松下宏の見たクルマ、乗ったクルマ、会った人

東奔西走を続ける自動車評論家・松下宏が見た、触れた、乗ったクルマと、出会った人たちのほか、見た映画について随時書いていきます。

自動車業界最新ニュース

すべて表示

「ネイビーシールズ」は手に汗握るアクション映画でした

12日は夜に楽天地シネマズ錦糸町へ。この日に公開された「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ」というアクション映画を見てきました。

●ネイビーシールズ
ボスニアヘルツェゴビナのサラエボで平和維持活動をするために駐留しているアメリカ海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)のメンバーは、平和維持どころか、かなり荒っぽい手段で、敵の将軍を拉致するなど、上官も手を焼くような活躍振りを見せていました。

そのメンバーに持ち込まれたのが湖底に沈んだ村の銀行の金庫眠るナチスの金塊の話。村人の中で唯一生き残った男の孫娘から、金塊の話を聞かされます。

湖底で銀行の厳重な金庫を破り、さらに金の延べ棒2000本を運び出すというのは、相当に荒唐無稽な話ではありますが、リュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当しているだけに、けっこうリアリティがあってはらはらどきどきさせてくれます。

国連合同部隊の駐留基地から、湖底の建物に至るまで、CGなどを使うのではなく実際にセットを組んで撮影したことが、高いリアリティにつながったのでしょう。出演する俳優もけっこう芸達者な面々が揃っていて、1時間50分があっという間でした。


13日から19日までブログをお休みします。今年大学を卒業する三女と二人で旅行に行くためです。三女は卒業後に群馬で就職するため、4月以降は東京で独り暮らしをする私と会う機会が少なくなると思うので、これが最後の機会と思って二人で出かけます。ネット環境の良くないところに行く予定なので、ブログはお休みさせていただきます。

■松下 宏のCORISM最新試乗レポート










■CORISMピックアップ























.


みんなの更新記事