ここから本文です
イメージ 2
チュウニズムアマゾンの耐久プレイで咲-Saki-阿知賀編のイベントをプレイ。
ネームプレート、「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の入手まで、
耐久プレイの道の戦いがやってきた。
咲-Saki-阿知賀編コラボイベントが3月上旬まで開催している。
チャンスも見逃さない耐久の道。このマップのトータルの580マスでした。
キャラクターは松実 玄、松実 宥、新子 憧、鷺森 灼、高鴨 穏乃の5人を手に入れ、
最後にネームプレート「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」を、
ついに手に入れました。
イメージ 1
ファールがなくプレイ毎クリアできること。しかしAIR-ACTIONの方が苦手だった。
徐々にできるようになったのでフルコンボも行ったところもあり、
スキルの組み合わせが効率よく選べるようになったので。
クリアごとにマップも9マスぐらい進むようになったそうです。
イメージ 3
キャラクターランクを上げてキャラクターを強化進行!!チケット効果使いながら、
キャラクターランクアップもブーストアップ。
イメージ 4
フルコンボは集中力も整えば行くようですが、いつものプレイではクリアでした。
イメージ 5
最後に無事にネームプレートゲット。長いプレイでした。
イメージ 6


イメージ 2
ミス浜北も見会いながら華麗に美しく、岩水寺星まつりも開催にチカラを得て、
11時13時15時の歌謡ショーと餅まきも開催、
出店ブースもそろったこの春。浜北の春がやってきたイベントを呼んだ祭典。
イメージ 1


イメージ 2
湖西地区の摩利支天大祭、雨が降る前の曇り空の中、春の湖西のにぎわいですね。
摩利支天の桜も見所で2月の春の見所もあり。
イメージ 1


イメージ 1
2月10日に開催の観音様を祈り合わせるイベント、伊平観音の里まつりが開催。
松山観音堂にて10時のお餅と菓子まきもあり、トレッキングなど、
プログラムが伊平観音の里まつりでどこかであり、
13時45分に仏坂竹馬寺・十一面観音で餅まきもあり、この初春、
引佐の春を呼ぶ催しの幕でしょう。
この水窪の活動は2019年、古一軒家を売却することを決めたのが親の都合でした。
もともと、この活動をやってきたのが、水窪祭りでした。
イメージ 3
過去からはこの活動を通して、ミサクボコスプレパラダイスのころの過去。
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 4

イメージ 5
水窪でこの豪華な大会の幕がやってきたころの見所。
イメージ 6

イメージ 8

イメージ 7
カワイイコスプレイヤーパラダイスサークルでやってきたのが水窪からの幕。
浜松でもそれぞれの祭りでこの女装キャラクターコスプレの幕を広めた活動部門。
イメージ 9
メインは直虎スタイル。旧・永夜抄、蓬莱山輝夜コスプレ。
イメージ 10
水窪の祭りの輝きを彩る夜を見せてくれた幕。
イメージ 11
しかし、2019年からでこの幕は終わりですね。さみしいながらも、
これからが古一軒家のお別れと水窪の活動のお別れとともに。
祭大王もいろいろ遠州遠江のまつりやイベントもお世話になった上でおかげだった。
2019年からは水窪祭り仮装の参加していいかどうかは不明で、
親の都合で考え中で。

イメージ 1
朝の始まりを呼ぶ西鹿島駅。
イメージ 3
船明ダムにて、2019年2月3日現在、ダムのゲート付近とかの改修工事があり、
ダムの水域がだいぶ減っている。元々、巨大な湖だった船明ダム、
ゲート周辺の深さは15メートル近くぐらい、この現在はタダの川になっている。
イメージ 2

イメージ 4

イメージ 7

イメージ 8
船明ダムの背景、タダの川の背景の見所、今がチャンスの期間、3月ぐらいには、
元のダムの湖に戻るそうです。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 10

イメージ 9

イメージ 11
そして、水窪の活動の始まりの道の2月3日。
イメージ 12
水窪へ。
イメージ 13


イメージ 3
毎月23日は音ゲー、百円2クレジットイベントが開催するお気に入り。
今やっているアーケードゲームはチュウニズムです。
このゲームは液晶モニターの手前に、
超音波表面弾性波 (SAW) 方式のタッチパネル、
グラウンドスライダー」が設置されており、画面奥から手前に流れてくる、「ノーツ」に合わせてタッチする。
また、筐体の左右に設置されている空間センサー、
「エアーストリングス」によるスライダー上部空間の検知により、
「手を振り上げる」「振り下ろす」という動きが加わっている。
イメージ 1
クリアするとさらにマップのマスが多く進むようになるそうです。
イメージ 2
ゲーム開始前にマップ選択、キャラクター選択、スキル選択、ジャンルと曲選択、
レベル選択や設定も可能だ。
イメージ 4
初プレイなのでだいぶ苦手だった。やり方を徐々に覚えながらプレイしたので、
フルコンボも行きました。やりごちの腕先はあともうちょっとだった。
もう少し集中力付けたい。初プレイに高橋早苗などキャラクターを手に入れながら、
それぞれの曲をプレイ。このゲームはやる機会があまりないので、
毎月23日、浜松松竹ビルのみなので難易度は基本、BASICでやることに。

他にも音ゲーなら、音ゲキ、maimai、太鼓の達人などです。
カードはAimeです。Aimeに対応するゲームをプレイ可能なもののみです。
イメージ 1
1月13日に三ヶ日農協祭、20日に湖北地区、26日に浜松産業展示館の農協祭もかぶった、浜北緑化木センター農協祭も開催。
ふるまいならやっぱり甘酒、ほかにもトン汁の振る舞いもあり、
ステージプログラムも、ヨサコイ、ダンス、ライブなど、
といった農協祭のプログラムが集結。
他の催しも開催、浜松産業展示館でネッツトヨタのイベントも開催した。
2019年1月5日からのちょうど気になってました。ヤフオクで見てみました。
大半は重いけど耐えられる出力は2000W.RМSまで耐えられる。
インピーダンスはデュアル2Ω、大型ボイスコイル搭載など、
ヘビーデューティーな性能感に優れてる。
タイタニウムアルミニウムコーンでウーファーエッジも厚みが良い。
ヤフオクで7230円で手に入りました。特別ですし、豪華なモデルですね。
これなら例えば1000Wのアンプで大音量でも雑音が少なく、
ウーファーを痛めないし余裕の耐入力。

アップガレージとインターネットでこのウーファーを見た方もいるようですが。
カーオーディオとして使われているそうです。
このウーファーを持っている方はこのようなスキル経験が必要になるそうです。

例えばONKYOとDENONとYAMAHAなどのウーファーなどのメーカー問わず、
中古でもいいし純正ウーファーと純正ボックスを外して、
アンプの部分を外しながら傷つけないように。
材木でドライバーなどの工具を使用してウーハーボックスを自作。
アンプ部分にて、スピーカー線が短くて長さが足りない場合は、
スピーカーケーブルを長増しする。ハンダ付け経験も必要。

下の写真がAudiobahn ~ オーディオバーン AWT12Xです。
イメージ 1
大口径30センチの大型。
イメージ 3
重い理由、大型のマグネットがウーファーの中に入ってるそうです。
イメージ 4
例えばこの感覚、GROUND ZEROのGZPW-15XQっぽく見えるそうです。
以上、AudiobahnのAWT12X.ウーファードライバーでした。

インピーダンス2Ωですのでこのままだとアンプがダメになってしまうので、
以下の通りにつなげれば4Ωでつなげることができるそうです。
デュアルに線をつなげることができるウーファーを使う場合に限りです。
2Ωなら4Ω。 3Ωなら6Ω。 4Ωなら8Ω。
インピーダンス数値が2倍に示すものです。
イメージ 2

過去にアップガレージで注文したお気に入りウーファー、
Boss Audio NX159DCも持ってました。
11月10日と11日に浜松静大祭で、ライブステージなどの催し物も開催。
18日に磐田豊岡ふるさとまつりが開催。
12月1日に浜名湖ガーデンパーク農協祭開催で、甘酒&みそ汁の振る舞いもあり、
野外ステージでダンスなどの催し物も開催した。
下の写真は浜名湖ガーデンパーク農協祭です。
イメージ 1


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事