過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1



長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。

天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。
3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。
さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。
テレビドラマ版でおなじみのキャストが再結集するほか、ラン役を竹内結子、ジェシー役を三浦春馬、赤星役を江口洋介がそれぞれ演じる。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの脚本家・古沢良太がテレビドラマ版に引き続き脚本を担当。


ひじょーに、楽しい。

この作品の世界観というのは、テレビより映画の方が 断然楽しめるということ。

テレビシリーズを見ていてお得だったのは、

映画にテレビ出演のゲストが同じ役で次々出てきたことくらい。

それだけ、一本の映画作品としてよかったという事。



日本で詐欺をするより、広ーい世界(舞台の香港は狭いけど)で

ダ―子とボクちゃんとリチャードが、のーびーのびと

スケールもでっかく騙しだまされるのが。。。あえて気持ちが良いのだ。

竹内結子、三浦春馬の存在感も実に素晴らしかった!



開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事