Matuzのブログ

面白いもんできたら、アップしていきます。コメント貰えるとやる気がでます。

【銀魂】マヨライター

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


みなさん、こんにちは!

前回で、一旦完成まで
漕ぎつけたマヨライターですが、

量産にあたり、やはりというか、
以前から悩まされている
『気泡』という悪夢に悪戦苦闘しています。。

イメージ 1

コレは、下から見た写真です。

シリコン型から抜いた時は、そんなに目立たない位の
気泡ですが、400番位の耐水ペーパーで磨き
軽くコンパウンドを当てると
気泡が一杯です。。。

内部に気泡が湧き出ている感じです。

う〜ん、、とりあえずグーグル先生に聞いてみますと、

レジンは、吸湿するらしく
その水分が気泡を発生させるらしいとの事。

確かに、シリコン型にレジンを流し込んでいき、
型を叩くことで、流し込んだ際の大きな気泡は、
最初の段階で抜けるのですが、
その後から、細かい気泡が上に上がってきます。

多分、この細かな気泡というのが、
レジンのA液とB液を混ぜ合わせて反応する際に、
水分と相まって出てくる気泡のような気がします。

ということで、レジンの吸湿を考えます。

イメージ 2

と言っても、思いつくのは、
ホームセンターで売っていた
密封できるケースと乾燥材です。

コレで、しばらく置いて試してみたいと思います。

試行錯誤は続きます。。。


マヨライター製作の様子をYouTubeにアップしました。
もしお時間ありましたら、ご覧いただけると幸いです!!



↓↓ 下記をポチッして頂くと、Matuzが喜びます!ぜひ、お願いします!
↑↑↑ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプ 人気ランキング



→次回へ続きます。。。


開く コメント(8)


みなさん、こんにちは!

シリコン3面型も完成しました。

イメージ 1

今回の型は、どうなんだろうと期待しつつ、

イメージ 2

早速、レジンを投入です。

レシピは、ハイキャスト(アイボリー)に、
マジックインキ 黄色です。

配合は、型の大きさにより変わるので、
いい感じのマヨ色が出るまで
何回か試します。

イメージ 3

型に、レジンを流し込み、

イメージ 8

固まるまで、30分ほど待って、

イメージ 4

おっ!、どうかな?

イメージ 5

この段階では、良い感じがします。

イメージ 6

でも、よく見ると、
何ヵ所か、こんな感じで凹んでる部分があります。。

まぁ、しょうがないですが、
これらを対処していきます。

イメージ 7

出来上がったモノが、凹でいるということは、
シリコン型が凸っているということなので、
シリコン型を削っていきます。

でも、シリコンを綺麗に削るのはなかなか難しいです。。

イメージ 9

で、新たにレジンを流し込んだのがコレです。

先程、小さく削った部分が、膨らんでいます。

出来上がったモノに凹があると、
パテ埋で埋めたりしないといけないんですが、
今回のは、塗装もしないし、
パテの色の調合も難しいんで、

こんな感じで膨らんだ状態だと、
後で、削るだけなので、綺麗に仕上がります。

イメージ 10

後は、地道にコツコツと、
耐水ペーパーの番手をかえながら、
大体2000番位までやっていきます。

イメージ 11

最後は、コンパウンドです。

ペーパーだけだと、くすんでいますが、
コンパウンドで磨くことにより、
気持ちいい位にテカってくれます!

ということで、久しぶりの『マヨライター製作』

イメージ 12

完成で〜す!


今までと何が違うねん!?っと、
ツッコミが入る前に言い訳しますと

微妙に気に入らなかったデザインが修正されていたり、
気泡が入りにくくなっていたり、
色々あるんです。。

設計者の苦悩みたいなもんです。。。
(苦労の割に報われない的な、、)


あっ、今回は、新しい試みもありますよ!

イメージ 13

『からマヨライター』です(笑)。

キャップ部分がカラシ色です。
※キューピーのからしマヨネーズを参考に。。


マヨライター製作の様子をYouTubeにアップしました。
もしお時間ありましたら、ご覧いただけると幸いです!!



↓↓ 下記をポチッして頂くと、Matuzが喜びます!ぜひ、お願いします!
↑↑↑ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプ 人気ランキング





開く コメント(8)


みなさん、こんにちは!

上面のシリコン型が出来たので、
続いて側面側を作っていきます。

イメージ 1

粘土を敷き詰め、
その上に原型と上面シリコン型を配置し、

イメージ 2

原型が半分くらい埋まる所まで、
粘土を入れ、平らにします。

原型と粘土のエッジは、特に綺麗にします。

シリコン型ズレの穴を空けるのを忘れずに!

イメージ 3

シリコンを流し入れていきます。

棒などを使い、細く垂らします。
こうすることで、少しでも気泡が入るのを防ぎます。

イメージ 4

流し終わりましたが、表面がボコボコしています。

多分、シリコンが古かったのか、
流動性がなかったです。。

出来ればシリコンは、新しいものを使いましょう〜

イメージ 5

一日経って、問題なく固まってました。

粘土をきれいに取り去り、

イメージ 6

同様に、反対側も作っていきます。

イメージ 7

とりあえず、こんな感じで三面型ができました〜

さぁ、早速レジンを流して複製を作っていきましょう!


↓↓ 下記をポチッして頂くと、Matuzが喜びます!ぜひ、お願いします!
↑↑↑ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプ 人気ランキング





開く コメント(2)


みなさん、こんにちは!

マヨライターの原型は、とりあえず出来たので、

イメージ 1

早速、シリコン型を製作していきます。

このブログで何度もご紹介させて頂いていますが、
改めて、自分の忘備録も兼ねて。。

イメージ 2

青いブロックを適当な大きさに組んで、
原形を置き、粘土で埋めていきます。

イメージ 3

ブロックを積み上げていきます。

イメージ 4

三面型でやるので、
マヨライターの上部のみ出した状態で
粘土の表面を均した後、
シリコン型固定用の
穴を適当に数か所開けます。

イメージ 5

多分、必要ないと思うのですが、
離型剤を原型と粘土に塗っておきました。

粘土は、離型剤で若干溶けます。。

イメージ 6

で、使うシリコンは

イメージ 7

シリコンは2液性で、
原液に対して硬化剤を4%混ぜます。

混ぜると気泡が一杯入るので、
コップをトントンして出来るだけ気泡を抜きましょう〜

イメージ 8

箸などを使って、シリコン液を流し込んでいきますが、
最初は、細く垂らして空気が入らないように
注意深くやっていきます。

イメージ 9

昔、作ったシリコン型を細かく刻んで、
かさ増しなどしながら、流し込み、
最後に型を上下にトントンして、
空気抜きをします。

イメージ 10

半日ほど置けば、シリコンは固まります。

ちなみに今回、硬化剤が規定より少なかったようで、
いつもより固まるのが遅かったです。。
が、一日半ほど放置したら、固まってました。

青いブロックから型を取り出し、

イメージ 11

不要な粘土だけを取っていきます。

細かい所に粘土が残っているので、
それらも綺麗に取り去ります。

イメージ 12

おっ、意外といい感じでできました。

ココでは、原形とシリコン型は外してはいけません。

次に、この状態のまま、
側面のシリコン型を作っていきます。


↓↓ 下記をポチッして頂くと、Matuzが喜びます!ぜひ、お願いします!
↑↑↑ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプ 人気ランキング





開く コメント(2)


みなさん、こんにちは!

とりあえずやる気も出てきたんで、
マヨライター作っていきます。

まず、原形ですが
以前作った失敗作の中から

イメージ 1

程度の良さそうなものを選んでいきます。

イメージ 2

コレなんかいいんじゃないかってことで、

イメージ 3

歪んでいるところを修正した後、
何時ものごとく、耐水ペーパーで丁寧に磨いていきます。

400→600→800→1200→1500→2000番ってな感じで、
やっていきます。

最後に、コンパウンド掛けて
かなりテカテカに磨きました。

イメージ 4

複製って、原形が命なんで、ここで妥協すると、
後々の工程で手直しが邪魔くさいので、
時間と気合入れてやってます!


↓↓ 下記をポチッして頂くと、Matuzが喜びます!ぜひ、お願いします!
↑↑↑ にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプ 人気ランキング





開く コメント(2)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事