沈黙のクレオパトラ

忌野清志郎に三沢光晴・・・二人が今生きていたら、どんな行動をしただろう?

全体表示

[ リスト ]

9年ぶりの接点

今から9年前に新人として入社してきた女性がいた。
私の居たグループの隣のグループに配属になり、
付いた先輩が悪く、いつも怒鳴られていた。

その女性は気性が激しいらしく、
何かと言うと、その先輩に言い返しては揉めていた。
そして、ほどなく異動となった。

私にはその時の印象が強く残っており、
彼女に対して、良い印象は持っていなかった。
いつしか、彼女の存在自体を忘れた。

練馬に異動した際、
座席表に彼女の名前を発見した。
同じフロアだった。

今だ悪感情が消えない私は、
彼女と話すこともなく、その機会もなく、何の接点もなく、
今月で数ヶ月が過ぎた。

先週金曜、
私がトイレからフロアに戻る時、
ちょうど出勤してきた彼女と会った。
彼女は子持ちであり、
保育園の関係で、若干、出勤が遅い(ようだ)。

彼女がセキュリティ・カードを取り出し、
入口のロックを解除するのを私は後ろで待っていた。
彼女の鞄は(女性の鞄はと言ってもいいであろう)
いろいろなものが入っているらしく
セキュリティ・カードはすぐには取り出せなかった。

「あ、私が開けますよ」と言って、
私は自分のカードでロックを解除し、
自分が先に入って、彼女のためにドアを押さえた。
(これは別に相手が女性だからやったわけではなく、
 相手が男でも子供でも、私は普通に実行する。
 よほど気に入らない奴で無い限りは・・・)
彼女は、非常に恐縮至極だった。

今日、退勤時、
「皆、お先にね」と自分のチームの若者に声をかけ、
私は出口に向かった。
出口に向かう途中、彼女とすれ違った。

「お疲れ様でした!」と元気な挨拶が返って来た。
これまでは、一度も挨拶を交わした記憶が無かったにも関わらず・・・

今後、もし彼女と同じチームになることがあったとしたら、
一緒に楽しく仕事が出来そうな気がする。

この世の中の人間関係とは・・・
こんなもんだと私は思う。

閉じる コメント(6)

アントニオ猪木の海外武者修行時代、一緒にサーキットしている他のレスラーと上手く交われずにいたのをパットパターソンが食事に誘ったことを機に打ち解けるようになり、その後パターソンは新日の常連となって、かなりの厚遇で迎えられたというエピソードを何かで見た憶えがあります。
何気ない心配り、これこそが人間関係を維持、向上させる最高の手段だと思います。しようと思ってなかなか上手くいかないことも多いですが・・・

2009/9/7(月) 午後 10:08 bs 返信する

顔アイコン

bsさん・・・
猪木にしては珍しく、パターソンに受けた恩を忘れなかったということなのでしょうね。いい話です!

2009/9/7(月) 午後 11:14 mat*noa* 返信する

シチュエーションは全然違うのですが、高3時代に、クラスでちょっと怖そうなブラバン部員がいて、勇気を出してある時、彼に『バイバイ!』と言ったら、『おお、じゃあね!』と笑顔で答えてくれて嬉しかった。こんな思い出をふと思い出していました。

2009/9/19(土) 午後 8:09 ontakarin55 返信する

顔アイコン

ジャム兄さん、ありがとうございます。
思い切って話しかけてみると、意外やいい反応が返ってくることも多くありますね。勇気は必要なのですね^^

2009/9/20(日) 午後 8:27 mat*noa* 返信する

この世は実力も必要ですが、人間関係のほうがもっと重要ですよね

2009/9/20(日) 午後 8:52 人生総合格闘家 返信する

顔アイコン

人生総合格闘家さん。
ほんのひとことで印象が変わることもあるのですね。
その逆のパターンのほうが圧倒的に多いとは思いますが・・・

2009/9/21(月) 午前 7:47 mat*noa* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事