過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「かぐや姫の物語」

                   http://image.eiga.k-img.com/images/movie/77933/poster2/200.jpg?1382521357
 
日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に、「罪を犯したために、この地に下ろされた」とされてるかぐや姫の犯した罪、そして、罰とは何かを描き出す。
主人公のかぐや姫役の声優は、映画「神様のカルテ」やNHK連続テレビ小説「てっぱん」などに出演した新進女優の朝倉あき。
2012年6月に他界した俳優の地井武男が、作画完成前に声を収録するプレスコ方式で
生前に収録を済ませており、かぐや姫を見つけ育てる翁役として声優出演を果たした。
宮崎駿監督作品で常連の久石譲が、高畑勲監督作で初めて音楽を担当。
 
 
日本人ならみんな知っている竹取物語。
むしろかぐや姫の名前の方が通りが良いかも。
 
日本昔話の人物が、生き生きと映像でよみがえるのを見るのは
なんとも心地がよいです。
ストーリーは新解釈をつけることなく、私たちの読み聞かされた物語になっています。
こどもの頃に知っていたお話より詳しい分、天女の羽衣にも似ているんだなーと。。
ふと考えてしまいました。
 
テーマは姫の罪と罰。
「本当は怖い日本昔話」そんな言葉を思い出しました。
500年も前なのに、人間の本質や日本人に流れる輪廻転生の考えは
脈々と続いてきたのだとも感じます。
ただ、彼女の罪についてはさらりとセリフ一つでの流れでしたが
その裏の裏まで読み取るのは私には難しいです。。。
こうして考えるとやはりこの竹取物語というお話は、大人向きなのかな。
 
月へ帰るかぐや姫を迎えにきた使者たちのバックに流れる「天人の音楽」。
この曲はクセになるわ〜(~o~)天国気分♪
 
 

開く コメント(8)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事