過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1



「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。

2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。
ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストといった大手新聞をはじめ、アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じて報道を続ける中、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、大統領の発言に疑念を抱き、真実を報道するべく情報源をたどっていくが……。

物語の中心となる記者役に「スリー・ビルボード」のウッディ・ハレルソン、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン。そのほかジェシカ・ビール、ミラ・ジョボビッチ、トミー・リー・ジョーンズが共演。



地味ながら、演技派がそろっているし、ストーリーも解りやすいのだが。。。


寝落ちしそうだった。


これね、たぶんセリフが多くて、疲れたんだね、私。

で、スクープをつかむたび、先日見た「バイス」の映像が脳裏に浮かぶって。。。いうね。

まぁ、あちらも解りやすいストーリー運びだったのと、チェイニー氏やブッシュJr氏が

めっちゃ似せてきていたから、本物の映像を使用したこちらと

スライドしたというのはあるのかも。


表に出る政治家の作った話。 

その裏に細かく肉付けを見た気がします。





開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事