ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2019年1月5日からのちょうど気になってました。ヤフオクで見てみました。
大半は重いけど耐えられる出力は2000W.RМSまで耐えられる。
インピーダンスはデュアル2Ω、大型ボイスコイル搭載など、
ヘビーデューティーな性能感に優れてる。
タイタニウムアルミニウムコーンでウーファーエッジも厚みが良い。
ヤフオクで7230円で手に入りました。特別ですし、豪華なモデルですね。
これなら例えば1000Wのアンプで大音量でも雑音が少なく、
ウーファーを痛めないし余裕の耐入力。

アップガレージとインターネットでこのウーファーを見た方もいるようですが。
カーオーディオとして使われているそうです。
このウーファーを持っている方はこのようなスキル経験が必要になるそうです。

例えばONKYOとDENONとYAMAHAなどのウーファーなどのメーカー問わず、
中古でもいいし純正ウーファーと純正ボックスを外して、
アンプの部分を外しながら傷つけないように。
材木でドライバーなどの工具を使用してウーハーボックスを自作。
アンプ部分にて、スピーカー線が短くて長さが足りない場合は、
スピーカーケーブルを長増しする。ハンダ付け経験も必要。

下の写真がAudiobahn ~ オーディオバーン AWT12Xです。
イメージ 1
大口径30センチの大型。
イメージ 3
重い理由、大型のマグネットがウーファーの中に入ってるそうです。
イメージ 4
例えばこの感覚、GROUND ZEROのGZPW-15XQっぽく見えるそうです。
以上、AudiobahnのAWT12X.ウーファードライバーでした。

インピーダンス2Ωですのでこのままだとアンプがダメになってしまうので、
以下の通りにつなげれば4Ωでつなげることができるそうです。
デュアルに線をつなげることができるウーファーを使う場合に限りです。
2Ωなら4Ω。 3Ωなら6Ω。 4Ωなら8Ω。
インピーダンス数値が2倍に示すものです。
イメージ 2

過去にアップガレージで注文したお気に入りウーファー、
Boss Audio NX159DCも持ってました。
11月10日と11日に浜松静大祭で、ライブステージなどの催し物も開催。
18日に磐田豊岡ふるさとまつりが開催。
12月1日に浜名湖ガーデンパーク農協祭開催で、甘酒&みそ汁の振る舞いもあり、
野外ステージでダンスなどの催し物も開催した。
下の写真は浜名湖ガーデンパーク農協祭です。
イメージ 1


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事