全体表示

[ リスト ]

イメージ 1




芥川賞作家・町田康が2004年に発表した異色時代小説を、「新宿スワン」の綾野剛主演、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の宮藤官九郎による脚本、「狂い咲きサンダーロード」の石井岳龍監督のメガホンで映画化。

江戸時代を舞台に、隠密ミッションをめぐって繰り広げられる10人の男たちの腹の探り合いと
、1人の女をめぐる恋の行方、そして謎の猿将軍が明かす驚がくの真実を描き出す。

超人的剣客にして適当なプータロー侍の主人公・掛十之進を綾野が演じ、喜怒哀楽と活劇が入り交じる難役に挑む。共演にも北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏ら豪華実力派俳優陣が集結。
さらに物語の鍵を握る猿将軍・大臼延珍(デウスノブウズ)を、永瀬正敏が特殊メイクで演じる

7



台詞のなかで、綾野剛が自信を「パンク侍」と語っていたのだが。
一番パンクなのは浅野忠信だったと。
 
彼浅野忠信は「クソ野郎〜」でもイッちゃってたけど、
これはもう、壊れる寸前まで
楽しんでいるんじゃないか💧
 
池松壮亮もこういう演技はお手のものだよね。
 
 
エンディングで永瀬正敏の名を見つけ、
贅沢な使いかたにめまいがする()
 
 
 終わってみると、綾野剛が一番まともって言う凄いストーリー!

映画を楽しめるかどうかは、あなた次第、な出来上がりかな( ´艸`)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

クドカンなので観る予定!読まないでおきます

2018/7/2(月) 午後 7:25 アンダンテ 返信する

> アンダンテさん
演者も弾けてました。
感想楽しみにしています!

2018/7/3(火) 午前 10:58 まう 返信する

顔アイコン

予告がなかなかリズミカルで印象的でした!!
おもしろそうですよね!

2018/7/4(水) 午前 0:23 かず 返信する

> かずさん
最初は説明が多かったけど、
猿が出てから俄然パンクに拍車が(笑)
みんな楽しそうに演技してたのは印象的でした。

2018/7/4(水) 午後 3:21 まう 返信する

顔アイコン

ロックを通り越してパンク 役者たち楽しそうでしたね!
東出 正論殿はツボでした。よく笑わずに演じられたなぁ 音楽もキテましたね

2018/7/4(水) 午後 8:42 アンダンテ 返信する

> アンダンテさん
東出殿様といい、実に適材適所な配役でした!
浅野、永瀬と楽しそうに演技してたのが
伝わりますよね!

2018/7/5(木) 午後 1:01 まう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事