日本三景松島 フェアトレードと趣味のおみやげ 尾張屋

松島海岸 おみやげ通りの真ん中の小さなお店です。

店内紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

10月中旬、今年も第三世界ショップからスイス製フェアトレードチョコレートがやってきました。今年はエスプレッソはないのですが、ホワイトチョコがあります。
これはかなりいけます。
でも売れ行きは良くありません。
きっとフェアトレードのチョコレートを手に入れる方法が、通販とかいろいろなお店とか、皆さんに身近になったせい、と思っております…
良いこと良いこと。
今年の春からは、シャンティボランティア会さんの商品
も少しご紹介しております。
個人的にはなかなかかわいい、ステキなものだと思いますが・
こちらも動きのほうは…です。写真をアップしたいナー
 
ここしばらく夏から秋の農繁期・繁忙期などですっかりブログからはご無沙汰しておりました。
夏の暑さにやられたか、腰を痛めてしまったり…
 
松島は今秋の紅葉が最後の盛り上がりを見せております。
お陰様で11月に入っても、ライトアップの行われる土日の夕方は、
沢山のカップル、グループなどで通りは日中の賑わいのような人通りです。
今年の夏オープンした新生独まんさんも、ガラスの中のお店が輝いて、
紅葉ライトアップに似合う趣です。
ちょっと歩いて小腹が空いた皆さんなどがおせんべいなどをほおばっているのが
楽しげです。
オワリヤサンは6時で閉店ですが。
 
こちらは我が家に帰って、
お陰様で今年のお米やおいもの収穫、漬け物仕込みなど、
旦那様が着々と進めており、毎日楽しい食卓を囲んでおります。
 
ではいつになるか分かりませんが、また。
 
 

こけしの解説

尾張屋で取り扱っているこけしは以下にご紹介する伝統こけしの他、
現代こけしや新型こけしと呼ばれるスタイルのものもあります。
 
   【宮城伝統こけし (みやぎでんとうこけし) 】
イメージ 1
 
◆産 地
 仙台市、白石市、蔵王町、鳴子町 他
 
◆.歴 史
 今より1300年前、称徳天皇の時代(718年〜770年)に、四種類の陀羅尼経を納める入れ物(塔婆)が作られました。百万個も作られたことから、「百万塔」とも呼ばれたこの作品こそが、木地師が作った最古のこけしと言われています。
 その後、清和天皇の第一王子である惟蕎親王(844年〜897年)が、近江国愛知郡小椋谷にて、ろくろ挽きの技術を指導されました。そこで技術を修得した木地師達は、東は関東・東北へ、西は四国・九州へと移り、木地屋の集落を形成して行きました。彼らは、更に各地の温泉街へも移って行きました。
 木地師達は、お盆やお椀などを作る一方で、男の子には「独楽(こま)」を、女の子には「きぼこ(こけし)」などの木地玩具を作ってあげました。その後、それらは子供の玩具から大人のコレクションへと変化していったのです。
なお、現在のこけしの形が完成されたのは、今から283年前の享保年間頃であったと言われています。 
 
◆.特 徴
 江戸時代中期以降(享保年間1716〜1736年)に東北地方の温泉みやげとして生まれたもと伝えられています。
 こけしは、最も簡略化された造形の美しさに加え、清楚にして可憐な姿は山村の自然に囲まれた素朴な工人の心を通じて表現した美しさであり、産地の独特の 形・模様を通じて今日に受け継がれています。
 宮城県内には、「鳴子こけし」「作並こけし」「遠刈田こけし」「弥治郎こけし」「肘折こけし」の5つの伝統こけしがあり、系統作者により形描彩がちがい特徴があります。
                               
 ◆.数々のこけしの系統
 東北の山間地に生まれた伝統こけしは、大きく11の系統に分けられます。次の世代へと継承されるうちに、それぞれの地域で特徴的な形や顔、胴模様が表れるようになってきました。どれをとっても美しく、愛らしく、鑑賞者によって好みが分かれるのも、こけし鑑賞の楽しさのひとつと言えましょう。
 そのうちの五系統(遠刈田系、弥治郎系、作並系、肘折系、鳴子系)が「宮城伝統こけし」として、昭和56年6月22日、国の伝統的工芸品に指定されました。
 
◆.こけしまつり
 全国のこけしを一堂に集めたこけしまつりやこけしコンクールを、各産地で毎年盛大に開催しています。春の「全国こけしコンクール」(白石市)、夏の「全国こけしまつり」(鳴子町)、秋の「全国こけしろくろまつり」(蔵王町)と、一年を通して、あたたかなぬくもりのある「こけし」や「木地玩具」と出会うことができます。ゆかりある伝統こけしをはじめ、新しい魅力を放つ創作こけしなど、作者たちは試行錯誤しながら、多くの人に喜んでいただけるよう、作品を作り続けています。 
 
◆.こけしのできるまで
(1)原木の乾燥(木の皮をむいて 6ケ月〜1年間自然乾燥させる) 
(2)玉切り(寸法に合わせて原木を切る) 
(3)木取り(木の余分な部分を切り取る) 
(4)荒挽き、頭挽き、胴挽き(ろくろを回転させて頭の部分、胴の部分を鉋で削る) 
(5)磨き(サンドペーパー、とくさなどで磨く)
(6)さし込み、はめ込み(胴や頭をたたき込む) 
(7)描彩(顔や胴の絵柄を描く) 
(8)仕上げ(仕上げにロウをひく) 
 
◆東北のこけし11系統
津軽系 つがる(青森県:温湯温泉、大鰐温泉など)
南部系 なんぶ(岩手県:盛岡市、花巻市、宮古市など)
木地山系 きじやま(秋田県:木地山、稲川町、大館市、湯沢市など)
遠刈田系 とうがった(宮城県:遠刈田温泉)
弥治郎系 やじろう(宮城県:白石市、鎌先温泉、小原温泉など)
作並系 さくなみ(宮城県:仙台市、作並温泉)
鳴子系 なるこ(宮城県:鳴子温泉)
肘折系 ひじおり(山形県:肘折温泉、宮城県:仙台市)
山形系 やまがた(山形県:山形市、米沢市、天童市など)
蔵王高湯系 ざおうたかゆ(山形県:蔵王温泉)
土湯系 つちゆ(福島県:福島市、飯坂温泉、土湯温泉など)
 
                                <東北経済産業局HPより抜粋>
 
 
今日も又寒い風が吹いています。
目に映る草木や光は初夏なのですが、
気温が…冬の衣服が必要な毎日です。
 
さて、5月に入り、無事連休も乗り切って、
フェアトレード月間セールとして、
チョコレートと水出しコーヒーパックを10%引き
です!!
チョコレートはさすがに売れなくって来ておりますが、
寒いですので美味しく感じて、ついつい自家消費。
在庫は残り少なくなっております。
 
今日も子供の運動会に、ミルクチョコを。
曇りがちで身体が冷え、お弁当のあとに温かいコーヒーと共においしくいただきました。
 
松島は新緑が美しく、
もう緑の松の花粉も飛んでます。(店のガラスケースがすぐに白っぽくなります)
人が少なく、ゆっくり楽しめる今の時期も良いものです。
と、ついついこちらも気がゆるみがちな上に、
運動会に家庭訪問…田植えに草刈りと、自給農作業や学校行事で
GW前にやりきれなかった店内の大掃除の続きがなかなか進みません…
 
フェアトレード月間、おいしいチョコレートやコーヒーがこの手に届くまでに思いをはせながら、夏の繁忙期に向けて充電もしたいと思います。
皆様もどうぞご一緒に。
 
 
 
第三世界ショップのチョコレートは、
おかげさまで知っている方など多く、
オワリヤサンとしては珍しく?リピーターの皆様にお買い上げいただいております。
そろそろチョコレートシーズンは終了間近となり、
ヘーゼルナッツやビターが品切れになりました。
新しく仕入れるかどうか迷うところ。
松島にきてチョコレートを買ってくださるという方、
在庫のあるミルクやアーモンド(ビターベースにアーモンドチップ)や
エスプレッソ(ビターベースに深煎りコーヒーのビターな香り)
じゃいやダー
という方がいらっしゃいましたらご一報を…ハハハ
 
 
そろそろ観光シーズンを迎える松島。
何カ所か新店舗の工事中のところなどもあり、
松島も「ちぇんじ」でしょうか。
オワリヤサンのプチちぇんじも進行中???
 
懐かしいおもちゃ又増やしちゃいました。
ぱたぱた
きつつき
ヨーヨー
ありそうでなかなか売ってないかもしれない日本伝統?の木のおもちゃ達
遊びに来てくださいね。
あ、元々ですが、
けん玉、はしごだるま、木のコマいろいろ、ぱんぱん連発、
だるま落とし、など定番もあります。
 
お探しのものありましたらお電話でお気軽にお問い合せ下さい。
幼稚園関係や福祉関係の方などにときどきお買い上げいただきます。
ブログは残念ながら毎日見ておりませんので。
022-354-2519です。つながらないときは090-5237-7575へ
 

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事