全体表示

[ リスト ]

「悪の法則」

 
 
米カリフォルニアを舞台に欲望にまみれたセレブリティたちが危険な罠に落ちていく姿を、
リドリー・スコットのメガホンで描いたサスペンス。
脚本を「ノーカントリー」で知られるコーマック・マッカーシーが書き下ろしたオリジナル作品。
 
若くハンサムで有能な弁護士(カウンセラー)が、美しいフィアンセとの輝かしい未来のため、
出来心から裏社会のビジネスに手を染める。
 
そのことをきっかけに周囲のセレブたちにも危険な事態が及び、
虚飾に満ちた彼らの日常が揺るがされていく。
主人公の弁護士にマイケル・ファスベンダーほか、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、
ハビエル・バルデム、ブラッド・ピットが出演。
 
 
法則(ほうそく)とは、ある現象とある現象の関係を指す言葉である。
 
はい、とても淡々と悪の法則がすすむ作品でした。。。
 
話はわかりやすいんだけどなあ。セリフも多いから。
 
 なんだか上滑りしてるみたいに感じてしまいました。
 
配役は豪華だし、きちんとお仕事してる感ありましたし。。
 
ちょっと哲学的って言うコメントをみましたが、ノーカントリーみたいに強い説得力を
 
感じられなかったのかな?
 
  
 
 
 
 
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

張り切って観に行きましたが、何だか映画に門前払いを喰らったような・・・、うぅーんダメでした(>_<)
難しいって云うか、観る側の立ち位置が良く解らなかったです(トホホ・・・)

2013/11/21(木) 午前 7:21 [ コークン ] 返信する

コークンさん
私も同意見…リドリースコット監督でエンターテイメント感の期待を持って行ったから余計に…
この後、新しく映画みてないのでもやっとしてます(≧▽≦)

2013/11/21(木) 午前 8:49 まう 返信する

アバター

これ、観に行ったのですが、ちょっと途中ウトウトしてしまったので、レビューを書くのは遠慮しました。
殺しのシーンがどうにも残酷で苦手です。
僕も『ノーカントリー』は凄い作品だと思いましたが…。

2013/11/28(木) 午後 0:31 出木杉のびた 返信する

のびたさん
そうでした、マフィアがらみだけに残酷な殺戮が多かったです…
私は案外、抗争とか好きなんですが(笑)
筋が通らない殺しはもやっとします!
贅沢な作品だけに残念でした。

2013/11/30(土) 午前 8:47 まう 返信する

顔アイコン

ブラピさんとかバルデムさんとかが警句(コーション)を述べていますが、結局殺られちゃいましたね
もうざんぎゃく過ぎて付いて行けませんでした・・・

2013/12/4(水) 午前 11:30 アンダンテ 返信する

アンダンテさん
どうにもあの殺し方は美しく無かったですよね…(≧▽≦)
あれではキャメロンさんがただの殺人鬼みたいです…
ペネロペクルスの使い方、勿体なさ過ぎでしたし!

2013/12/4(水) 午後 10:30 まう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事