ここから本文です
2019年1月5日からのちょうど気になってました。ヤフオクで見てみました。
大半は重いけど耐えられる出力は2000W.RМSまで耐えられる。
インピーダンスはデュアル2Ω、大型ボイスコイル搭載など、
ヘビーデューティーな性能感に優れてる。
タイタニウムアルミニウムコーンでウーファーエッジも厚みが良い。
ヤフオクで7230円で手に入りました。特別ですし、豪華なモデルですね。
これなら例えば1000Wのアンプで大音量でも雑音が少なく、
ウーファーを痛めないし余裕の耐入力。

アップガレージとインターネットでこのウーファーを見た方もいるようですが。
カーオーディオとして使われているそうです。
このウーファーを持っている方はこのようなスキル経験が必要になるそうです。

例えばONKYOとDENONとYAMAHAなどのウーファーなどのメーカー問わず、
中古でもいいし純正ウーファーと純正ボックスを外して、
アンプの部分を外しながら傷つけないように。
材木でドライバーなどの工具を使用してウーハーボックスを自作。
アンプ部分にて、スピーカー線が短くて長さが足りない場合は、
スピーカーケーブルを長増しする。ハンダ付け経験も必要。

下の写真がAudiobahn ~ オーディオバーン AWT12Xです。
イメージ 1
大口径30センチの大型。
イメージ 3
重い理由、大型のマグネットがウーファーの中に入ってるそうです。
イメージ 4
例えばこの感覚、GROUND ZEROのGZPW-15XQっぽく見えるそうです。
以上、AudiobahnのAWT12X.ウーファードライバーでした。

インピーダンス2Ωですのでこのままだとアンプがダメになってしまうので、
以下の通りにつなげれば4Ωでつなげることができるそうです。
デュアルに線をつなげることができるウーファーを使う場合に限りです。
2Ωなら4Ω。 3Ωなら6Ω。 4Ωなら8Ω。
インピーダンス数値が2倍に示すものです。
イメージ 2

過去にアップガレージで注文したお気に入りウーファー、
Boss Audio NX159DCも持ってました。

この記事に

11月10日と11日に浜松静大祭で、ライブステージなどの催し物も開催。
18日に磐田豊岡ふるさとまつりが開催。
12月1日に浜名湖ガーデンパーク農協祭開催で、甘酒&みそ汁の振る舞いもあり、
野外ステージでダンスなどの催し物も開催した。
下の写真は浜名湖ガーデンパーク農協祭です。
イメージ 1


この記事に

イメージ 1
厄徐といわれている観音、1月6日に開催に当たり、ブースもそろいながら、
甘酒振る舞い、13時の餅まきも開催。

この記事に

イメージ 1
毎年1月10日に開催する笠井観音だるま市。冬に振る舞う甘酒もおいしいし、
ライブなど、プログラムも開催。
厄除けと知っておりながらも有名な催しですね。

この記事に

イメージ 1
仕事帰りの夜の折り返しに、笠井観音でファンたちの顔。おめでたいですね。
イメージ 2

イメージ 3
まことに残りました。ファンたちの顔たち。
イメージ 4
イメージ 5



この記事に

イメージ 1
井伊谷宮もお正月の催しらしくにぎやかい。
イメージ 2
2019年も2018年に続く龍潭寺にて、お正月を記念に、
このお寺の空間、井伊家、直虎を鍛えてきたお寺。
イメージ 4
幻想的な空間。井伊家ゆかりの地の空間ですね。
イメージ 8
この背景、旧.永夜抄の永遠亭っぽい。
イメージ 7
直虎の物語を本格的に幻想的に創造したお寺の背景。
イメージ 9

イメージ 12

イメージ 16

イメージ 20

イメージ 6

イメージ 24
魅力的めずらしい。
イメージ 18

イメージ 14

イメージ 13

イメージ 22

イメージ 17

イメージ 5

イメージ 11

イメージ 23

イメージ 19

イメージ 3

イメージ 15

イメージ 10
龍潭寺を訪問した通りこんな感じです。
イメージ 21

イメージ 27
龍潭寺前にて。
イメージ 26

イメージ 28
祈りの鐘。
イメージ 25
龍潭寺入り口にて。
イメージ 29
共保公出生の井戸にて。
イメージ 30
美しき直虎の文明の背景合わせ。
イメージ 32
この井戸も直虎ゆかりの地としてまつられているそうです。
イメージ 31


この記事に

イメージ 1

2019年が始まった朝7時にて、日が光だしてきました。

この記事に

イメージ 2
小国神社もお正月祭りとしてにぎやかい。
イメージ 3
夜の明かりも照らしながら。
イメージ 4
明るい日からもにぎやかくお正月祭りらしい気分。
イメージ 7
車の列がだいぶ混みあっている様子です。浜松五社神社、法多山、小国神社、
井伊谷宮に行く方々も車で行く方もおおいですね。
イメージ 5
朝から夜までにぎやかく小国神社のにぎやかいところもあって、
ブースも並んでいたり、開催気分ですね。
イメージ 1

イメージ 9

イメージ 13

イメージ 8
2019年はイノシシ年ですね。
イメージ 12

イメージ 6

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 14
2019年は平成最後をむかえる都市として、ちょうど田遊祭も見ながら。

この記事に

イメージ 4
法多山のにぎやかいお正月祭り気分。
イメージ 1
行き道も列が流れ進みながらにぎやかい。
イメージ 5

イメージ 6
お正月祭りらしい幕。
イメージ 7

イメージ 2

イメージ 10

イメージ 8

イメージ 3
法多山団子売り場にて。
イメージ 9


この記事に

イメージ 3
浜松五社神社にて、大きくにぎやかい、1日と2日におまいりしながら。
イメージ 4
鴨江観音もお参りにする元旦の催し、甘酒振る舞いのプログラムもあり。
イメージ 2

イメージ 1
袋井の法多山に行く途中の高栄車の公会堂にて、冬の袋井祭りチームと集結。
イメージ 6

イメージ 5
法多山に行く途中の神社でのお囃子。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事