沈黙のクレオパトラ

忌野清志郎に三沢光晴・・・二人が今生きていたら、どんな行動をしただろう?

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジャズを聴きたいな〜と思っている方、
ちょっとは知ってるぞ〜と胸を張れる方、
お前に言われんでもわかっとるわい!という超マニアの方、
是非お読み下さい。
みんなでジャズを聴きましょう!

本日は最終回「ジャズは難しくない。ただひたすらにカッコいい!」

一声、ジャズほどカッコいい音楽は無い!

よくこんな意見を耳にします。
「ジャズって興味はあるんだけど、、、
難しそうで、どうしてもあと一歩踏み込めません・・・」

大きな勘違いです。
ジャズは全然難しくありません。
なぜって、自分の感じるがまま聴けばいいだけだからです。
つまらなければ聴かなきゃいい。
少しでも感じるものがあれば、どんどん聴けばいい。
理屈なんか関係ない。
人が何を言おうが、何を聴こうがビタ一文関係無い。
前提知識もあるに越したことはないけど、無くたって構わない。
ただただ、聴いて感じる。それだけです。

そしてジャズは世界で一番カッコいい音楽です。
やれハードバップの夜明けはいつだとか、
モード奏法はいつ発生したかとか、
チャーリー・パーカーの果たした役割がどうとか、
早い話、そんなもんまったく関係ない。
ジャズを演るのも、ジャズを聴くのも、ジャズを語るのも、ジャズを考えるのも、
すべてにおいて、ただひたすらにカッコいいんです。

聴けばすぐにわかります。
今わからなくても、いつかわかります。
私だって、17歳迄はジャズが大嫌いだったんですから。
(正直、黒人がニタニタ笑いながら演る、低俗な音楽だと思っていました!)
18歳のある日、雷に打たれたかのように、ジャズにのめりこんだんですから。

ここに一人の男がいます。
その男はやたら強面でとっつきにくく、とても近寄れる雰囲気ではない。
でも一旦話してみると、やたら楽しい人で、包容力があり、決して裏切らない。
男なら、そんな奴と一緒に仕事をしたり、酒を呑んだりしたいし、
女性なら、恋愛感情を抜きにして、その人と接していたい。
その人と一緒にいることで、自分までもが精神的に豊かになれる。
そういう求心力を持っている男・・・それがジャズです。

今回で「間違いだらけのジャズ鑑賞」もちょうど31回目。
一ヶ月間続けることができたので、とりあえずここでペンを折ります。
でもジャズを語ることは止めませんよ〜
勝手なこと、ばんばん書いていきますので!

明日からは、、、そうですねえ・・・
山のようにあるジャズの素敵なジャケットの紹介
クラシックよりもロックよりもとにかく面白い、ジャズメンにまつわる逸話
これらを紹介していきたいです。
一人でも多くの人に、ジャズを聴いてもらえれば嬉しいです。

みんなでジャズを聴きましょう!

(終わり)

http://home.s06.itscom.net/hard-bop/

閉じる コメント(10)

こんにちは。私も、23歳の頃(?)急に、ジャズの4ビートに理屈も何もなくシビれましたからねぇ・・難しいって言う一面は確かにあるんですけど、それを超えてカッコイイですよね♪

2005/5/20(金) 午後 0:06 おんぷ♪ 返信する

顔アイコン

はい。とにかくカッコいいですね。演奏もカッコいいし、ジャケットもカッコいい。ホントにそう思います。

2005/5/20(金) 午後 1:19 mat*noa* 返信する

こんばんは♪よく聴くラジオ番組の中で、「永遠のモータウン」って映画の事を話してたのですがご存知ですか?ジャズではないと思いますが、同じ音楽って事で、ひょっとしてご存知かな〜なんて思いまして。。影の存在だったアーティストについての映画なんですけど。。 だ、だから何?なんて言わないで〜^^;

2005/6/16(木) 午前 0:15 [ - ] 返信する

顔アイコン

あ、何となく聞いたことあります。見てはいないのですが・・・スティービー・ワンダーらの影に隠れながらも、地味に活動していたミュージシャンの話だったように覚えてます^^

2005/6/16(木) 午前 0:31 mat*noa* 返信する

そうです、そうです!その映画のラストの方で、ライブシーンのメンバー紹介の時、亡くなった方の事も紹介してるそうで、なんとなくジャズ・ライブでもありそうだな〜と思ったので。。かなり感動的なシーンらしく、クレオパトラさんの記事読んでて、お好きなのでは?と思ったのです〜。^^;

2005/6/16(木) 午前 11:51 [ - ] 返信する

顔アイコン

残念ながら映画は見たことが無いのですが・・・以前MJQというジャズ・グループのコンサートの直前に、前任のドラマーが亡くなってしまったんです。その際は、ステージ上に大きなパネルが飾られ、彼に聴かせるような感動的なコンサートになりましたよ。

2005/6/16(木) 午後 3:12 mat*noa* 返信する

顔アイコン

初めまして”ブログの記事を読んでいて・・とても共感を覚えました これからも宜しくです・・ミーハーのおやぢですが・・・

2005/6/18(土) 午後 6:24 ゴードン 返信する

顔アイコン

ゲッツ&ジルベルトの「イパネマの娘」の記事、拝見いたしました。あれはいいアルバムですね。特にゲッツが大好きです。今後ともよろしくお願いいたします。

2005/6/18(土) 午後 6:29 mat*noa* 返信する

顔アイコン

プロレスでお世話になった者です。ジャズって確かに難しくてとっつきにくそうだけど、クレオパトラさんのおっしゃる一見強面でも接すると暖かくて包容力があるなんてかっこいいですね。そんな人間に自分もなりたいですよ。そんなわけで、何らかの手立てでジャズに接していきたいです。

2006/2/19(日) 午後 0:42 ontakarin55 返信する

顔アイコン

プロレスとジャズはそっくりですよ。無理やり聴くと嫌いになってしまう可能性があるので、何か機会があればちらりと聴いてみることをお薦めいたします。その際には及ばずながら力をお貸しいたします!

2006/2/19(日) 午後 1:31 mat*noa* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事