過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「検察側の罪人」

イメージ 1



村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化
クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。

都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。
沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

ストーリーはわかりづらい部分はあるものの、非常に丁寧に作っているなあって印象。

とりあえずジャニーズのお二人がダブル主演らしいですが、

ニノ氏は緩急使い分けとか、やっぱりうまいな。

周りも芸達者がそろい踏みなので、

こういう重い話は活舌が大事だと痛感。

で、頑張ってるけど、キムタク氏ではこの役は重荷だろう。

なんといってもこれは罪人の話なのだから。

「検事でいる意味がない」

「キムタクでやる意味はどこ」

なんだったら、ヒガシ氏でも案外いいかもよ。




開く コメント(4)

イメージ 1



「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。
主人公ソフィがホテルの開業を目指して奮闘する現在と、ソフィの母ドナの若き日である1979年の物語を交錯させながら、母から娘へと受け継がれていく物語をつづる。
カロカイリ島で念願のホテルを完成させたソフィは、オープニングパーティの準備に追われていたが、母ドナの親友ロージーとターニャもやってきて、久々の再会を喜ぶ。
、ニューヨークにホテルビジネスを学びにいっている夫のスカイから、一緒にニューヨークで暮らさないかと誘われ、心揺れるソフィ。そんな彼女に、ロージーやターニャ、そして3人のパパのひとりであるサムらは、若き日の物語を話し始める。
キャストにはソフィ役のアマンダ・セイフライドを筆頭に、ドナ役のメリル・ストリープら前作のメンバーが再結集。若き日のドナ役に「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、若き日のサム役に「戦火の馬」のジェレミー・アーバイン、ソフィの祖母ルビー役に「バーレスク」のシェールら、新たなメンバーも参加。「17歳のエンディングノート」のオル・パーカーが監督・脚本を手がけた。



あれから10年! 

昨日のことのように感じるのはなぜ―(*´艸`*)

それだけ前作が明るく楽しめたからよねっ。

主役のドナ、若かりし日のあれこれなんだけど、イメージをまったく壊してない。

そしたら、がぜんアバの曲にのめりこめるぅー。


バラードも多く、初めて耳にする曲も。

それでも、若いころの3人のパパはどの人がどの名前??と

忘れてましたー。

見ている間に、ちゃんと思い出せてすっきり( ´艸`)

ドナの恋愛時代もギリシャの美しい景色とともにわかってすっきり


満を持しての♬ダンシングクイーン♬

衝撃の♬フェルナンド♬

感動の♬マイラブマイライフ♬

40年たっているなんて、名曲ってすごい。


開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事