過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「カメラを止めるな!」

イメージ 1



映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざまな挑戦に満ちた野心作。

「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。
監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、そこへ本物のゾンビが襲来。
ディレクターの日暮は大喜びで撮影を続けるが、撮影隊の面々は次々とゾンビ化していき……。
2017年11月に「シネマプロジェクト」第7弾作品の「きみはなにも悪くないよ」とともに劇場で上映されて好評を博し、18年6月に単独で劇場公開。当初は都内2館の上映だったが口コミで評判が広まり、同年8月からアスミック・エースが共同配給につき全国で拡大公開。



口コミでどんどん上映館が拡大し、テレビでも取り上げられるこの現象は。。

たぶん、私の中では韓国映画の「シュリ」以来かと。


当時と同じく、普段はこの映画館に来ないであろう客層が やたら多いのだ。


とにもかくにも、どんどんと期待値が大きくなっていくこの作品。

正直公開前は うーむ。ゾンビか―と思ってたけど、予算がない分ゾンビも怖くない(( ´艸`))

スプラッターも、血しぶきも いかにもつくりものぽくって怖くない( ´艸`)


そんな30分が終わると。。。。あれよあれよと映画の中に引き込まれてしまった。

実に練られたストーリー、伏線をどんどん拾っていくごとに巻き起こる面白さ。

ほんっとお金がかかっていないのも解るし、映画が好きで作っているんだなーって

ビシビシ伝わるものがあるんだな。

それでも人を動かす魅力がある。それを知りたい人は、劇場に行くしかないのよね。




開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事