松下宏の見たクルマ、乗ったクルマ、会った人

東奔西走を続ける自動車評論家・松下宏が見た、触れた、乗ったクルマと、出会った人たちのほか、見た映画について随時書いていきます。

全体表示

[ リスト ]

19日は個人的な都合で丸々一日仕事を休みましたが、この日にトヨタからレクサスRX350/RX450hが発表されました。RXはこれまで、日本ではハリアー、アメリカではレクサスRXとして販売されてきたSUVで、アメリカのレクサス店ではLSやGS以上に良く売れていた売れ筋モデルでした。日本でも3年前からレクサス店が開業しており、今回のモデルはレクサスRXとして販売されることになりました。

LSやGSと違うのはハリアーも4気筒エンジンを搭載した240Gに限って引き続き販売されるとのことで、モデル末期になっても比較的好調な売れ行きを続けていたハリアーはトヨペット店としても簡単には手放せないということだったようです。トヨペット店にはハリアーに代わるはずのクルマとして昨年、ヴァンガードが投入されていますが、ハリアーも必要ということのようです。

それにしても今回のRXは発表会が開かれませんでした。トヨタから特にアナウンスがあったわけではないので理由は分かりませんが、世界的な経済危機の中で経費削減も考えてのことなのでしょうか。トヨタに限らず、あまり重要ではないクルマについては発表会を開催しないという例は過去にもありましたが、そうしたクルマはあまり売れない結果に終わることが多いので、今回のRXがどうなるか注目されます。レクサスRXになったため、ハリアーに比べると価格はかなり高くなり、RX350でも500万円をはさむ価格帯で、RX450hに至っては600万円台中心の価格帯です。これだけ高くなると、売れる台数が限られるのも仕方ありません。300万円前後で継続して販売されるハリアーのほうがたくさん売れるなんてことも考えられます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事