まってます

これではいけないのでS3にまじめに取り組むことにしましょう

さて、このS3ですが以前からスローが安定しないので、いろいろ考えてました

ご存知のようにS3のミクニアマルは品質も悪く経年劣化も有りガタガタになってます

イメージ 1

みんな下の方が削れています、これではスロットルバルブ閉まらないので

アイドリング安定しませんよね、右上はダメもとでモリブデンコートしてみました

多少はましに成りましたが、根本的には治りませ〜ん

アマルはスロージェットも無いのでかなりシビアです

でも、交換部品はありませ〜〜〜〜〜ん、こまった、こまった、コマドリ姉妹

三国アマルは、英国アマルのコピー、何とか使えないかなと

自爆覚悟で英国アマル276の部品を調達してみました

イメージ 2

合えばいいんですが、合わなければゴミですね

イメージ 3

スロットルバルブは径は同じですが長さが違います

イメージ 4

ジェットニードル?は形が違いますね、ゴミ確定か

イメージ 5

ネジのピッチは同じみたい、でも太さが違う、う〜〜んどうしよう

イメージ 6

スロットルバルブ入れてみると、ちゃんと入ります

イメージ 7

全開にならない、あ、は、は、これは駄目ですね

しばらく対策を考えることにしましょう

良い子はマネしないようね









この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)


先日の続きです

イメージ 1

取り合えずタイミングを確認してと、マークが有るので某英車と違い親切です


イメージ 2

あれ、なぜか高さが違う??

そういえば

イメージ 3

そういえば取り付けのボルトも違いましたがあまり気にしてませんでした

S3は頭12ミリの太さは6ミリです 交換しようとしたものは10ミリで6ミリ普通です

このマグネトーはS7前期の物ですので違うのか?まさかね

イメージ 4

外したものを見ると、なんと下駄履かせてます

よかった、この下駄を移し替えることもできましたので

イメージ 5

こんどは大丈夫です、よかった

で、もう一度外して、マグネトーの位置というかチェーンの張りを調整

イメージ 6

こうすると簡単なんですよね、以前 カバー付けたままやった時

締めすぎて、ねじ切りました、やりにくいったらありゃしない

イメージ 7


さくさくっと組んでいきましょう

で、取り合えずテストです



点火時期調整に苦労したりしたことは内緒ですが、何とかかかりました

で、ここで気が付いたことが、、、あ、アンメーター確認してない??

カムシャフトの半月のキー入れたんだろうか???たぶん入れたと思いますが

最近、こんなことが多くなりました、若年性アルツハイマーかな?

脳ドックも行ったんですけどね、、なさけなや、、、

明日にでも確認してみよっと、まあ仕事を残してくれるのは良いことです

でも最近少しはましに成りましたが、暑くって倉庫のかたずけが出来てませんね〜

お恥ずかしいかぎりです




この記事に

開く コメント(29)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事