沈黙のクレオパトラ

忌野清志郎に三沢光晴・・・二人が今生きていたら、どんな行動をしただろう?

全体表示

[ リスト ]

(この記事の続きです)

http://blogs.yahoo.co.jp/matunoah/49555360.html

*

先日、とうとう祖母が亡くなりました。
99歳の大往生で、むしろめでたいくらいです。

その時、久しぶりにいとこのよっちゃんに逢ったのです。

「○○兄さん、こんにちは!」

いつも元気なよっちゃんです。

「久々だけど、よっちゃんのことはすぐに判ったよ」と言う私に

「私は全然成長してないから、すぐ判るんですよ」

いつも明るいよっちゃんです。

「結婚したんだってね! おめでとう!」と言う私に

「そうなんです。
 こんな私を貰ってくれるっていう人が居てくれて助かりました。
 これを逃したら、もう駄目でした!」

いつも控えめなよっちゃんです。

(貰ってくれる・・・って、
 君ほどの女性、選ぶ権利があるのは100%君のほうだろ)

そう思いましたが、口には出しませんでした。
どうせ、照れて、否定するに決まっています。
いつも照れ屋なよっちゃんです。

*

祖母と同居していた孫の中では最年長だったよっちゃんが、
告別式で手紙を読みました。
もちろん、泣くことも取り乱すこともなく、
その役目を当たり前のように堂々とこなしました。

明治生まれで99まで生きた祖母。
この祖母にして、この孫あり。


(久しぶりに逢ったのに、全然話せなかった。もっともっと話したかった)

よっちゃんは私にこう思わせるような、素敵な女性です。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事